PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

流星ワールドアクター The Strange World(流星WA)サービス終了

PC リリース日:2022/01/11

※2022/09/12 12:00 サービス終了※

「流星ワールドアクター ザ・ストレンジ・ワールド(流星WA)」は、DMMゲームから2022/01/11より正式サービス開始したPC向け新作ブラウザゲームです。大ヒットPCゲーム『流星ワールドアクター』が新たな展開で楽しめる新作ブラウザRPGです。衣笠彰梧氏による完全オリジナルストーリーが書き下ろされ、メインキャラデザインに春夏冬ゆう氏が務めているので、『流星ワールドアクター』お馴染みの豪華クリエイター陣が参加しています。新ヒロインを加え、物語の舞台は第七共和国の外へ移しています。最大15キャラ編成するマルチラインオフェンスバトルを勝利に導こう!

目次

衣笠彰梧氏による完全オリジナルストーリーが展開する新作ブラウザゲーム!

※2022/09/12 12:00を以てサービス終了※

「流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA」は、『衣笠彰梧』×『春夏冬ゆう』の強力タッグがおくる大ヒットPCゲーム『流星ワールドアクター』がPC向け新作ブラウザゲームとして登場します。

シリーズお馴染みのキャラクター達に新ヒロインを加え、新たな展開をみせる『流星ワールドアクター』シリーズの世界を楽しみましょう!

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※プレイには、DMMゲームズアカウントが必要になります

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キービジュアル

衣笠彰梧氏による完全オリジナルストーリーが書き下ろされるなど、『流星ワールドアクター』でお馴染みの豪華クリエイター陣が参加しています。

新ヒロインを加え、物語の舞台は第七共和国の外へ移った豪華クリエイター陣による新たな展開を楽しめます。

・メインシナリオ:衣笠彰梧氏
・メインキャラクターデザイン:春夏冬ゆう氏
・背景美術/世界観設計:歯車ラプト氏

その他にも、多くの有名イラストレータを起用しており、ブラゲオリジナルのキャラクターも多数登場予定となっています。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA オリジナルストーリースクリーンショット

SDキャラが入り乱れる大乱戦バトルが楽しめるので、最大15キャラを編成してマルチラインオフェンスバトルを繰り広げていきます。

戦闘に出撃する前にチームを編成することができるので、ひとつのチームにいる最大15名のキャラクターを配置していきます。

編成やスキルの発動タイミングを工夫して勝利へと導いていきます。

レベルやタイプ、属性などのステータスを確認をして万全な状態で戦闘に臨みましょう!

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 編成スクリーンショット
流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA バトルスクリーンショット

戦闘が始まるとキャラクター達は敵に向かって前進して戦い、敵はまず先頭のキャラクターを攻撃します。

先頭のキャラクターが倒れるとチームが崩壊してしまうかもしれないので、注意して戦闘に臨んでいきます。

『バトルアリーナ』では、他のプレイヤーと戦う事ができ、15vs15の大人数バトルで勝利を掴み報酬を獲得しましょう!

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 『バトルアリーナ』スクリーンショット

▼『夢幻回廊』

『夢幻回廊』では、連続してボスに挑戦することができます。

強力な敵の前に苦戦をするかもしれませんが、特別な報酬も用意されているので、チームの戦力を整えて挑み強力なボスとの連戦を勝ち抜きましょう。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 『夢幻回廊』スクリーンショット

『オズ』と呼ばれる車両では内装のカスタマイズや他のプレイヤーとの交流が行えます。

『オズ』が何のために存在するのか、それはストーリーで明かされるので、自身でプレイして確認しましょう!

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 『オズ』スクリーンショット

スキルやアビリティなどキャラによって異なるので、バトルに備えてキャラを育成していきます。

やり込み要素盛り沢山なので、豊富な育成要素でキャラを強化し、自分だけの戦略を楽しみましょう!

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラステータススクリーンショット
流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラの所持するアビリティスクリーンショット

▼『属性』

キャラクターに、は有利な属性と不利な属性があります。

有利な属性で攻撃すると通常よりも大きなダメージを与え、有利な属性で防御すると通常よりもダメージを抑えることができます。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 『属性』紹介イメージ

▼『タイプ』

キャラクターの得意な戦闘スタイルはタイプによって異なります。

タンクは、前線で仲間を守り、アタッカーは敵を殲滅し、サポートは仲間を支援します。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 『タイプ』紹介イメージ


世界観や物語

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 世界観紹介イメージ

WORLD
太陽に嫌われた国、第七共和国。
過去の大戦で陽の光を失ったその国では、人間だけでなくエルフやセグイットなど、多種多様な種族が日々の暮らしを営んでいる。
そんな市民たちを守り、正義の拠り所となっている警察庁。
日流ルカは、警察の中でも問題児が集まる十三課(通称:ハコスミ)に席を置く、うだつの上がらない刑事である。
激動の日々を経て、束の間の平穏を貪っていたルカだったが、ある日を境に彼の周囲が急激に動き出す。
暴威の象徴であるドラゴンの出現。
天災とも呼ばれるデルーガの度重なる襲来。
混乱する共和国内と、疲弊していく警察組織。
そして、ルカと同じ能力を持つ謎の少女の出現———
幾重にも噛み合い、回り出した歯車。
それは大きなうねりとなり、彼に運命の選択を突き付けるのだった。

公式サイトより

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA ストーリー紹介イメージ

ストーリー
第七共和国の闇は晴れず、影は残された光を飲み込んでいく。

主人公、日流ルカは変わらず教団事件を追い続けていた。
しかし、新たな脅威が第七共和国を襲い事態は悪化する。

脅威の影に潜むものを突き止めるため、日流ルカの新たな捜査が幕を開ける。

公式Twitterより

▼国『第七共和国』

多種族で構成された唯一の国家。高度な技術と高い民度を保つ法治国家として一時代を築き上げている。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 国『第七共和国』紹介イメージ

戦時下では度々攻め込まれることがあったが、最後まで中立を貫き通したことで様々な種族に信頼されている。

▼国『アルフヘイム』

緑豊かな山や川、そして草原に囲まれた大地に、1つの城と城下町のみで形成されているエルフ族の国。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 国『アルフヘイム』紹介イメージ

天然の要塞『終わりなき樹海』と、森にかけられた幻惑の魔術に守られており、エルフの案内なく辿り着くことはできない。

▼国『ゲノム』

絶対君主制の大国。一騎当千の国王の元、8人の近衛騎士団によって政治がなされている。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 国『ゲノム』紹介イメージ

資源に乏しく、近隣の小国などに戦を仕掛け、略奪することで国力を高めていった。

▼国『フラノス』

国王を頂点に据えた王の直轄管理で運営しているセグイット族の国。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA 国『フラノス』紹介イメージ

石や砂、ガラスなどを使った建築物が多く見られるが、セグイット族が設計を苦手とすることと、倒壊時の被害を抑えるため、基本的には低層で横に広く空間を使う建築様式が主となっている。

キャラクター

▼『日流 ルカ』CV:-

第七共和国の不真面目な刑事。太陽に嫌われた国、第七共和国の刑事にして本ゲームの主人公。

問題の多い刑事ばかりが集う十三課・通称『ハコスミ』が彼の職場。非常に強力な氷の能力を操るキーパーなのだが、そのことを知る者は少ない。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『日流 ルカ』紹介イメージ

表向きは不真面目な刑事そのものだが、裏では警察内でタブー視されている『教団事件』を、命を懸けて追い続けている。

▼『クラリス・ツァインブルグ』CV:-

十三課に配属されてきたエルフの新米女性刑事。配属後すぐに、一匹狼であったルカのパートナーに任命される。

容姿に優れ、風の魔術を操るエルフなのだが、その性質を端的に言うならば、守銭奴で小市民。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『クラリス』紹介イメージ

定時上がりをモットーとしており、空気を読んでサービス残業をすることなどは決してない。

▼『メル』CV:-

ゲノム国より亡命してきた王女。ゲノム国前国王の娘。

ゲノム国の王族には一子相伝の強大な力が存在しており、それは今現在、彼女に伝承されている。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『メル』紹介イメージ

クーデターにより国を追われ、第七共和国に亡命してきたのだが、ルカとの出会いはまさに追手から逃亡中のことであった。非常に気立てがよく、一緒にいるとホッとできるような雰囲気の女性。

▼『四ノ宮 小町』CV:-

交通課で働く合コン好きの警察官。社交的な性格であり、警察内の情報にとても詳しい。

いい男と巡り合うため、週末はいつも合コンに赴いているが、成果は芳しくない様子。遊んでいるように装っているが、実は恋愛初心者。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『四ノ宮 小町』紹介イメージ

父親は警察の上層部の人間で、教団事件に関してルカを利用しようとしている節があるが、そのことを彼女は知らない。

▼『シフォン・マクドゥーガル』CV:-

ルカの隣の部屋に住む、万年金欠なセグイットの女剣士。

頑丈で力の強いセグイットの中でも飛び抜けた戦闘力を誇り、その腕前は第七共和国で災害扱いされている怪物・デルーガとも渡り合えるほど。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『シフォン』紹介イメージ

現在はその腕を生かして傭兵として生計を立てているが、生来の人の好さと大飯食らいのため、常に暮らしは貧しい。

▼『ターニャ』CV:-

記憶を失った褐色の少女。突如、第七共和国を襲った伝説の生物・ドラゴン。

そんな強大な存在が姿を消したとき、その場所に倒れていた褐色の少女。それがターニャである。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『ターニャ』紹介イメージ

ドラゴンと関係のある存在なのか、それとも彼女自身がドラゴンなのか。彼女に関するすべては仮定でしかなく、まだ誰もその答えを知らない……。

▼『アズハ』CV:-

ターニャを狙って、ルカたちの前に現れた美女。その目的や行動理念などは、今のところ一切不明。

敵なのか味方なのかもわからないため、現在は警戒するほかない存在。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『アズハ』紹介イメージ

唯一わかっていることは、ルカと同様に氷の能力を操ることが可能で、非常に高い戦闘能力を持っているということだが……。

▼『メリッサ』CV:-

ルカと同居する森の民・ピクシーの少女。

手のひらサイズのピクシーは愛玩動物としての人気が高いのだが、彼女は密猟者に捕まっていたところを、運良くルカに救出された。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『メリッサ』紹介イメージ

それ以来ルカと一緒に暮らしており、いつもはルカのスーツのポケットに入っている。

▼『ハールソン』CV:-

メル及びオズの護衛役をしているゲノムの男性。

何もない空間から武器を生成することができる。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『ハールソン』紹介イメージ

礼儀正しく忠義に生きる男であり、非常に優秀な剣士。現在はストライコスの元で傭兵として働いている。

▼『生田 克己』CV:-

警察庁第一課の人間で、人間至上主義の男。

主人公の同期でありながら、過去の悲惨な事件を皮切りにスピード出世している。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『生田 克己』紹介イメージ

ルカに対しては厳しく接しているが、それは信頼を置いている裏返しでもある。

▼『ストライコス』CV:-

ルカとは同期、同い年の元刑事で、犯人プロファイリングの達人。

事件で大切な師を失って以降警察をやめ個人で警備会社を立ち上げる。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『ストライコス』紹介イメージ

ルカはあまり好いていないが、ストライコス自身はルカを好いている。生田には目を付けられていて、少し苦手。

▼『羽柴 宗助』CV:-

十三課に所属する刑事で、ルカたちの同期。口数は少なく単独を好む。刑事としての腕は確かで捜査力、戦闘力共に高い。

身体能力を強化する、キーパーとしての能力を身につけている。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『羽柴 宗助』紹介イメージ

犯罪者を追い詰めることにしか生きがいを感じていない。

▼『角谷 冬美』CV:-

生田と同じ一課の刑事で、気が強いが礼儀正しく寡黙な女性。

階級が下かつ十三課でありながら馴れ馴れしく生田に接してくるルカが嫌い。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『角谷 冬美』紹介イメージ

生田を尊敬しており、キーパーとしての開花を目指した時期もあったが、適合せず諦めた経歴を持つ。

▼『原 涼子』CV:-

警察庁の近くにあるカフェ・ラブアンドピースの看板店員。

その愛嬌とスタイルの良さから、警察内部に多くの隠れファンを持つ。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『原 涼子』紹介イメージ

性格は明るく、誰とでも気さくに話すため交流範囲は広い。カフェの場所柄、警察関係の情報に詳しくなりがち。

▼『ヴァース』CV:-

年齢は30代前半で、ルカたちの先輩にあたる。

度々問題を起こしており、上司を殴ったことで十三課に。基本的には明るく大雑把な性格。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『ヴァース』紹介イメージ

珠子とパートナーを組んでいる。セグイット族らしく肉体派で頭はからっきし。

▼『薄野 珠子』CV:-

優れた情報処理能力とハッキングスキルを持つ警察官。

優秀が故にナチュラルに周りを見下す節がある。ペアの相手はセグイットのヴァース。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『薄野 珠子』紹介イメージ

見た目にあまり気をかけず、ぼさぼさの髪をしている。

▼『山田係長』CV:-

十三課の係長。年齢は50代前半で、上司と部下の板ばさみにあっている。

温厚な性格で争いごとを好まない。上司の顔色を窺う日々。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『山田係長』紹介イメージ

主人公たちの新米時代から知っている人物でもあり過去もある程度把握している。

▼『シュバルト・ハイト』CV:-

教団の幹部と噂される男。一度はルカたちに捕まってしまうもののその場で自決。

その後遺体が行方不明となり、警察から行方をくらました。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『シュバルト・ハイト』紹介イメージ

『不死身』の異名を持つ、謎多き因縁の相手。

▼『リンダ』CV:-

子供を意のままに操るという強力な能力を有したキーパー。

十年以上前、子供のみで構成された『ルイーズ』という窃盗団を組織しており、青年期のルカ達と対峙したことがある。

流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA キャラクター『リンダ』紹介イメージ

十年以上経過した今も、風貌がその頃と変わっていない。
流星ワールドアクター The Strange World(ザ・ストレンジ・ワールド)流星WA フッターイメージ

※2022/09/12 12:00を以てサービス終了※

Copyright (C) 2021 EXNOA LLC / (C) 2021 FUNYOURS JAPAN Co., Ltd. / (C) 2021 FUNYOURS Technology Co., Ltd. All Rights Reserved.

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら

目次