PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

Hunt Showdown(ハントショーダウン)

PC リリース日:2019/08/27

バウンティハンター=賞金稼ぎとなって凶悪な魔女やゾンビを仲間と一緒に狩るCoop式シューティングゲーム!

「Hunt Showdown(ハントショーダウン)」は、Steamにて2019/08/27から配信された有料の新作FPSです。19世紀末~20世紀初頭の時代背景が描かれた世界で、ルイジアナ州の湿地帯を舞台に、プレイヤーは“バウンティハンター=賞金稼ぎ”となって、世界に蔓延る凶悪なモンスターを2人組で狩るCoop式の新作FPSです。基本的には、ミッションをこなして目標ボスを討伐し、倒した証拠となるアイテムを入手して脱出ポイントまで戻るというのが一連の流れになっているのですが、バトルはPvPとPvEが融合されています。高品質なグラフィックスが搭載されているので、モンスターはリアルで怖いですし、昼の湿地帯で行われる荒々しい悪魔とのバトルは迫力が凄いおすすめです。

「Hunt Showdown(ハントショーダウン)」をさっそくプレイしてみる!

目次

バウンティハンターになって魔女やゾンビを狩るCoopが楽しい新作FPS!

「Hunt Showdown(ハントショーダウン)」は、ダークファンタジーをテーマにしつつも、おしゃれでスマートで、若干のミリっぽさを感じられるような世界が構築されているCoop式FPSです。

プレイヤーは、19世紀末から20世紀初頭の時代背景が描かれたルイジアナ州の湿地帯を舞台に、“バウンティハンター=賞金稼ぎ”となり、世界に蔓延る凶悪な悪魔や魔女、ゾンビなどのモンスターを狩っていくCoop式のシューティングゲームです。

2020/06/10にどのようなデバイスでも遊べるクラウドゲーム用のプラットフォーム『GeForce NOW』がリリースされ、本作は『GeForce NOW』で遊べるので、インストール・ダウンロードせずに遊ぶことができます。

※価格:有料ダウンロード
※プレイには、Steamアカウントまたは、GeForce NOW(ジーフォースナウ)などプレイプラットフォームアカウントが必要になります

Hunt Showdown(ハントショーダウン) キービジュアル

また、ルイジアナ州の湿地帯以外にも、今後様々な環境・エリアで様々なモンスターを狩ることができるようになります。

狭い部屋を素早く動き回る相手にはショットガンを使用するなど、モンスターによって有効な武器が異なるので、ミッション・クエストで標的にしているターゲットに効く武器を所持するのか、ターゲット以外の対人戦を考慮して武器を選択し携帯するのかなど、その時、その時のプレイヤーの戦略が重要になっています。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) ルイジアナ州の湿地帯世界観スクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) ターゲットバトルスクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) 世界観スクリーンショット

本作は、ド派手な演出や有名アーティストが参加したBGM的な類は一切排除されていますが、プレイには、ヘッドホンを装着してプレイする事が推奨され、本作は、2人のプレイヤーによるCoopが特徴になっています。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) 2人のプレイヤーによるCoopバトルスクリーンショット

チームを組んでいるキャラ以外にも、同じフィールド内に別のプレイヤーチームが複数存在しているので、プレイしているとどこからともなく、バトルしているような音や銃声が聞こえたり、見えたりします。

他チームを見つけたら急襲したり、されたりされることもあるので、薄暗い湿地帯で耳を澄まし、モンスターや、他プレイヤーの気配を探っていきます。

集中してプレイしていくことになるので、リアルでスリリングな体験を味わいましょう!

Hunt Showdown(ハントショーダウン) 他プレイヤーとのPvPバトルスクリーンショット
「GeForce NOW」でさっそくプレイしてみる!


無料で遊べる『GeForce NOW』とは

本作は、『GeForce NOW』で遊ぶことができるので、『GeForce NOW』で遊ぶ方は、ゲームのダウンロードやインストールを行うことなくプレイできます。

最初にお伝えしておきますが、筆者も実際に遊んでみましたが、最初に登録さえしてしまえば、あとはスゴイ楽にプレイできます!

しかも、アプリ版でもブラウザ版でもグラフィックが驚く程キレイですし、無料プランでもサクサク動いて、ラグもなかったので、個人的にめちゃめちゃおすすめです!

『GeForce NOW』をプレイできる実機は【Mac PC、Windows PC、iPhone、Android、PCブラウザ】となっています。

※ゲームタイトルによって、『GeForce NOW』とは別のアカウント作成を要求されるタイトルもあります

GeForce NOW Powered by SoftBank キービジュアル
GeForce NOW Powered by SoftBank ストリーミング形式のゲーム特徴紹介イメージ

上記でもチラっと明記しましたが、本作は、NVIDIAが提供する仮想 GPUを用いたストリーミングで遊べるので、ゲームをダウンロード・インストールすることなく遊べます!

まずは気になる金額『プラン』からご紹介していきます。

『フリープラン』の場合無料なので、1回あたりのプレイ時間は1時間迄であったり、『プレミアムプラン』に比べて混雑時にアクセスしにくい場合があったりしますが、プラン変更はいつでもできますし、サクッと短時間だけ遊びたい人は、問題なく遊べると思います。

料金プラン フリープラン プレミアムプラン
料金価格 月額無料[0円] 月額 1,980 円(税込)
連続プレイ可能時間 1時間 6時間
混雑時の接続 通常接続 優先接続
RTX On 非対応 対応

現時点(2021/08/24)で有料ゲーム、無料ゲームが1,000タイトル以上用意されており、続々追加されています。

80作品以上の無料ゲームで遊ぶことができるので、『フリープラン』を登録したら何も購入せず無料ですぐにゲームを始められるのも『GeForce NOW』の特徴です。

GeForce NOW Powered by SoftBank ゲームタイトル紹介イメージ

RTX On(リアルタイムレイトレーシング)は、映画のような画質で楽しめるグラフィックに対応しているかどうかになります。

RTX OFFでも違和感ない程キレイなのですが、RTX Onと比較すると水面に映る光や影など、本物みたいです!

対応タイトルであれば、より臨場感あふれるゲームの世界観を体験できます。

GeForce NOW Powered by SoftBank 『RTX On』比較スクリーンショット
GeForce NOW Powered by SoftBank 『RTX OFF』『RTX On』比較スクリーンショット

NVIDIA RTXによるリアルタイムレイトレーシングに対応したプレミアムプランの『RTX On / OFF比較』
「GeForce NOW」でさっそくプレイしてみる!


ゲームシステム

「Hunt Showdown(ハントショーダウン)」は、2人のバウンティハンターがチームを組んで、悪魔やゾンビなど様々なモンスターに戦いを挑む新作FPSなのですが、その時にプレイするキャラクターを選択し、武器や装備アイテムを選び、ミッションやクエストに挑んでいきます。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) ハンターキャラクター詳細スクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) 武器選択、バウンティハンター雇用スクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) 武器や装備アイテム選択スクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) ミッションやクエスト選択スクリーンショット

本作の基本的なルールは、ミッションやクエストをこなしながら、目標のレイドボスを探し討伐し、倒した証拠となるアイテムを入手し、脱出ポイントまで戻ります。

リアルで綺麗なブラフィックスが搭載されているので、モンスターはリアルでめちゃめちゃ怖いですし、昼の湿地帯に荒々しいリアルな悪魔とのバトルは迫力が凄いです。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) 昼の湿地帯にいる荒々しいリアルな悪魔のスクリーンショット

また、ハント競争的なゲームプレイを楽しめるマッチベースのゲームプレイは、PvPとPvEの要素がミックスされているので、常に緊張あるプレイが演出されています。

マッチベースのゲームプレイは、プレイスタート時に、2キャラが1チームになった最大5チームの計10体が、巨大なボスモンスターを追跡するために出発します。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) 巨大なボスモンスターとのバトルスクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) プレイスクリーンショット

ボスモンスターを見つけ討伐できると、賞金を獲得することができ、ハンターはマップ上に残っている全モンスターに命を狙われるターゲットになり、別のハンターチームが、賞金を奪い取りにくるので、マップで確認できる脱出ポイントまで戻りクリアを目指していきます。

リスクが高ければ高いほど獲得報酬は高くなりますが、1度の間違いで全ての努力が無に帰してしまうこともあります。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) 別のハンターチームとのバトルスクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) 民家探索中のスクリーンショット

ただ、キャラが死んでも、プレイヤーの血統を通じてハンター階級のレベルアップは行われます。

片方の1キャラが死亡する可能性はありますが、プレイした経験値は『Bloodline』に移され、他ハンターにも適用されるので、どんどん最初はプレイしてハンター階級・ランクのレベルをあげていくのが良いと思います。

プレイしていたハンターが死亡してマップから消失してしまえば、新しいハンターをキットにし、次の試合に備えるために獲得したお金と経験を使うことができます。

※死亡すると経験以外の全て失う

Hunt Showdown(ハントショーダウン) プレイしていたハンターが死亡したので蘇生中のスクリーンショット
Hunt Showdown(ハントショーダウン) 緊張感あるバトルスクリーンショット

『ダークサイト』では、ハンターが世界の間のベールを見ることができ、死者の目には見えないものが、開始したハンターキャラに見えるようにしてくれます。

プレイヤーは、モンスターを追跡時にしているときに『ダークサイト』を使用し、『ゴーストライト(幽霊の光)』が、プレイヤーの次のターゲットに向かってあなたを導いてくれます。

また『ダークサイト』は、逃げようとしている間、恩恵を受けるプレーヤーを守り、守備に傷つきやすくしてくれます。

19世紀末から20世紀初頭の時代背景とダークなモンスターが見応えあるグラフィックスで描かれ、戦略性が高いCoop式シューティングが好きな人にはおすすめです。

Hunt Showdown(ハントショーダウン) フッターイメージ
「GeForce NOW」でさっそくプレイしてみる!


スペック/動作環境

2018/03/15に確認しているPCスペック・動作環境となります。

動作環境 必須環境 推奨環境
OS Windows 7 64bit 以上 Windows 10 64bit
CPU Intel i5 @ 2.7GHz (6th Generation) / AMD Ryzen 3 1200 以上 Intel i5 @ 3.2 GHz (6th Generation) / AMD Ryzen 5 1400 以上
メモリ 8GB 以上 12GB 以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 660 TI / AMD Radeon R9370 以上 NVIDIA GeForce GTX 970 4 GB / AMD Radeon R9 390X 以上
HDD 20GB 以上
DirectX Version 11 以上
サウンドカード DirectX と互換性のあるサウンドカード
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続

Hunt Showdown(ハントショーダウン) コントラストが映える美麗なグラフィックススクリーンショット

※64bitプロセッサとオペレーティングシステムが必要
※ヘッドホンでのプレイ推奨

「Hunt Showdown(ハントショーダウン)」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) 2018 Crytek GmbH. All rights reserved. Crytek, CRYENGINE, Hunt: Showdown and the respective logos are trademarks or registered trademarks of the Crytek group in the EU, U.S. and/or other territories. All other trademarks are the property of their respective owners.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム