PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

封神の道へ -俺は新世界の神となる-サービス終了

スマホ リリース日:2020/04/09 iOS android

※サービス終了※

「封神の道へ -俺は新世界の神となる-」は、Android/iOS向けに2020/04/09からリリースされた新作スマホゲームアプリ『封神』の修真世界をテーマにしており、『蓬莱』と『周天』という二つの大陸を舞台に、プレイヤーは、下界に生まれ、神になるために『封神』の道を歩む主人公となります。新時代の超新星として注目されているので、自由に好みの『門派』に入門させることができるのですが、この『門派』システムが本作最大の特徴となっています。各『門派』によって、特色を持ち、偉大で強大な法器・仙術が用意されています。『門派』の下で神妙な術を学び、オリジナルストーリーを『封神』大陸で楽しもう!

目次

『蓬莱』と『周天』という二つの大陸で『封神』の道を歩む新作ゲームアプリ!

※「封神の道へ -俺は新世界の神となる-」サービス終了※

「封神の道へ -俺は新世界の神となる-」は、『封神』の修真世界をテーマにした新作スマホゲームです。

プレイヤーは、下界に生まれ、神になるために『封神』の道を歩む主人公となり、『門派』の下で神妙な術を学び、任務果して地位を上げ、ダンジョン、神獣育成、仲間、ギルドなど、様々な武侠コンテンツを楽しみます。

強大な力によって、この異世界に巨大な嵐を起こすことができるので、新たな大陸で武侠系の異世界で冒険していきましょう!

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google play及び、App storeでダウンロード可能

封神の道へ 俺は新世界の神となる 事前登録キービジュアル

本作の世界ですが、伝説の『門派』に所属する仙人同士の間で絶体絶命の争いは、この世界で数千年以上も続いていました。

オリジナルの異世界ストーリーが楽しめるので、愛と恨み、出会いと別れ、弱肉強食と正義執行など、新たな人生が『封神』大陸で始まります!

登場するキャラは、武侠物語が楽しめる『ストーリーモード』をはじめ、『門派』への入門、遊歴、特典イベントなど、様々なコンテンツで出会うことができます。

各キャラには、個性豊かな『道侶天賦』を所持しており、資源獲得に役立ちます。

封神の道へ 俺は新世界の神となる 登場キャラクター紹介イメージ

各『門派』によって、特色を持っており、偉大で強大な法器・仙術が用意されています。

プレイヤーは、新時代の超新星として注目されているので、自由に好みの『門派』に入門させることができ、成長させる方向性により修練を行うことも可能となっています。

もし、他の『門派』も体験したい場合、『門派離叛』の機能により、元の門派から離れ、別の門派に入門することも可能です。

封神の道へ 俺は新世界の神となる 門派紹介イメージ

本作には、江戸時代に妖怪ブームを起こしたといわれる世界最古の地理書『山海経/せんがいきょう』に登場した伝説の神獣が登場しており、卵から孵化して育成したり、忠誠なペットとして育て、バトルをサポートしてくれたりと、成長していき、ペットは、より強力に進化することも可能です。

その他にも、生産に必要な『食料』、通貨の『霊石』、建設用の『木材』、霊薬作りの『薬草』、装備鍛治用の『玄鉄』など、5種の基本資源が用意され、人員を配置して自動生産していくことができます。

封神の道へ 俺は新世界の神となる ペット紹介イメージ

妖怪が潜む『ダンジョン探索』により、宝箱やアイテムを入手することが可能です。

装備、神獣玉など、様々なアイテムを収集できるので、一体、どんな宝が待っているのか、一緒に探索してみましょう!

秘境を探索し、魔物潜むダンジョンで掃討していきます。

封神の道へ 俺は新世界の神となる コンテンツ、ダンジョン紹介イメージ

この実力至上主義の世界には、危険がつきものです。

危険地帯の妖怪、隠居の強者、そして、古き陣法など、すべて『遊歴』で出会うことが可能となっています。

本作は、『封神』世界を舞台に、様々なやりこみ要素高いコンテンツが用意されていますが、放置ゲームとなっているので、寝る間、食事中、そして、テレビを見ながらなど、片手間やスキマ時間にも楽しむことができ、キャラの経験値も自動でアップされていきます。

さらに、出会って、知り合って共に冒険できる『仲間』は、『伴侶』になることも可能となっているので、やりこめる本作で、気軽にゲームを楽しみましょう!

封神の道へ 俺は新世界の神となる 『遊歴』紹介イメージ


世界観や物語

「封神の道へ」の世界は、神魔の戦いにより『蓬莱』と『周天』という二つの大陸に分かれました。

大戦から生き残った勢力は同盟を結びんで『門派』という派閥となり、二つの大陸を支配しています。

上下関係が厳しいこの世界で実力者のみ、歩んでいつか神になる可能性があります。

残酷の妖魔、神妙な法具、傾国の美女、不思議な功法……など、すべて封神の道にあります。

封神の道へ 俺は新世界の神となる 世界観紹介イメージ
封神の道へ 俺は新世界の神となる 世界マップ『蓬莱』『周天』紹介イメージ

世界マップ『蓬莱』『周天』

砂漠、草原、町村、雪山、炎獄、廃墟、森林……など、奇妙なワールドが豊富に用意されています。

色んなダンジョンがプレイヤーの探索を待ち受けているので、奇妙なファンタジー異世界を冒険しましょう!

封神の道へ 俺は新世界の神となる ワールド紹介イメージ

▼『妖小蛮(ヨウショウバン)』

青蘭聖地の後輩。

封神の道へ キャラクター『妖小蛮(ヨウショウバン)』紹介イメージ

水のような目からは清らかな香りが放ち、新月の清暈のごとく花樹に積もる雪の如し。浅く笑い流れる光を身に纏っているようだ。

▼『司馬雲鵬(シバウンホウ)』

撼天宗の一番弟子。

封神の道へ キャラクター『司馬雲鵬(シバウンホウ)』紹介イメージ

撼天宗ここ数年最も才能の持つもので、同世代の中では最も期待が集まっている。新世代撼天宗の頭である。

▼『劉錦源(リュウキンゲン)』

撼天宗門主が宝のように大切してる愛娘。

封神の道へ キャラクター『劉錦源(リュウキンゲン)』紹介イメージ

月を隠す雲のように軽く風に流れる雪のように漂っている。遠くから見ると朝日のように輝き近くから見ると自ら出でし芙蓉のようにきれい。

▼『蛮啓(バンケイ)』

『大荒蛮族』若い世代の筆頭、次の族長候補。

封神の道へ キャラクター『蛮啓(バンケイ)』紹介イメージ

その蛮功は山も石も砕き、その力は全霊界の若者の中でも屈指のものだ。

▼『蘇鳴(ソメイ)』

『天道門』の一番弟子。

封神の道へ キャラクター『蘇鳴(ソメイ)』紹介イメージ

才能がありながらおとなしい性格で、まれにみる修道の天才である。

▼『方筠(ホウイン)』

『浩然宗』聖人の子孫。

封神の道へ キャラクター『方筠(ホウイン)』紹介イメージ

白い服を身に纏い、薄化粧をしている。柳の葉のような眉と杏のような目、鼻が高く絵のように美しい。

▼『葉萱(ハケン)』

『玄天剣派』の後輩。

封神の道へ キャラクター『葉萱(ハケン)』紹介イメージ

紺色の長い裙子をみにつけ、上には銀色の線で雲が描かれている。裾には花の模様が見え隠れし、その皮膚は温かい玉石のようにきめ細かい。一つ一つの言動全てが風になびく柳のように美しい。

▼『懐草詩(カイソウジ)』

薬王谷の弟子。

封神の道へ キャラクター『懐草詩(カイソウジ)』紹介イメージ

月のような体は妖精のようであり、体全体が朦朧としてよく見えず、人々に清潔感を与える。翡翠の体は細長く何かに覆われているようで、聖潔な感じは人を近寄らせない。
封神の道へ 俺は新世界の神となる フッターイメージ

※「封神の道へ -俺は新世界の神となる-」サービス終了※

Copyright (C) Angel Interactive. All Rights Reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム

目次