, 「ダークテイルズ」これまでの常識が覆された童話世界が体験できる童心破壊のダーク物語RPG!|オンラインゲームPLANET
PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

ダークテイルズ~鏡と狂い姫準新作

スマホ リリース日:2023/04/11 iOS android

ダークで独特なイラストで描かれた悪夢のような童話世界で不思議なダンジョンを探索し隠された財宝を探す新作スマホゲーム!

「ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫)」は、独特なイラストで描かれた悪夢のような童話世界を舞台に、様々な童話登場のキャラを集めて自分だけのチームを作って不思議なダンジョンを探索するダーク物語RPGです。Android/iOS向けに2023/04/11から配信中の新作スマホゲームアプリです。様々な有名童話に登場した人物のイメージや物語がひっくり返されます。キャラには、4種類の『職業』、5種類の『属性』、500以上の『スキル』が実装されているので、自分だけのチームを自由に編成し、職業、属性やキャラスキルの連携を活用し、敵の特徴によって異なる戦略で戦局を逆転させましょう!

「ダークテイルズ~鏡と狂い姫」をさっそくプレイしてみる!

目次

謎だらけの夢幻と残酷が共存する新作ゲームアプリ!

「ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫)」は、従来の常識が覆される童話世界を体験できる新作スマホゲームです。

童話の世界は引き裂かれ、光と闇の境に落ち込まれてしまい、あざとい白雪姫、腹黒い赤ずきん、短気な星の王子さまなど、これまでのイメージがひっくり返ってしまうような設定となっている童心破壊のダーク物語RPGです。

例えば、グリム童話の『赤ずきん』であれば、おばあさんの言いつけを守らなかったことで、おばあさんと赤ずきんが狼に食べられてしまいましたが、猟師に助けられて、ちゃんとしてなかったことを反省していい子になるという物語が描かれてます。

しかし、本作に登場する赤ずきんの『ブリトニー』は、おばあさんに化けていたオオカミの顔を見た瞬間、闇の人格が覚醒してし、森に逃げ込んだオオカミが見たのは、『ブリトニー』の頭巾が黒く変化してしまうなど、本作でしか楽しめないダークサイドの物語が描かれています。

本作は、アプリストアからダウンロードしてプレイしていくのですが、従来のゲームのような長いインストールはなかったので、ストアからダウンロードしたらすぐにプレイできました。

プレイは、利用規約などに同意しないとプレイできないので、規約やプライバシーポリシーを確認し、同意できるようでしたら、同意してプレイを開始していきます。

縦画面で楽しめる放置系RPGなのですが、最初はゲストアカウントで自動でIDが割り振られます。

プレイを続けたい人やゲームデータを保持しておきたい人などは、アカウントを各種SNSと連携させることでゲームデータが保持されます。

他の童話の登場キャラも、全く予想外の物語が展開されていくので、ダークサイドな童話を楽しみたい人にはピッタリだと思います。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google Play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 正式リリース開始紹介イメージ
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 利用規約やプライバシーポリシー、ゲストアカウントのスクリーンショット

ゲストアカウントで始めて、課金とかしてゲームデータをちゃんと保護したくなったらSNS連携してもいいのかなと思います。

本作には、継母を逆に虐める『白雪姫』、オオカミの皮を被った『赤ずきん』、『星の王子さま』や『シンデレラ』など、童話のイメージとはかけ離れた物語がとなっているので、ダークなテイルズが体験できます!

プレイを始めると本作の世界設定が分かる物語が開始されていくのですが、ダークな童話世界を彩るキャラには、豪華な声優陣が起用され、より没入感高い物語を楽しむことができます。

五十音順:逢坂良太、加隈亜衣、希水しお、喜多村英梨、釘宮理恵、佐藤日向、種﨑敦美、田丸篤志、鶴岡聡、藤堂真衣、永塚拓馬、藤田曜子、藤田茜、堀江瞬、本渡楓、山根雅史 他(敬称略)

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 世界観、声優陣紹介イメージ
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キービジュアル
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 童話のイメージとはかけ離れたシナリオスクリーンショット

本作では、様々な有名童話に登場した人物のイメージや物語がひっくり返されているので、ダークで独特なイラストで描かれた悪夢のような童話世界が広がります。

本作の世界には、『オズ』という場所があり、魔法の鏡が封印されているのですが、“ある者”が禁忌に触れ、暗黒が人々の心を蝕んでしまいます。

プレイヤーは夢の力を持つ『ドリーマー』となって、童話に登場したキャラを収集して、自分だけのチームを編成して不思議なダンジョンを探索していきます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) プレイヤーの分身となる主人公アバター選択スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 独特なイラスト、ダンジョン探索紹介イメージ


チーム編成

敵によって攻撃パターンが変化するので、最大5体編成できる部隊で自分の所持しているキャラや敵に合わせて、布陣を合理的に配置していくことで勝利しやすくなります。

・『前列』:ダメージを受けるので“守衛”に相応しい
・『中列』:ダメージが増益するので“術士”と“支援”に相応しい
・『後列』:アタッカー要因となるので“術士と“強襲”に相応しい

キャラは、バトル前に配置箇所をドラッグして変更することができ、バトルはオートで勝手に進んでいきます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 配置箇所をドラッグで変更、布陣配置スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) バトルスクリーンショット

各キャラには、4種類の職業『守衛』、『支援』、『術士』、『強襲』、5種類の属性『炎』、『風』、『水』、『闇』、『光』、『星雲』、そして、固有スキルが設定されています。

『炎』『風』『水』の3属性は、じゃんけんのような3すくみのような関係性を持ち、『闇』と『光』は互いに有利属性という関係性を持ちます。

ゲーム序盤には登場しない『星雲』属性は、全属性に対して有利不利という関係性がないので、幅広く安定して戦うことができます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 有利属性のバトルスクリーンショット

童話キャラは、これまで見たことがないようなダークなタイプと、イメージ通りのライトなタイプが登場します。

『ドリーマー』であるプレイヤーは、夢の力を使ってキャラを目覚めさせることができるので、とにかくキャラの収集&育成を行ってバトルしていきます。

『スキル』は、500以上実装されているので、職業、属性やキャラスキルを考えながら自分だけのチームを自由に編成して勝利を目指していきます。

また、日本でのリリースを記念して、限定キャラ[竹取物語]から『かぐや』が仲間キャラとして登場し、チュートリアルを終わるとプレゼントされるので、ぜひ活用してみてください。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) ダークなタイプとのライトなタイプキャラのシナリオスクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 限定キャラ[竹取物語]から『かぐや』獲得スクリーンショット


キャラクター収集&育成

キャラの集め方ですが、基本は『召喚(ガチャ)』していくのですが、『通常召喚』、『特別召喚』、『友情召喚』の3タイプが用意されています。

1日1回無料で召喚できたり、バトル報酬として獲得したアイテムを一定数集めることで召喚できたり、クエスト報酬としてキャラを獲得できたりと、様々な方法でキャラを獲得できます。

★5キャラや★4キャラなど、キャラのランクを現す★が表示されているのですが、★5キャラは強力なタイプばかりなので、獲得したらぜひ活用してみてください。

基本的なメニュー『主城』『仲間』『冒険』『同盟』『イベント』は、画面の下部に記載されているのですが、キャラの育成などは『仲間』から行っていきます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『通常召喚』、『特別召喚』、『友情召喚』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) ★5キャラスクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) ★4キャラ獲得スクリーンショット

ミッションは『毎日』、『毎週』、『メイン』の3種があり、ミッションをクリアすると報酬が獲得でき、その報酬からガチャを回せるので、ミッションはしっかり行っていきましょう!

また、本作はプレイをはじめると8日間ログインすることで★5キャラが獲得できるログインボーナスや、プレイしている時間に応じて報酬を獲得できる『オンライン報酬』から★4キャラや★5キャラなど、数々のプレゼントが用意されているので、召喚(ガチャ)以外にも、色んな方法で童話キャラを獲得していくことができます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『毎日ミッション』、『メインミッション』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『8日間ログインボーナス』、『オンライン報酬』スクリーンショット

バトルやミッション報酬として『欠片』がもらえるのですが、この欠片は一定数集めることで、合成してその欠片のキャラを獲得することも可能です。

キャラは獲得するだけで図鑑報酬がもらえるのですが、物語毎のキャラを集めていくことでバフを解禁できる『絆物語』も用意されているので、コレクション要素が高いと思います。

自分のメインキャラはレベルの他、『夢の階級』があり、夢の階級に応じて、1日1回限定報酬を受け取れます。

『夢の階級』は、仲間キャラのレベルが10になったらなど、階級アップに必要な条件が用意されているので、条件を達成して階級を上げていきましょう!

ランクが高ければ高いほど受け取れる報酬も豪華になっていき、たくさんの『特権』を獲得できます。

自分のアイコンをクリックするとプロフィールなど変更できるのですが、ステータスにも影響する『個性タグ』はちゃんと設定しておくのがおすすめです。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『夢の階級』昇格、『個性タグ』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『仲間一覧』、『仲間図鑑』、『絆物語』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『欠片』スクリーンショット

育成は、レベルアップを行っていくのですが、レベルが上げられなくなったら『昇格』させることで、レベル上限を突破することができます。

キャラによっては『昇格』することで、使用できなかったスキルが使えるようになります。

バトルを行っていくことで『装備』アイテムを獲得でき、キャラに装着することで戦闘力を各段に上げられます。

オートで行われるバトルステージは、メニューの『冒険』から行っていくのですが、章ごとになっており、ステージをクリアしていくことで物語が進んでいきます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『レベルアップ』、『装備』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『昇格』、『スキル解放』スクリーンショット

1章をクリアすると2章に進むのですが、章によって大陸内のエリアも変わり、バトルのビジュアルも変化していくので、色々なエリアをどんどん進んでいくのも面白いです。

バトル画面の下部には『猫執事』がおり、放置している収益や冒険の累計報酬を獲得できます。

その他にも、指定のバトルステージをクリアすることで武器やキャラが獲得できる『エルフの贈物』などが用意されているので、進められるところまでバトルを進めみてください。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 1章をクリアすると2章に進むスクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 1章と2章のエリアグラフィック比較スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『エルフの贈物』、『猫執事』スクリーンショット

『共鳴の間』でレベルを同期させ、人形や装備で仲間の能力を一層上げて育成し、『最狂』を目指しましょう!

毎日の運勢占い、部屋の配置、メインストーリー、ローグライク挑戦、PvPコロシアム、そして、多彩なスキンの選択は自分次第です。

楽々育成できるだけではなく、季節・祝祭限定イベントや、飽きさせないやりこみ要素も満載です。

サーバー開設記念として『1001連続ガチャキャンペーン』が開催されるので、多彩なキャンペーンに参加してみてください。

童話世界での冒険に役立つ『新人応援キャンペーン』や、豊富な『ログインボーナス』も用意されており、10連で★5仲間が1体確定となっています。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラ育成、1001連ガチャ紹介イメージ
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『キャラスキン』『10連ガチャ』『ワンダーランド』スクリーンショット


『主城』コンテンツ

『冒険』から行えるバトルステージや主人公のレベルアップ、『夢の階級』が上がることで、メニュー『主城』内のコンテンツが解放されていき、たくさんのコンテンツが充実していくので、遊び方が増えていきます。

『雑貨屋』は、オズの通貨であるコインから購入できる貴重なアイテムがあったり、無料で購入できるものもあったりするので、チェックしておきましょう!

立派なドリーマーになるための勉強ができる『夢学園』では、ミッションをクリアすることで学業ポイントがたまります。

その他にも、主人公限定衣装がもらえたり、キャラが獲得できたり、『夢輝石』を獲得したりできます。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『主城』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『夢学園』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『雑貨屋』スクリーンショット


主城『豆の木』

『豆の木』は、ジャックの豆の木をテーマにしたコンテンツとなっているので、敵を倒して、最上部まで豆の木を登っていきます。

『豆の木』の登頂階数に応じて装備など、豪華な報酬を獲得できるので、限界まで登ってランキング上位を目指してみてください。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 最長部を登る『豆の木』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『豆の木』バトルスクリーンショット


主城『魔法工房』

冒険で獲得した材料を『魔法工房』では、2種の産物の製錬を行うことができます。

ここでは協力者を最大3名まで指名することができ、他のプレイヤーが協力してくれると製錬時間が減り、作り出す産物が倍増する確率も変化します。

製錬することで、10連ガチャが回せるアイテムを獲得することもできるので、ぜひ、機能が解放されたら活用してみてください。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『魔法工房』スクリーンショット
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) 『魔法工房』で製錬完成スクリーンショット


キャラクター

▼『白雪ユリ』CV:釘宮 理恵

冬の雪に祝福され、絶世の美貌を持つ姫様。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『白雪ユリ』紹介イメージ

『あの……小人たちを見かけませんでしたか?』

▼『シンデレラ』CV:喜多村 英梨

水晶玉の力を借りて変身した優雅な魔女。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『シンデレラ』紹介イメージ

『鐘の音とともに、醜い悪はすべて泡となって消えていくの。』

▼『鏡の女王』CV:藤堂 真衣

魔法の鏡に唆され、魂を代価に魔力を手に入れた女王。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『鏡の女王』紹介イメージ

『鏡よ鏡、世界で一番強い女王はだあれ?』

▼『ブリトニー』CV:種﨑 敦美

超強力爆弾を使う錬金術師の少女。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『ブリトニー』紹介イメージ

『スカッと爆発させちゃおう!』

▼『薬の魔女』CV:藤田 曜子

ブリトニーのおばあちゃん。錬金術の腕はかなり優れている。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『薬の魔女』紹介イメージ

『さあ、これをお飲み。天にも昇る心地になれるよ。』

▼『アリス』CV:藤田 茜

ワンダーランドの新しい管理人。不思議な薬に強い関心がある。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『アリス』紹介イメージ

『私の世界なんだから、なんだって思い通りよ!』

▼『赤の女王』CV:藤堂 真衣

ハートの城を恐怖で支配している傲慢な女王様。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『赤の女王』紹介イメージ

『この世のすべては私のモノよ!』

▼『ソフィー』CV:喜多村 英梨

貴族の家に生まれた。

悪魔の黒猫により両親を失ってしまい、義母に召使いのように扱われていた。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『ソフィー』紹介イメージ

『おかしな要求をされても困ります、ご主人様。』

▼『リエル夫人』CV:藤田 曜子

貧しい農民の妻だったが、欲望のために悪魔の黒猫に魂を売った。

本物の『貴族』になりたい。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『リエル夫人』紹介イメージ

『私の娘にふさわしいのは、最も高貴な王子様だけよ。』

▼『竹取かぐや』CV:希水 しお

月の世界からやってきた仙女。

愛した人に利用され、裏切られたことがあり、人間を憎んでいる。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『竹取かぐや』紹介イメージ

『さあ走りなさい!荒野へ向かい、残月の下で恐怖を思う存分かみしめるのよ!』

▼『プリス王子』CV:逢坂 良太

白雪ユリの幼馴染。オズ大陸では最強の勇者として名を馳せる王子様。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『プリス王子』紹介イメージ

『進め!勝利はもう目の前だ!』

▼『人魚姫』CV:加隈 亜衣

美しい歌声を持つ人魚のお姫様。人間の世界に憧れ、邪悪な魔女と取引きをした。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『人魚姫』紹介イメージ

『声と引換に手に入れた魔法は気に入ってくれたかしら?』

▼『ピノキオ』CV:永塚 拓馬

大工の孫であったピノキオは、魔女の呪いで感情を失った木の人形になってしまった。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『ピノキオ』紹介イメージ

『僕は嘘つきなんかじゃない!』

▼『星の王子さま』CV:堀江 瞬

小さな惑星に住んでいた王子さまは、ある日魔法の鏡によってオズ大陸に連れてこられた。

ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) キャラクター『星の王子さま』紹介イメージ

『大切なものは見つかったかい?』
ダークテイルズ 鏡と狂い姫(ダーク姫) フッターイメージ

「ダークテイルズ~鏡と狂い姫」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) YuanLong Network Limited. All rights reserved.

*本記事はオンラインゲームPLANET編集部で制作したものです。
編集者の詳しい紹介はこちらをご覧ください。

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら