, 「ブラックステラ トロメア」新体制、新デザインで蘇るコマンドバトルRPG!|オンラインゲームPLANET
PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

ブラックステラ トロメア休止中

スマホ リリース日:2023/12/07 iOS android

※2023/12/14~2024年までサービス休止中※

「BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ)」は、豪華クリエイター陣による重厚なシナリオと個性豊かなキャラクターで描かれる世界観を楽しめるターン制コマンドバトルRPGです。2023/12/07よりiOS/Android向けに配信中の新作スマホゲームアプリです。『BLACK STELLA』発表当初から参加しているクリエイター陣をはじめ、ファンの方々が楽しんでもらえるゲームを実現すべく、企画からバトルの演出の試作なども含め新体制で開発・運営されます。豪華クリエイター陣による、重厚なシナリオと世界観、キャラと装備を組み合わせて戦うやりこみ要素高いバトルを体験しましょう!

目次

豪華クリエイターが集結し、新体制で開発・運営される新作ゲームアプリ!

※大規模な改善と改修の為、2023/12/14~2024年までサービス休止中※

「ブラックステラ トロメア(ブラステ)」は、日本と世界から隔絶された2049年の『東京』を舞台に『生きるために死を繰り返す』物語が描かれたターン制コマンドバトルRPGです。

「BLACK STELLA/ブラックステラ(ブラステ)」は、2020/09/30に開発が中止されたタイトルなのですが、完全新作タイトルとして、サイバーステップ社と『BLACK STELLA』の著作権及び商標権を継承したシナリオ制作のオルクス社が共に新体制で開発・運営されることが2022年8月にアナウンスされました。

『BLACK STELLA』発表当初より参加いただいているクリエイターの方々をはじめ、ファンの方々が楽しんでもらえるゲームを実現すべく、企画からバトルの演出の試作なども含め開発を進めていました。

本作では、『BLACK STELLA』過去作から引き続きキャラクターデザインを担当するイラストレーター・おぐち氏によって、メインキャラクター4体『飛比トキオ』、『彩瀬魅彩』、『神蔵そよぎ』、『赤阪湊人』のキャラクターデザインがリニューアルされています。

おぐち氏が描いた個性豊かなキャラ、豪華クリエイター陣が手掛ける凝縮されたシナリオや世界観、奥が深いコマンドバトルを楽しむことができる新作スマホゲームです。

・世界観設定には、『ガールズ&パンツァー』の鈴木貴昭 氏
・メインシナリオの制作には『冴えない彼女の育てかた』の丸戸史明氏、『Re:ゼロから始める異世界生活』の長月達平氏、『ルガルギガム』の稲葉義明氏

その他にも、多数のライターがシナリオに参加しているので、しっかりした世界観で没入感高いプレイを体験したい方はご注目ください。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google Play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) キービジュアル
BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) リニューアルされた『神蔵 そよぎ』と『彩瀬 魅彩』デザイン紹介イメージ

リニューアルされたデザイン『神蔵 そよぎ(左)』と『彩瀬 魅彩(右)』

ゲームシステム

本作は、東京を舞台とした近未来ダークファンタジーの物語と、その物語を彩る個性的なキャラクターたちが登場します。

1999年に発生した謎の大爆発を皮切りに、東京には次々と大災害が振りかかってしまい、ついには港区を丸ごと飲み込む巨大な“穴”から出現したマモノが、人々を襲い始めます。

そして2049年、東京は日本からだけじゃなく、世界から隔絶され、ここから物語が始まります。

豪華クリエイター陣による、重厚なシナリオと世界観、キャラと装備を組み合わせて戦う王道ターン制コマンドバトルでやりこみ要素高いプレイ体験を味わいましょう。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 仲間との連携で勝利に導く紹介イメージ
BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) バトルスクリーンショット

本作は、シンプルながら奥が深いコマンドバトルを楽しむことができるので、プレイヤーは、多種多様な特性をもつキャラを編成してマモノと戦いを繰り広げていきます。

キャラが持つ固有の必殺技『異能解放』の連携によって発動する『異能共鳴』では、戦局を優位に進めていくことができます。

バトルタイプや属性、スキルなどが異なるキャたちを駆使して戦うターン制コマンドバトルやキャラカスタマイズによる幅広い戦略性も楽しめるバトルを繰り広げていきましょう!

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 装備『異相記録』紹介イメージ

シナリオに登場し、戦闘でプレイヤーを助けてくれる個性豊かなキャラは、それぞれ個性豊かな性格と出で立ちをしています。

おぐち氏が描いたスタイリッシュなデザイン、そして豪華声優陣がさらなる個性を引き出してくれます。

キャラの能力を引き上げる美しいイラストが描かれた装備『異相記録/オルタナティブ・レコード』では、武器やアクセサリを組み合わせ敵との戦いに挑みましょう!

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 豪華声優陣紹介イメージ
BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 重厚なシナリオスクリーンショット


世界観

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) シナリオスクリーンショット

ストーリー
過去3回にも及ぶ大災害を経て、防災都市と化した東京。
2033年の3回目の大災害では、港区のほぼ全域を飲み込む大規模な崩落が発生。
その時に出来た巨大な穴から得体の知れぬ「マモノ」が沸き上がり、人々を襲い始める。

それから数年が経ち、2049年の東京。
ここからこの物語は始まる。

公式サイトSTORYより

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 2049年の『東京』紹介イメージ
BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 物語紹介イメージ

▼『東京都特別災害対策本部執行局』

マモノとの戦いに対処するため、都知事は非常事態宣言を発令。

死んでも蘇る異能力者“オーバーライダー”を戦闘員として取り組み、より効果的に戦闘を行う組織を作り上げた。

それが『東京都特別災害対策本部執行局』である。

執行局は非常事態を掲げ、異能力者を集め、組織化を図っていった。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『東京都特別災害対策本部執行局』紹介イメージ

▼『ファーストフォール』

1999年8月。一回目の大災害。突如として東京の東側で大爆発が連鎖的に発生。9万人が死亡するという大惨事。

政府の正式発表によると、原因は、地下鉄工事中に噴出した天然ガスによる事故。

この事故の発生により、21世紀に入ってからの東京の都市計画は大幅な見直しを余儀なくされることとなる。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『ファーストフォール』紹介イメージ

▼『セカンドフォール』

2019年2月。2回目の大災害。港区・江東区方面に半径2キロの大規模な崩落が発生し、18万人が地中に飲み込まれ死亡。

同時期に地球に接近していた小惑星89959番の影響によるものとの声もあるが、真実は明らかになっていない。

その後、東京は改めて都市再生計画を立案。

東京主要部に三位一体の都市管理システムと、3つに分割した都市構造を作ることであった。

都市の防壁を兼ねた連結構造のビルを建て、東京を3つに分割。

外縁部は白い壁、内側を仕切る壁は黒い壁であったことから、それぞれ『白壁』『黒壁』と呼ばれるようになった。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『セカンドフォール』紹介イメージ

▼『サードフォール』

2033年3月。3回目の大災害。一連の事故の修復としての東京再生計画工事が完了するが、またしても崩落が発生。

今度は港区のほぼ全域を飲み込んだその巨大な穴から、得体の知れぬマモノ達が次々と湧き上がり、人々を襲い始める。

また東京の上空には雲状の通行不可能な遮断帯が出現し、外と白壁内の生物の通行は不可能となり、白壁内では辛うじて都市西部のみが人類の居住空間となった。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『サードフォール』紹介イメージ

▼『閉鎖東京』

2049年、東京外と白壁内の生物の通行は不可能な状態が続いていた。

新宿区を都市機能の中心とする人間が住まう地域(人類圏)はいつしか閉鎖東京と呼称されるようになっていた。

外部にいる政府関係者や企業は、内部の人間の救出や造園の輸送を試みたが、白壁との境界部で命が断たれてしまったため、どちらも現在は中止されている。

だが、まれに侵入に成功した者がいるという噂がある。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『閉鎖東京』紹介イメージ

▼『マモノ』

サードフォール直後に大量に現れたマモノ。その出現パターンは謎であり、以下のパターンに分類される。

①突如として閉鎖東京内の何処かから湧いて出てくる
②市ヶ谷地区の黒壁に空いた穴から閉鎖東京内に侵入
③不定期に開く門から閉鎖東京内に侵入

②③は自衛隊が防衛拠点を形成して対応。①が最も執行局が相対するものである。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『マモノ』紹介イメージ

▼『復興の兆し』

調査によると200万人以上が白壁内に居り、85%がその場で死亡、もしくは黒壁の向こうに取り残され、行方不明となったと考えられている。

外界との行き来も連絡も絶たれた閉鎖東京はその中に取り残された数十万人で生き残ることを余儀なくされた。

最初の数年はマモノの対処も相まって復興は遅々として進まなかったが、執行局の組織化などによるマモノ対処の効率化。

独自の科学・医療技術の発展などによる生活の安定化により、日々の生活をある程度享受できるようになった。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『復興の兆し』紹介イメージ

▼『それぞれの生活』

しかしそれは中心部における一般市民の話だけだった。

文京区小石川植物園から六本木旧防衛庁に至るまでの黒壁付近一帯はマモノが多発する危険地域として一般人の侵入は禁じられた。

また危険地域の次にマモノが多発する場所である、大久保から文京区関口の間にはならず者たちが集まる闇市を中心とした街、スカベンジ街・スラム街が形成され、暴力と怪しげな商売が横行。

日々の糊口を凌ぐのに精一杯な人たちも存在していた。

その他、危険地域付近や旧原宿近辺などにも近年スラム街が形成されている。

政治・経済の中心部は東京都庁を中心とした新宿近辺であり、その近郊の新宿御苑一帯は高級住宅街として形成。

新宿御苑・代々木公園などの比較的大規模な緑地は農地として整備されているが、以南の六本木地域にかけては研究施設や防衛省の主要防衛地点があり、規制は厳しくないものの、一般市民はあまり立ち寄らない地域である。

新宿西部の白壁近辺は比較的マモノも出ないことから工業地帯やベッドタウンとして一般市民が多く暮らしているが、この中でも高級マンション群が出来たりと、貧富の差が少しずつ拡大していきている。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『それぞれの生活』紹介イメージ

▼『異能力者』

サードフォール後、閉鎖東京内には様々な異能をもった人間が多数出現。

東京都特別災害対策本部執行局は非常事態を掲げ、異能力者を集め、執行局へと取り込んでいった。

閉鎖東京は「異能が発現しやすい」場所であるものの、無論多くは一般市民である。

異能力者であっても、戦闘に向いていない異能力者は徴用されない場合も多い。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『異能力者』紹介イメージ

▼『黄泉還り』

研究によってサードフォール時に生存者と数えられている人々の中にはその際に一度死亡し、直後に生き返った人間も含まれていることが判明した(黄泉還り)。

一度死んで黄泉還った人間は、死を経ること/死に触れたことで魂が強化され、異能が発現したものだと考えられた。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『黄泉還り』紹介イメージ

▼『死の記憶/前世の記憶』

黄泉還った人間は、過去の記憶。とりわけ自分が死んだ時の記憶について失っていることが多い。

その理由は定かではないが、死への恐怖を本能的に避けているためと考えられている。

場所や行動などをトリガーとして記憶を取り戻す場合もあれば、人によっては現生に止まることなく、前世の記憶を取り戻す場合もある。

また、記憶の復活は『死を乗り越えた』ことと同義であり、魂の強化に繋がることとなる。

そのため、黄泉還った人間が過去の記憶を思い出すと、更に強大な戦闘力を有すことがあり、『上書きされた者=オーバーライダー』と呼ばれるようになった。

後に黄泉還りの研究が進み、記憶のバックアップを取り、人工的に作られた素体で黄泉還りを繰り返すことによりオーバーライダーを作ることが可能になった。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『死の記憶/前世の記憶』紹介イメージ

▼『オーバーライダー』

人工的に作られた素体に魂を申し込むことで復活した人間を指す。

登録時にDNA採取をするとともに、定期的に記憶のバックアップを行う。

この2つの登録を行うことで初めて『オーバーライダー』と呼称される。

同様の研究は防衛省や民間などサードフォール以前から研究・開発は行われており、様々な実証実験、実践研究などが行われていたが、東京都総務局旗下の再生医療研究所により、安全性、量産可能性が担保され、実践投入が行われることとなった。

ただし、記憶についてはバックアップを取った時点までしか持っていない(記憶の非連続性)というデメリットもあり、定期的な記憶のバックアップが推奨されている。

また、死を何度も繰り返すことで魂は強化され、強くなることから、何度も死地に赴くことで通常の異能者よりもさらに強力な能力を保有するものの、死の記憶や前世の記憶を取り戻したショックにより、精神が摩耗してしまい、廃人となるケースもあるという報告がある。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『オーバーライダー』紹介イメージ

▼『自然転生者』

サードフォールやオーバーライダーの記憶のバックアップを切っ掛けとせず、『黄泉還り』をした異能力者のこと。

異能力者には、サードフォールで死に触れたことにより『黄泉還り』をした者と、オーバーライダーの人工的な記憶のバックアップにより『黄泉還り』をした者が多いが、自然転生者はどちらにも該当しない。

BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) 『自然転生者』紹介イメージ
BLACK STELLA PTOLOMEA(ブラステ) フッターイメージ

※大規模な改善と改修の為、2023/12/14~2024年までサービス休止中※

Copyright (C) CyberStep, Inc. (C) ORCUS, INC. All rights reserved.

*本記事はオンラインゲームPLANET編集部で制作したものです。
編集者の詳しい紹介はこちらをご覧ください。

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら

目次