PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

山海(SENGAI) ~神話の世界を覗く異界万華鏡~事前登録中

スマホ リリース日: iOS android

未だ見ぬ太古時代の幻想郷で強力な妖魔異獣と契約を結んで壮大なストーリーを堪能する新作スマホゲーム!

「山海(SENGAI)神話の世界を覗く異界万華鏡」は、Android/iOS向けに2022年秋に正式リリース開始予定の新作スマホゲームアプリです。8000年前に書かれた奇書『山海経』をテーマに、冒険、挑戦、生活スキル、100種類以上もの古代の異獣、劇的なストーリーを楽しむことができる新作MMORPGです。『山海経』に登場する太古時代の伝説を参考にしてメインストーリーを作っているので、自分だけの冒険ファンタジーを作り上げることができます。伝説の人物と仲間になったり、強力な妖魔異獣と契約を結んで進化したり、壮大なストーリーを堪能したりと、未だ見ぬ幻想郷で冒険しましょう!

注目トピックス
2022/01/08

2022/01/01より事前登録開始

「山海(SENGAI) ~神話の世界を覗く異界万華鏡~」の事前登録に参加する

目次

古代の世界を享受し、壮大なストーリーを堪能できる新作ゲームアプリ!

「山海(SENGAI) ~神話の世界を覗く異界万華鏡~」は、江戸時代に妖怪ブームを起こしたといわれる世界最古の地理書『山海経(せんがいきょう)』を背景にして作られた新作スマホゲームです。

よく知られた怪物が新しい姿でゲームに登場し、豊富な育成システム、充実な戦闘体験、没入感高く楽しめる本格的な幻想郷MMORPGです。

圧倒的なグラフィック、すべての背景で壮大な世界の多次元描写を楽しめる広大な異世界、人間、仙境、異族、妖界など、自分だけの自由を探しましょう!

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 キービジュアル

『山海経』は、中国では誰もが知っている古典で、多くの山脈河川の地理情報から奇珍異獣の生活習慣まで様々な内容が記載されています。

しかし、不思議なことに、この本はどの年代に誰が正式に編集されたか謎に包まれており、神秘な古文明の“三星堆遺跡”の“古蜀文明”の『青銅』も『山海経』とも関係が深いと言われています。

『山海経』には、たくさん奇異な動物が描かれていますが、それは今の生物の原型かもしれません。

例えば、ゲーム内には、豚の体に牙が生えている『当康』という動物があり、これは山海経にも描かれている動物なのですが、現代の人達知る『猪(イノシシ)』かもしれません。

山海の世界には、『山海異獣』など、まだまだ奇想天外なものも存在しています。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『山海経』紹介イメージ
山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『山海経』のストーリー紹介イメージ

冒険、挑戦、生活スキル、100種類以上もの古代の異獣、劇的なストーリーを楽しむことができる新作MMORPGです。

伝説の人物と仲間になったり、強力な妖魔異獣と契約を結んだり、壮大なストーリーを堪能したりと、未だ見ぬ幻想郷で冒険しましょう!

本作のメインストーリーは『山海経』に登場する太古時代の伝説を参考にして作っているので、自分だけの冒険ファンタジーを作り上げることができます。

『酒呑童子』や『玉藻前』、『大嶽丸』などの日本三大妖怪も登場するので、妖怪好きな方にはおすすめです。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 美麗グラフィック紹介イメージ

100万字を超え、トップ声優陣がキャラクターに命を吹き込み、厚みが増すストーリーは、冒険の世界へより引き込んでくれるので、没入感高く楽しめます。

豪華声優陣の名演技で、少しハードルが高そうな奇劇となる古代物語も分かりやすいと思います。

本作に出演する声優陣は、小林裕介さん、前野智昭さん、子安武人さん、石川由依さん、雨宮天さん、ゆかなさん、西原翔吾さん、小山博愛さん、平本雄さん、木下章嗣さん、大川颯太さん、山内良仁さん、雨澤祐貴さん、三浦浩一さん、柴田大吾さん、夏八木敦也さん、高垣克央さん、藤東知夏さん、鳥羽優好さん、橘ゆきさん、とくいなえさん、小西真以さん、横山媛奈さん、三浦小季さん、朝日奈優さん、雪深山福子さん、山内亜依さんなど、錚々たるメンバーが集結しています。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 豪華声優陣紹介イメージ

それぞれのボスが唯一無二の敵となっており、リアルタイムで進行する最大8人で協力してボスに挑みましょう!

未知に溢れた冒険は、8人でスタートする協力クエスト、各々がクリアの鍵を握ります。

仲間と共に無限の挑戦が楽しめるので、一つの戦いに魂を燃やし、冒険を共有して、宝を勝ち取ります!

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 没入体験紹介イメージ

複数の職業、スキルの組み合わせで、自分だけの得意技を編み出すことが可能です。

連続攻撃、抑制、爆発、遠距離など、眩いほどの連続攻撃、自分の指先で攻撃の旋律を奏で、で思いのままに戦ってみてください。

5vs5、ギルド対戦、無制限協力対人戦/PvP、一画面に百人乱入したり、チーム対抗バトルを楽しんだりなど、様々なプレイ方法で勝利を手に入れましょう!

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 多彩なゲームモード紹介イメージ

最新ファッションからレトロなアイテムまで、100種類以上の衣装の組み合わせで変幻自在に自分だけのオリジナルキャラクターを着せ替えられます。

細部までこだわったカスタマイズが楽しめるので、顔のパーツを自由自在に編集できます。

可愛い幼女、綺麗なお姉さん、爽やかな青年などを選択して、世界に1体しかいない自分だけのキャラクターを作りましょう!

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 キャラクターメイク紹介イメージ

面白くて飽きないペットが冒険のお供になってくれるので、色々な山や海を超える旅も孤独にはなりません。

本作には、強力な異獣と契約を結ぶ『従魔システム』が搭載されているので、自分の好きな『従魔』を選んで育てていきます。

『山海経』に由来する異獣と契約を結び、修行を積み重ねていくと『進化』させることができます。

外見やスキルが変化し続けるので、『従魔』が進化する過程はプレイしていく上で楽しみの一つとなるはずです。

様々な『従魔』たちは、山海の世界へと誘われ、大事な戦力として、必ずプレイヤーの力となってくれます。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『従魔システム』紹介イメージ

交流できるコミュティコンテンツが充実しているのも本作の特徴となっています。

『従魔』以外にも、冒険をしている中で出会うことができる『仲間』や『相方』など、誰一人として欠けてはなりません。

師匠や友人を探して、同志たちと宗派となる『ギルド』を築き上げたり、運命のパートナーと出会ったりなど、MMORPGならではの繋がりが待ち受けています。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 運命のパートナーと出会う紹介イメージ

2022/01/01より事前登録の受付が開始されています。

事前登録者数に応じて、様々なアイテムを獲得がプレゼントされます。

事前登録は、下記方法で行われています。
Google playから事前登録
App Storeから予約注文して事前登録

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 事前登録特典紹介イメージ

事前登録報酬
・5万人突破で『報酬A/静玉100個』『報酬B/霊気丹3個』『報酬C/九彩霊果3個』
・10万人突破で『報酬A/下級火流晶30個』『報酬B/元霊丹5個』『報酬C/銀貨パック/1個』
・15万人突破で『報酬A/左肩飾り1個』『報酬B/帰元神符5個』『報酬C/従魔の大悟丹/5個』
・20万人突破で『報酬A/右肩飾り1個』『報酬B/上級・霊果10個』『報酬C/百年碧霊木/5個』
・25万人突破で『報酬A/背中飾り1個』『報酬B/上級・霊気丹3個』『報酬C/煥彩醸/3個』
・30万人突破で『報酬A/限定衣装1個』『報酬B/九転元霊丹5個』『報酬C/チャット吹出/1個』

『山海経』について

『山海経』は、人々から『神話小説』や『地理書』、あるいは『古代書』と、色々な認識のされ方をしていますが、現代では『奇書』として扱われています。

8000年前に書かれた『山海経』は、全十八巻で『山経(五巻)』『海経(十三巻)』に分けられます。

描かれている山、川、海、動物、植物、神、妖怪、などは仮想的であり現実的でもあります。

考古学の研究によると、書に描かれている範囲は、今日のヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニアが含まれる可能性があり、全世界を網羅しているかは未解決の謎です。

また内容は、山、川、海、地理、民俗、医薬、地方の特産、伝統的な祭り、神、妖怪にまで及び、40の国、550の山、300以上の水路、100近くの神話上の人物、400以上の妖怪が描かれていると言います。

『山海経』にまつわる都市伝説も多く存在するので、一部ご紹介します。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『山海経』にまつわる都市伝説紹介イメージ
山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 美麗なイラスト紹介イメージ

『刑天はアフリカに存在していた!?』

『山海経』には、黄帝が蚩尤に勝利した後、仇を執るため軒轅剣を使って、刑天の頭を切り落としたと書かれています。

この物語は『山海経』-『海外西経』に記されています。

約2500年前、古代ギリシアの歴史家ヘロドトスはかつてエジプト人がエジプト南部にブレムミュエス人という民族を発見したと述べています。

ブレムミュエス人は首がなく、胸の位置に目があり、へそに口があると述べており、『山海経』の記述と全く同じなのです。

『山海経』を研究しているアメリカの専門家は、『海外西経』で記されている位置と歴史家ヘロドトスが供述した位置が同じで、エジプトの南、紅海の西になると述べたのです。

これは本当に偶然なのでしょうか……!?

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 幻想郷が描かれた紹介イメージ

『山海経の伏羲と女媧が人類の始祖という伝説は本当?』

中国神話の伏羲と女媧、インド神話のナーガとラージャ、シュメール神話のエンキとニンマ、ギリシア神話のイシスとオシリス。

これらの神々は容姿や言い伝えに共通点が多くあります。

人の首に蛇のような身体を持ったこれら4人の兄妹が各神話の中に登場しているのは単なる偶然なのでしょうか。

世界のほとんどの神話上の生命は彼らの手で生まれたとされており、また人類のDNA二重らせん構造は奇妙なことに古くから伝わるこれらの神蛇の尾が絡み合った絵と一致するのです。

中国古代から伝わる八卦図の白黒の形が似ていたり、双子星のシリウスはエジプトの神話から登場するなど、他にも関係があることがたくさん隠されていそうです。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 各神話に登場する伝説の生き物が登場するイラスト紹介イメージ

『山海経で最も強い神は?燭龍?応竜?』

どちらの龍でもなく、最強は帝俊です。

記載は非常に少なく稀であるが、『山海経』で帝俊の妻である、羲和と常羲は自然界に精通しており、羲和は10の太陽を産み、常羲は12の月を産んだと記されています。

その後二人は、日と月の神と呼ばれました。

それならば、帝俊と天照の関係性はどうなっているのでしょう。そして、どちらが強いかも気になるところです。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 独特なイラスト紹介イメージ


物語や世界観

▼物語の始まり『幻魔境』

ここは太古の道士が百魔を封印した地で、風景が美しくて霊気を溢れ修練に最適です。

古代の人は“相は心から生じる”と言いました。

『幻魔境』は、人々の内面の思考が具現化される場所です。

ここの風景と事象は侵入者の内面の描写であるため、人によって姿を変えてしまうのです。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『幻魔境』紹介イメージ

ここはどんなストーリーを生み出せるか……?しかし、ここは大きな陰謀を隠しているよう?……です。

▼天に通じる門『昆吾山』

霊気に満ちた場所で、魔族がこっそり生活しています。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『昆吾山』紹介イメージ

無意識のうちにまさか大きな陰謀に巻き込まれている?この山に隠された秘密は一体何か……?

▼人族の最後の浄土『軒轅城』

城池や壁を固め、各種族の平和な共存の地で、女媧の長子・少典が長年守り続けている場所です。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『軒轅城』紹介イメージ

ある日、闇が深い事件が起きました……。

▼九尾の狐の伝説地『青丘(せいきゅう)』

狐族の友達に出会い、事件を解決し、夢のような景色にはまた何の危険が隠されている……?

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 『青丘』紹介イメージ

『青丘の山上に狐に似た生き物がいた。しかし尾が9本あった』

山海異獣キャラクター

▼『青鸞(せいらん)』

青鸞は、西域の神仙、西王母の使者であり、彼女の手から不老長寿の桃を運ぶ、いわゆる吉祥幸福として多く描かれてきました。

中国の空想上の鳥で、鳳凰のモデルとも言われている。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『青鸞』紹介イメージ

▼『修蛇(しゅうだ)』

南方の洞庭湖に澄んでいたとされる大蛇。その巨大な身体で大きな津波を起こしては、漁民達を死に追いやり多くの人々を苦しめた。

不思議な事に、その吐き出された骨は、腹痛を治す漢方薬になったといわれている。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『修蛇』紹介イメージ

▼『応龍(おうりゅう)』

翼を持つ龍で、天地を行き来することができる。

嵐を起こして、黄帝の軍の応援をした。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『応龍』紹介イメージ

▼『窮奇(きゅうき)』

悪神である四凶の一に数えられる。

悪事を好み、人食いの翼を持った虎。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『窮奇』紹介イメージ

▼『雲鯤(うんこん)』

北冥に魚有り、其の名を鯤と為す。

鯤の大いなる、其の幾千里なるを知らず。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『雲鯤』紹介イメージ

▼『九尾の狐』

外形は狐のようで、尾は九本。鳴き声は嬰児のよう。

よく人を食い、泰平の世に現れたら瑞獣とされる。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『九尾の狐』紹介イメージ

▼『えん慈(えんじ)』

西海の州に住んでいるとされる神。

人頭鳥身で青蛇を二匹耳に飾り付け、赤蛇を両脚で踏みつけている。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 山海異獣キャラクター『えん慈』紹介イメージ


仲間キャラクター

▼『夜雪(やせつ)』

幽冥族の女帝。幽冥族の生き残りの孤児でかつては夕霧という名前だった。

幽冥の地は天庭と繋がっていた。

そして、神族が周天星斗大陣を起動した時、大陣から放たれた濁気に侵され、幽冥族は滅びるまでの禍を受けた。

幼い夕霧は濁気に侵蝕されたが、彼女の親友の窮奇道人が一本の腕を差し出して天魔神に助けを求めた。

天魔神は喜んで夕霧を救ったが、彼女の神々に復習するという怒りの炎以外の感情を全て奪い去った。

その後、夕霧はとある不思議な道人に弟子入りし、夜雪へと改名した。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 仲間キャラクター『夜雪』紹介イメージ

▼『金鵬(きんほう)』

鯤は北冥の地に棲み、その後挟揺に乗って九万里まで上がると鵬に変身した。

鴻釣老祖が聖位を配する時、席を持つべきだった鯤鵬は冥河の甘言に惑わされ、紅雲老祖の鴻濛の紫気を奪って聖人になろうとしたが、途中で誰かに襲われて、また逃走した。そこで療養しようとした鯤鵬は、療養中に祝融の配下の巨蛇に襲われて瀕死となる。

その時、東帝が通りかかると鯤鵬がそのまま死んでいくことが惜しいと思い、精血を一滴差し出して鯤鵬を救った。

軒轅城で、激怒させた金鵬は少典に仕返しをするために手段を選ばない。ですが昔の金鵬は……。

※鯤鵬は、中国古代より伝わる想像上の大魚

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 仲間キャラクター『金鵬』紹介イメージ

▼『熾羽(しう)』

昆音の姫様。16年前、盤古の斧の残骸の霊力は一晩で消えてしまい、鉄の塊だけが残った。

同日、重光は聖地から女の子の赤子を抱いて戻り、自分の娘だと主張した。

熾羽の身分について、父の重光はいつも口を閉ざしていた。

部外者には、彼女は老人たちは重光族長が妻と娶った事がないことを知っている。だから彼に娘がいるはずがない。

少司命が羅睺殺神槍を探す途中で昆吾山に行き、盤古の斧を探し師匠に渡すと命じられ、昆吾山で熾羽と出会いました。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 仲間キャラクター『熾羽』紹介イメージ


職業キャラクター

▼『雪芽(せつめ)』CV:ゆかな

『治療』か『制御』を選択でき、軽やかな動きで華麗な技を出せる。

味方を治癒し、身を挺して、敵を引きつけ制御することも可能です。

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 職業キャラクター『雪芽』紹介イメージ

治療・敏捷・換風

山海(SENGAI) 神話の世界を覗く異界万華鏡 フッターイメージ

「山海(SENGAI) ~神話の世界を覗く異界万華鏡~」の事前登録に参加する
Copyright (C) @Restar Games All rights reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム