オンラインゲームPLANET ロゴ

投稿日:2017/08/16

Pocket

「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」2018年春“にじよめ”にて正式サービス開始予定の新作オンラインゲーム!大人気アナログボードゲームが原作のデジタル版が登場!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC サムネイル

「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」は、2018年春Webブラウザ“にじよめ”内にて正式サービス開始予定の新作オンラインゲーム
これまでボードゲーム『惨劇Rooper』や『OWACON』を輩出したメーカーBakaFire Partyが手掛け、2016年春リリースが開始された大人気ボードゲームのデジタル版となっています。
-1. キャラ2体組合わせ、自分が使えるカードを決定!
-2. 相手キャラを確認しデッキ編成する高速構築!
-3. “間合い”を図り、一進一退の決闘!

という原作の魅力を最大限に活かしデジタル化されているので、2キャラを組合わせる決闘バトルは、シンプルで奥深い戦略性ある一進一退の攻防戦を実現したおすすめオンラインゲームです。

2017新作オンラインゲーム「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」とは?

大人気アナログボードゲームがデジタル化されて登場!

「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」は、
2018年春Webブラウザ“にじよめ”内にて正式サービス開始予定の新作オンラインゲーム
元々は、2016年春リリースが開始された電源いらずのリアル対戦型のボードゲームで、
これまでボードゲーム『惨劇Rooper』や『OWACON』を輩出したメーカーBakaFire Partyが手掛けています。
東京、福岡、大阪、北海道などの各都市でイベントが定期開催されたり、
公式全国大会も開催されたりなど、大人気ボードゲームのにじよめデジタル
となっています。
※基本プレイ無料+アイテム課金制

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC メインイメージ

単に1キャラの使用だったり、レア度の高いキャラを寄せ集めたりという事ではなく、
2キャラを組合わせてバトルしていくのですが、
眼前構築型決闘カードゲームと銘打たれた通り、
プレイヤーは、相手のキャラを見てからデッキを組んでいきます。
相手、自分の組合せが何で、互いに試行錯誤しながら奥深いバトルを繰り広げます。
従来のカードゲームとは設定されているルールが全く違うので、
どれも似たり寄ったりで、
ありきたりなカードゲームに飽きていた人にはおすすめオンラインゲームです!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC 物語


「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」の世界観・物語

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」でプレイヤーは、
両手にメガミの力を宿し、具現化する能力者“ミコト”となり“桜花決闘”していきます。
どのメガミから力を得るか、どんな戦術で戦うかは、
対戦相手の策を見極め、お互いのメガミを見てから、
デッキ構築する駆け引きが楽しめる新作オンラインゲームです。
世界観やキャラは桜や着物的な服装、墨など、
TOKIAME氏の描く和風テイストな美麗なイラストが非常に印象的です。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC イラストレーターTOKIAME氏

▼「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」の物語
桜降る代―
神座桜と、それに宿る数多のメガミたちが存在し、人々と共に在り続ける世界。

そこでは桜花決闘と呼ばれる戦いが、様々な手段として用いられている。

行うのは、ミコトと呼ばれる能力者たち。
そして、もちろんあなたもその一人。

因縁の果て、眼前に立つのは己が好敵手。
さぁ、いざ臨め。

胸に想いを 両手に華を 桜降る代に決闘を!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC 世界観


「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」のメガミ、キャラクター

「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」のブラウザにじよめ版では、
魅力的な新メガミや、既存キャラのアナザーバージョンなど多数登場予定で、
アナログ版ではできなかったソロプレイもできるよう、
キャラとの関わりを楽しめるストーリーモードが追加されるとのことなので、
原作をプレイしていた人にも楽しめる内容に仕上がっています。
現在公開されているキャラクターをご紹介していきます。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC メガミ

▼ユリナ
象徴武器:
今代の武神であり、元は人間、天音揺波だったメガミ。
決闘を愛する勝利至上主義者。戦い以外は不器用で、女子力は3くらい。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ユリナ


▼ヒミカ
象徴武器:
炎を象徴するメガミ。感情的で人情派。
人間好きで良く顕現し、交友関係も広い。しかし残念ながらバカ。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ヒミカ


▼トヨコ
象徴武器:
永遠性と芸術を象徴するメガミ。
古典主義的で伝統を愛する堅物芸術家。
でも実は甘ったるい恋愛小説とかも好き。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC トヨコ


▼オボロ
象徴武器:
生物学を象徴するメガミで、忍者の長でもある。
彼女の在り方がこの世界での忍者を定義した。
メガミにしては常識人。つまり苦労人。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC オボロ


▼ヒユキ
象徴武器:/
縁結びを象徴するメガミ。しかし彼女はある秘密から、歪な二面性を持つ。
傘を開いて変貌すると、ちょっとやばい。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ヒユキ


▼シンラ
象徴武器:
社会学を象徴するメガミで、弁論家。
ある野望のために秘密結社を組織し、暗躍する。
性格はひどく悪質。趣味は論破。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC シンラ


▼サイネ
象徴武器:薙刀
元は人間、氷雨細音だったメガミで、天音揺波の好敵手。
己の武を追及する盲目の戦士。
神経質で気難しいけど、つい流されちゃう気質。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC サイネ


▼ハガネ
象徴武器:
大地を象徴するメガミ。基本的に子ども。
極度に右脳派で好奇心に任せて突き進む。
危なっかしい保護者がたくさんいる。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ハガネ


▼チカゲ
象徴武器:
元は人間、闇昏千影だったメガミで、元忍者の毒使い。
人間性には多大に問題がある。
死恐怖症であり、いつも周囲を恐れている。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC チカゲ


▼クルル
象徴武器:絡繰
着想を象徴するメガミで、カラクリ使い。
ただ着想と狂気のみを主とする発明家。
なんかあったら結構な割合でこいつのせい。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC クルル


▼サリヤ
象徴武器:乗騎
元は人間、サリヤ・ソルアリア・ラーナーク。
海の向こうからやってきたイレギュラーなメガミ。
蒸気機関で動く乗騎ヴィーナを駆る。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC サリヤ


「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」のゲームシステム

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」は、メガミと呼ばれるキャラクターを組合せ、
バトルをしていくという、原作を基に制作され新作オンラインカードゲームなので、
-1. キャラ2体組合わせ、自分が使えるカードを決定!
-2. 相手キャラを確認しデッキ編成する高速構築!
-3. “間合い”を図り、一進一退の決闘!

と言う、原作の魅力を最大限に生かし、
シンプルでありながら、奥深い攻防戦を実現し、
戦略に幅を持たせてくれるバランスが秀逸で新感覚な新作オンラインゲームです。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC 特徴

リアル対戦型のカードゲームと言うと、
コア層がプレイする難しそうなカードゲームという印象があるかもしれませんが、
相手の選択したキャラを見て、バトル予測しながら、
様々な能力を持つメガミ達の中から様々な戦術を巡らせて2人を選び、バトルするので、
ルール自体は非常にシンプルです。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC 眼前構築バトル

戦い方・間合いの取り方で戦況は大きく変わるので、
例えば、近距離型“刀のユリナ” × 遠距離型“銃のヒミ”を組合わせて相手距離の利を得るのか、
それとも割り込み型“扇のトコヨ”の力で巧みさを得るのかなど、
多彩なメガミたちから組合わせる事ができる、無限の組合わせが楽しめます。

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC メガミの組合わせ

本作のバトルとなる“桜花決闘”では、
・山札として巡る7枚の通常札
・ゲーム中1回だけ使える3枚の切り札

それぞれ何をデッキに入れるのかが勝負明暗を分けると言われ、
キャラの選択の他、戦術組立、状況判断、タイミングなど、
プレイヤースキルがが重要になるバトルシステムになっています。

▼“桜花決闘”の流れ

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC “桜花決闘”について

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC “桜花決闘”の流れ

【1キャラに付11枚のカード】×2=合計22枚になるのですが、
デッキでは、僅か10枚しか選択できないので、
その22枚の中から10枚だけ厳選し、
自分の2キャラの長所を活かしたバトル展開で勝負するのか、
それとも相手の2キャラから予想できるバトル展開に合わせて対策しながら処理していくのか、
一進一退の攻防戦が楽しめる新作オンラインカードゲームです!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC サリヤのカード
桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ユリアのカード
桜降る代に決闘を(ふるよに) PC ユリアとトヨコのカード
桜降る代に決闘を(ふるよに) PC トヨコのカード

2018年春Webブラウザ“にじよめ”内にて、
正式サービス開始予定の新作オンラインゲーム「桜降る代に決闘を(ふるよに) PC」をご紹介しました。
ちなみに、戦いの趨勢(すうせい)は、盤面に在る“桜花結晶”によって表現されており、
間合に4つの桜花結晶があれば、自分と相手の距離は4離れていることになるので、
前進・後退やカードの効果で間合を合わせたり、攻撃カードを撃ちこんだり、
独特のルールが生む、新感覚の戦いが楽しめます!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC 桜花結晶

デジタル化に伴い、原作Bakafireがルールを調整・改良し、
原作とも連動し、各種大会を盛り上げていく予定と明言しています。
さらに、『ふるよに』キャラクターグッズの展開も鋭意計画中とのこと。
新たに情報が公開され次第、こちらの記事内でも随時更新していきます。
益々盛り上がりを見る本作から目が離せません!

桜降る代に決闘を(ふるよに) PC フッターイメージ

※現在掲載中の画像は開発中のものです※

原作: BakaFire Party, 運営: 有限会社センキ, 開発: BakaFire Party/有限会社センキ/株式会社MABUHAY

Pocket