オンラインゲームPLANET ロゴ

投稿日:

Pocket

「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」2018/07/24正式サービス開始した新作ブラウザゲーム!バーチャル惑星で土地を転がすイーサリアムブロックチェーンゲーム!

CryptoPlanet(クリプトプラネット) サービス開始用サムネイル

「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」は、2018/07/24正式サービス開始した新作ブラウザゲームで、ブロックチェーン技術を使った一種の陣取りゲームです。80年代風のドットグラフィックスで表現された地球に似た仮想の土地を舞台に、仮想通貨“イーサリアム(Ethereum/ETH)”を使用して【土地を買って拡げ、売って儲ける】バーチャル土地ころがしができるブラウザシミュレーションです。ETHを使用しゲーム内の土地を売買するため、ゲーム内のバーチャルな土地がプレイヤーの持つデジタル資産となります。また、現時点ではPCブラウザでのみプレイ可能で、イーサリアムノードを実行せずとも、ブラウザでEthereum dAppを実行し管理することができる“METAMASK”と呼ばれるアドオンの導入が推奨されています。

仮想通貨を使った新作ブラウザゲーム「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」とは?

「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」目次

気になる箇所だけ読みたいという方下記目次からクリックしてご覧ください。

▼簡単に説明する『ブロックチェーンとは』


80年代風のバーチャル世界で“土地をころがす”新作ブロックチェーンゲーム!

「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」は、2018/07/24正式サービス開始した新作ブラウザゲームで、
いわゆるブロックチェーン技術を使った陣取りゲームです。
2018年に入り日本でも続々とリリースされている新作ブロックチェーンゲームの一つで、
80年代風のドットグラフィックスで表現された地球に似た仮想の土地を舞台に、
仮想通貨“イーサリアム(Ethereum/ETH)”を使用して【土地を買って拡げ、売って儲ける】と言う、
バーチャル土地ころがしができるブラウザシミュレーションです。
ETHを使用しゲーム内の土地を売買するため、ゲーム内のバーチャルな土地がプレイヤーの持つ資産となります。
プレイヤーは未開拓のエリア、または売りに出されているエリアをETHと交換可能な“入植”をすることができます。
※一度も入植されたことはないエリアの所有には0.02ETHかかる

CryptoPlanet(クリプトプラネット) ホーム画面

イーサリアム(Ethereum/ETH)ブロックチェーンイメージ

▼はじめ方 “本作をプレイするために必要なもの”
・webブラウザ
・Metamask(ブラウザの拡張機能)
・いくらかのETH
本作は、リリースされたばかりということもあり現時点ではPCブラウザでのみプレイ可能で、
ETHを管理できるブラウザのウォレットとなる“METAMASK”というアドオンの導入が推奨されおり、
本作では、ETHのアプリとはこの“METAMASK”を通してやり取りすることになります。
※仮想通貨取引所アカウント開設とイーサリアムの購入が必須
※料金形態:土地の売買に仮想通貨『イーサリアム(Ethereum/ETH)』が必要
※入植は 0.02ETH で、売り出し価格は自分で決められます
※対応ブラウザ:Chrome/FireFox/Opera

CryptoPlanet(クリプトプラネット) 建国スクリーンショット

この惑星には2勢力の【勇者軍/魔王軍】があり、
プレイヤーは、初めてエリアを開拓の際にどちらの勢力につくかを選択し、王国の名前を設定します。
そのエリアが首都になり、王国がある場合、自エリアに隣接している空きエリアに入植することができます。
まれに、勢力に大きな影響を与える土地が存在ししており、所有者同士で土地の売買を行えます。
自分のエリアを売りに出す時は、Tweetでシェアすることも可能です。
・エリア数には上限があり、増えてないためエリア価値が変化しにくい
・ブロックチェーンでは難しいとされていた 100%のランダム性を“oraclize”を用いて導入
その他、ゲームの停止機能、ゲームバランスの変更など、
管理者であっても操作できないようになっているので、管理者の都合のよい操作は行なわれずシステムは動き続けます。

CryptoPlanet(クリプトプラネット) 勢力選択スクリーンショット


「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」のプレイの始め方

「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」をプレイするためには、
ウォレット機能を持つプラグインをご自身のブラウザにインストールすることでプレイ可能です。
本作では、Chromeプラグイン“MetaMask”を入手し、自分のにてウォレットを作成できるという、
言わば、ETHを管理できるブラウザのウォレットです。
※Chromeプラグイン“MetaMask”動作確認済

Chromeプラグイン“MetaMask”を入手スクリーンショット

▼MetaMask(メタマスク)とは
MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)をできるだけ多くの人に使いやすくすることを使命に開発され、
自分のブラウザ上で明日の分散ウェブを訪問できるようにする橋渡し的な役割を担えるサービスです。
完全なイーサリアムノードを実行せずとも、ブラウザでEthereum dAppを実行することが可能となります。
MetaMask(メタマスク)には、安全なアイデンティティボールトが含まれており、
異なるサイト上のアイデンティティを管理し、ブロックチェーントランザクションに署名するためのUIが提供されています。
MetaMask(メタマスク)のプラグインは、Chrome/Firefox/Opera及び、新ブラウザBraveにインストール可能です。

MetaMask(メタマスク)について

▼MetaMask(メタマスク)の使い方

MetaMask(メタマスク)のプラグインをインストールすると、バーに表示されるので、
クリックして開き、MetaMaskウォレットに保持されているETHを確認したり、
過去に行ったETHトランザクションの履歴を確認することができます。
ETHを送信するクリックすると、アドレスを入力する画面が表示されます。
購入には購入ETHと申請料/GASが必要になるので、
MetaMaskウォレットにETHを入れておかないと遊べません。
ETHを送信するアドレスとETHを送信するために必要な量を入力し、
サードパーティの交換からMetaMaskウォレットに転送します。
ただ、ETHをMetaMaskウォレットに転送する際は細心の注意を払って行う必要があります。
※当サイトでは、第三者のアプリケーションを使用する際に発生したいかなる責任も負えません
※GASとは、ETHの送金などの取引情報をネットワークに記録するために必要な手数料のことです

CryptoPlanet(クリプトプラネット) エリアの売買スクリーンショット

2018年に入り一般的にも徐々に関心が高まってきている新作イーサリアムブロックチェーンゲームです。
仮想通貨という言葉自体は知ってるし興味はあったけど、手を出す機会もなかったという人は、
MetaMaskなど手間取るかもしれませんが、少額からでも始めることができる本作をプレイしてみてはいかがでしょうか。
ブロックチェーンゲームとは何か?という上記で紹介している動画や、MetaMaskの使い方など、
分かりやすく紹介しているので、分かりやすいと思います。
また、日本語でプレイできるため、他ブロックチェーンゲームよりも手軽に始めやすいと思います。

CryptoPlanet(クリプトプラネット) フッターイメージ

Copyright (C) Crypto Planet

Pocket