PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

豪炎三国志 覇王の無双乱戦新作

スマホ リリース日:2020/01/09 iOS android amazon

中国の超人気三国志大作が遂に日本リリースした新作スマホゲーム!三国世界を最高のグラフィックで天下統一を目指していくカード育成RPG×ストラテジー!

「豪炎三国志 覇王の無双乱戦」は、Android/iOS向けに2020/01/09にリリースした新作スマホゲーム!覇王の座を巡る闘い、疾風怒濤の乱戦が繰り広げられる三国世界がテーマになった、天下統一を目指していく育成RPG要素とストラテジー要素が融合している中国の超人気三国志大作が日本に上陸することが決定しました。プレイヤーは、天下を関心した将軍として、陣営を選択する必要があるので、魏呉蜀の中から主公を選択して、君主に忠誠を誓い、乱世を平定し、事業を築き、他の諸侯と一緒に天下の戦いに参加していきます。 水墨画風を基調とした、最上級クオリティーのグラフィックを体験できます!

注目トピックス
2020/01/09

2020/01/09から正式サービスが開始されました。

「豪炎三国志 覇王の無双乱戦」をさっそくプレイしてみる!

目次

多彩な遊び方を融合したカード育成RPG×ストラテジー系の新作スマホゲーム!

「豪炎三国志 覇王の無双乱戦」は、
Google play及び、App storeにて2020/01/09にリリースした新作スマホアプリゲーム
覇王の座を巡る闘い、疾風怒濤の乱戦が繰り広げられる三国志世界がテーマになった、
中国の超人気三国志大作が遂に日本上陸することが決定しました。
三国世界を最高のグラフィックで表現しているので、千軍万馬が待ち受けています。
プレイヤーは、天下統一を目指していく育成RPG要素とストラテジー要素が融合しています。
本作は、後漢後期を背景に設定され、プレイヤーは国家に心を込めた戦士として現れ、
君主に忠誠を誓い、乱世を平定し、事業を築き、他の諸侯と一緒に天下の戦いに参加していきます。
※基本プレイ無料+アイテム課金制

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 メインイメージ
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 三国世界のフィールド紹介イメージ

ゲームの開始時に、プレイヤーは、
天下を関心した将軍として、陣営を選択する必要があります。
選択できる主公様は魏呉蜀それぞれから選択していきます。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 魏呉蜀それぞれ3人の主君紹介イメージ
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『曹操』紹介イメージ

『曹操』
治世の能臣、乱世の奸雄と呼ばれる『曹操』は天子を挟んで诸侯号令して彼自分の野望とともに天下を目指す。
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『劉備』紹介イメージ
『劉備』
前漢の中山靖王劉勝の末裔の『劉備』は漢王朝の復興のため蜀漢の諸将たちとともに奮闘している
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『孫策』紹介イメージ
『孫策』
父の遺志を継ぐ若い呉の当主である『孫策』は呉の英傑たちと一緒に孫呉の覇業のために戦っている。

プレイヤーは、自分の土地を持つのですが、その土地ではいろんな機能の建物があり、
これらの建物のレベルアップにはさまざまな資源が必要となります。
ゲームでは・木材、糧食、鉄鉱、石鉱の4つのタイプに分けられ、
これらの資源は封地内の建物だけじゃなく戦闘や採集からも獲得できます!

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『土地』紹介イメージ


ゲームシステム

「豪炎三国志 覇王の無双乱戦」では、
水墨画風を基調とした、最上級クオリティーのグラフィックを体験することができます!
実際の歴史地形に基づいて描かれた3D三国マップが実装されていますが、
中には、100以上の名城もあり、壮大なスケールから細かい造りまで完全再現されています。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 水墨画基調のグラフィック紹介イメージ

総勢140名以上の超美麗武将が登場、カードプレイでコレクトの楽しみも満喫できます。
各武将の武力・智力・魅力・統帥・幸運の差別化育成、列伝開放、命の縁・好感度築き、神兵システムなど、
様々な奥深い育成システムで最強武将を育て上げます。
育成次第で戦場に大いなる影響を与える、不利な戦況でも一気に逆転することができます。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 カード育成紹介イメージ

戦闘システムでは、部隊の戦いだけじゃなく、武将たちの決闘、一騎打ちもあります。
一騎打ちが開始してから、プレイヤーは5つの行動指示を自由に入力し、
行動指示『攻撃』『防御』『必殺』が三つあります。これらの行動では、
・『攻撃』が『防御』を圧制す
・『防御』が『必殺』を圧制す
・『必殺』が『攻撃』を圧制す
というじゃんけんのような三すくみになっており、
一騎打ちは、武将の武力の対決だけでなく、相手の心理を推し量ることでもあります。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 バトル紹介イメージ
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『戦闘』紹介イメージ

『内政』『外交』で国の繁栄を目指していきます。
施設・陣営・農業等を建設し、固い城を築き民の生活向上させたり、
酒宴開催、名将訪問、軍師委託等様々な手段を用いて英雄豪傑と良い関係を築き、
国家任務を次々と遂行したりするのも、本作の醍醐味となっています。
信頼を寄せられる君主になり、心強い諸君と共にを繁栄させます。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『内政』『外交』紹介イメージ

臨場感あふれる戦場で同盟軍団の仲間と共に戦い、
1千人規模という圧巻の国戦を堪能できるのですが、
1v1のPvPとなるソロバトル、攻城、競技場、資源争奪戦など、
その他にも、豊富なバトルコンテンツが用意されています。
自由度の高い線引き戦路操作、指一本で変幻自在に戦場を操り勝ち抜きましょう。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 1千人規模の国戦紹介イメージ

本作で生き残るために行うことは天下統一の偉業を果すことなので、
国境の向こう側の勢力・世界の果てまで探り、
資源を巡る争奪戦等を通して自らの領土を拡大していきます。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 キービジュアル


世界観や物語

東漢の末年、全年大旱により農作物の収穫が減る一方、王朝も官僚の争いにより腐敗の泥沼に陥ってしまった。
途方に暮れた庶民は『張角』に導かれ『蒼天已死 黃天當立 歲在甲子 天下大吉』というスローガンを流布しつつ、
王朝に攻撃を仕掛け、やがて三国時代の開幕に至った……。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『黄巾の乱』紹介イメージ

中平6年(189年)に董卓は大将軍である何進の命令に応じて首都雒陽(洛陽)に入って、
洛陽の軍事力を持つ唯一の存在となって、軍事力で政権を手中におさめて何太后を脅して少帝を廃し弘農王とし、
陳留王を皇帝とした(献帝)。位人臣を極めた董卓は暴虐の限りを尽くし、洛陽の富豪を襲って金品を奪ったり、
村祭りに参加していた農民を皆殺しにしたり、董卓の兵が毎夜のごとく女官を凌辱したり悪道非道を重ねた。
暴虐の限りを尽くした。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 暴虐の限りを尽くした『董卓』紹介イメージ

董卓の専横に反発した袁紹などの有力者は初平元年(190年)に反董卓連合軍を組んだ。
その後も董卓は洛陽に駐屯し、反董卓連合軍を迎え撃つ姿勢をとった。
初平2年(191年)、胡軫・呂布らが率いる董卓軍が孫堅と戦い、華雄が討たれるなど大敗した(陽人の戦い)。
そのため、同年4月、董卓は洛陽を焼き払い、長安に撤退した。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 反董卓連合軍紹介イメージ

董卓は幼い献帝(後漢最後の皇帝)を連れて洛陽から長安に移るとますます横暴になリ、
暴虐が一向に収まらない董卓を目にした後漢朝廷の高官である王允が行く行くと『連環の計』を企んだ。
董卓と呂布の間に貂蝉を置く『美人計』及び、
2人の仲を裂く『反間の計』と言われている二つの策略が『連環の計』である。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 『連環の計』紹介イメージ

曹操は国を奪った董卓を恨み、董卓征討を諸侯に呼びかけた。
戦いで劉備は二人の兄弟が呂布に勝てないのを見て加勢した。
兄弟三人が回り灯篭のごとく攻めかかると、呂布はとうとう応戦しきれなくなり、隙を見て逃げ去った。
この虎牢関の一戦により、呂布の威名は遍く轟いた。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 虎牢関の一戦の紹介イメージ


登場武将キャラクター

▼『関羽(かんう)』
字は雲長(うんちょう)。蜀漢の創始者また兄貴である劉備に仕え、
武勇や義理を重んじた彼は敵の曹操や多くの同時代人から称賛された。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『関羽(かんう)』紹介イメージ

見事な鬚髯があって『三国志演義』などでは『美髯公』などとも呼ばれる。
董卓配下の猛将華雄を、曹操に勧められた酒が冷めないうちに斬った話がある。後漢から贈られた封号は漢寿亭侯だ。

▼『袁紹(えんしょう)』
字は本初(ほんしょ)。先に冀州を手に入れた後、青州・并州を併合する計画をたてた。
また易京を陥落させて幽州を手中に収め、公孫サンを滅亡させた。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『袁紹(えんしょう)』紹介イメージ

それで河北四州を手に入れて、一大勢力となった。
だが官渡の戦いで曹操に降伏し、軍勢は総崩れとなり、袁紹は敗れた。
冀州の町の多くが叛旗をひるがえした。
袁紹はそれらを撃破して再び平定した。
官渡で敗れた後に発病し、202年、憂悶のうちに死去した。

▼『孫堅(そんけん)』
字は、文台。三国時代の呉を建国した孫権の父、孫 堅は黄巾の乱を鎮圧して長沙太守に任命される。
董卓との戦いで諸侯が董卓を討つべく挙兵した。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『孫堅(そんけん)』紹介イメージ

孫堅もこれに応じて挙兵して破虜将軍になって豫州刺史を領させた。
初平2年(191年)襄陽の戦いで黄祖の部下に射殺された、享年37。

▼『貂蝉(ちょうせん)』
中国小説『三国志演義』に登場する架空の女性。
当時の董卓に朝廷を牛耳り、洛陽から長安に遷都するなど、暴虐の限りを尽くした。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『貂蝉(ちょうせん)』紹介イメージ

後漢の高官の王允が『連環の計』を企て董卓と呂布の間に貂蝉を置き、2人の関係に弱点を作り、
そこを突き、それに怒った呂布が王允と結託し、董卓を殺害した。

▼『呂布(りょふ)』
字は、奉先。呂布は腕力が常人よりも遥かに強く、善く戦って前に敵はない。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『呂布(りょふ)』紹介イメージ

弓術・馬術にも秀でていたため、前漢の李広になぞらえて飛将と呼ばれた。

▼『董卓(とうたく)』
字は、仲穎(ちゅうえい)。涼州隴西人。
涼州軍の大名で大将軍の何進の命令に応じて首都雒陽(洛陽)に軍勢を進め、漢時代で頭角を現すようになった。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『董卓(とうたく)』紹介イメージ

後漢の政治的混乱に乗じて政治の実権を握り、少帝を廃して献帝を擁立し、一時は宮廷で権勢を振舞っていた。

▼『張角(ちょうかく)』
東漢の末年、漢帝国は既に支離滅裂な状況に陥っていた。
やがてこの乱世に乗じて更なる乱章を奏でたのは他でもない、まさにあの世間に知れ渡る大賢良師『張角』である。

豪炎三国志 覇王の無双乱戦 武将キャラクター『張角(ちょうかく)』紹介イメージ

彼は『天公将軍』と自称し『蒼天已死 黃天當立 歲在甲子 天下大吉』という標語を掲げ、組織を率い『黄巾の乱』を引き起した。
豪炎三国志 覇王の無双乱戦 フッターイメージ

「豪炎三国志 覇王の無双乱戦」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) U.LU Games All Rights Reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム