PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

シン・クロニクルβテスト中

スマホ リリース日:2021/12/15 iOS android

全く新しい世界観・物語・ゲームシステムが搭載された『チェンクロ』シリーズ後継作となる新作ゲームアプリ!

「シン・クロニクル」は、iOS/Android向けに2021/12/15から正式サービス開始予定の新作スマホゲームアプリです。黎明期のスマホゲームに大きなインパクトを与え、累計2500万ダウンロードを突破した「チェインクロニクル」シリーズ後継作です。後継作といっても、まったく新しい世界観、物語、ゲームシステムを楽しむことができます。プレイヤーは、南方騎士団 第十七探索騎士隊の隊長として選んだ仲間と『奈落探査』に挑みます。主人公であるプレイヤーが結末を選ぶ一本道ではない、一度きりの体験が味わえる自分だけの物語を楽しみましょう!

注目トピックス
2021/10/18

新システム情報公開

「シン・クロニクル」の事前登録に参加する

目次

累計2500万DL突破の人気アプリの後継作となる新作スマホゲーム!

「シン・クロニクル」は、「チェインクロニクル」シリーズの後継作として、同作開発スタジオが送るシングルプレイRPGの最新作となる新作ゲームアプリです。

本作のリードキャラクターデザイナーを担当するのはN.P.A氏となっており、一本道ではない一度きりの旅をする『あなたが結末を選ぶ』RPGです。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

シンクロニクル キービジュアル
シンクロニクル リードキャラクターデザイナーN.P.A氏紹介イメージ

チェインクロニクル」は、累計2500万ダウンロードを突破し、サービス開始から9年目となるスマホRPGです。

全キャラにドラマチックな物語があるという、当時としては型破りな手法と、ゲーム性の強いバトルシステム、広大なワールドマップなどによって黎明期のスマホゲームに、ゲームらしいRPG体験をもたらし、大きなインパクトを与えました。

チェインクロニクル3 (チェンクロ) PC キービジュアル

「チェインクロニクル」

2021/10/01から事前登録の受付が開始されています。

事前登録件数と事前登録者数の『選択』により報酬内容が変化(?)するようで、サービス開始時に豪華報酬が全員にプレゼントされます。

事前登録は、下記方法で行われます。
・公式サイトからメールアドレスを入力して事前登録
Google Playから事前登録
App storeから事前登録
公式Twitter(@sin_chronicle)アカウントをフォローして事前登録
公式LINEアカウントを友達に追加して事前登録

シンクロニクル 事前登録特典紹介イメージ

2021/12/15の正式リリースに先駆けて、ゲーム動作の確認やゲームバランスの把握などを目的としたクローズドβテスト(CBT)が実施されます。

CBTは【2021/10/14(木)15:00 ~ 10/21(木)14:59まで】の期間中、実施予定となっており、Android/iOS端末向けに10,000人限定です。

本作をいち早くプレイできるチャンスとなっています。

※予期せず変更する場合がございます
※動作環境:iOS 13.0 以降 / Android OS 8.0 以降

シンクロニクル クローズドβテスト(CBT)紹介イメージ

CBT応募専用サイトはコチラから

世界観や物語

本作のコンセプトは『運命は自ら決める。選ぶチャンスは一度きり』なので、各章のクライマックスで運命を決める究極の二択を迫られ、その決断がその後の壮大なストーリーに影響していきます。

大地に開いた謎の大穴『奈落』と、そこから湧き出す魔物『黒の軍勢』、プレイヤーは『境界騎士団』の若き隊長として、それらの脅威と戦っていきます。

共に歩んだ仲間たちから誰が生き残り、誰が死ぬのか、プレイヤーの選択で、自分だけの物語が紡がれていきます。

シンクロニクル 世界観紹介イメージ

ストーリー
「へルドラ」。
そこは滅びが約束された世界。

大陸の中心に開いた巨大な大穴「奈落」から、黒の軍勢と呼ばれる魔物が無限に這い出し、地上を脅かし続けていた。

人類は、奈落を囲む巨大な障壁を築き、これを防いできた。
奈落と地上の境界である大障壁を守る騎士たち。
彼らは、「境界騎士団」と呼ばれた。

深淵より湧き上がる瘴気の嵐雲。
歴史上、幾度となく繰り返されてきた黒の軍勢による大侵攻「蝕」。

へルドラ新暦491年。
未曽有の蝕が襲い来る中、新人騎士であるあなたも壁の防衛にあたることとなる。
激戦の壁上より、物語は始まる――

公式サイトより

シンクロニクル ストーリー紹介イメージ

▼『奈落』

人類が治める大地・へルドラ大陸の中心に開いた巨大な縦穴。

奥底からは、闇色の魔物『黒の軍勢』が絶えず湧き出してくる。中は瘴気で満たされ、人間にとって厳しい環境となっている。

シンクロニクル 『奈落』紹介イメージ
シンクロニクル 『奈落』の構造紹介イメージ

▼『黒の軍勢』

奈落の底から湧き出す、異形の魔物。

明確な意思は持たず、本能で死と破壊を振りまく。

奈落には、黒の軍勢以外の魔物も生息している。

シンクロニクル 『黒の軍勢』紹介イメージ

▼『蝕』

遥か昔から繰り返される、黒の軍勢による地上への大侵攻。境界騎士団が一丸となり、人類の存亡を賭けた戦いが行われる。

騎士たちにとって、最終防衛ラインである大障壁の守護は、最重要任務のひとつ。

シンクロニクル 『蝕』紹介イメージ


『境界騎士団』

『境界騎士団』は、奈落を囲む大障壁に砦を築き、黒の軍勢の侵攻から地上を守る者たちです。

へルドラ大陸中から、出自・身分の境なく様々な人間が集い、『奈落』から湧き出てくる黒の軍勢から人類を守り続けている組織で、4つの方面の大騎士団に分かれています。

彼らが黒の軍勢に敗北すると、人類滅亡は避けられない。組織内に清濁様々な思惑を抱えながらも、人類救済のため彼らは戦い続ける。

シンクロニクル 『境界騎士団』所属メンバー紹介イメージ
シンクロニクル 『境界騎士団』が戦う紹介イメージ

すべての『境界騎士』は、左腕に『籠手』を装着しています。

簡単には外せないので、防御力は高いのですが、内部には毒針が仕込まれており、脱走者や、蝕の際の敵前逃亡が起きると、上官の判断により死がもたらされるとのこと……。

シンクロニクル すべての『境界騎士』が装着する『籠手』紹介イメージ

『騎士団』には『隊服』と呼ばれる共通の衣装があり、東西南北の各騎士団それぞれで特色があります。

南方騎士団は黒を基調に、北方騎士団は白を基調にした隊服など。

そして、ベテラン騎士さんは自分をアピールするために、改造して原型がないこともあるみたいです。

シンクロニクル 『共通の衣装』紹介イメージ

▼『南方大騎士団』

奈落の四方を守護する大騎士団のひとつ。ヘルドラ南方エリアは、肥沃な大地に、様々な人種や小国がひしめく。

境界騎士たちも同様に、さまざまな職業、出自の者が集う。

使命感に満ちた者、食べるために騎士となる者、掟にしたがって騎士となる者、奴隷として売られてきた者、罪人……。

隊長であるプレイヤーは、生き方も信念も異なる様々な隊員たちを率いて奈落へと赴くこととなる。

シンクロニクル 『南方大騎士団』紹介イメージ

南方大騎士団 団長:リーハン(CV:緑川 光)
南方大騎士団 ヴィオレット隊 隊長:ヴィオレット(CV:折笠 愛)

▼『北方大騎士団』

奈落の四方を守護する大騎士団のひとつ。北方エリアは、かつてヘルドラ全土を治めようとした大帝国の末裔たちが統治している。

境界騎士も、幹部となる者は貴族社会で生きてきた人間で占められる。

また、北の果てには、ヘルドラで広く信じられる『六柱の神』の聖域が存在しており、政治・宗教の画面で強い影響力をもつ。

シンクロニクル 『北方大騎士団』紹介イメージ

北方大騎士団 団長:カンパネルラ(CV:???)

▼『西方大騎士団』

奈落の西方にある研究都市、そこを拠点とする結社の魔導師たちを中心に構成される騎士団。

黒の軍勢、そして奈落の真理を解き明かすことこそが人類を救うための唯一の道と信じ、研究と実戦を繰り返している。

騎士団には、魔導士たちのほか、研究を助け成果を金に換える商人たちや魔法実験の被検体などが所属している。

シンクロニクル 『西方大騎士団』紹介イメージ

西方大騎士団 団長:デューイ(CV:???)

▼『東方大騎士団』

帝国が滅びるまで抵抗を続けた『東方大君領』の者たちが所属する騎士団。

魔法とは異なる技術、道(タオ)と呼ばれる力を極めることにより仙人と呼ばれる、人間とは異なる肉体をもつ存在へと変化を遂げた者たちが多く在籍する。

仲間の屍を越え、その魂を受け継ぎ、個の力を磨いた先に、奈落の深淵へと至ることができると考えている。

シンクロニクル 『東方大騎士団』紹介イメージ

東方大騎士団 団長:シンラ(CV:???)

ゲームシステム

本作は「チェインクロニクル」シリーズの後継作となっているので、続編と思われがちですが、本作は、まったく新しい世界観、物語、ゲームシステムを楽しむことができます。

毎日気軽に遊べるスマホゲームは、暇つぶしゲームや放置ゲーも多くあるので、家庭用ゲーム機ほどの感動も薄いと思われがちですが、本作は、一生心に残るような、思い出になる体験をしていだけるよう、スマホに最適化された形で用意しているとのことです。

シンクロニクル 奈落探査に挑む物語紹介イメージ

プレイヤーは、南方騎士団 第十七探索騎士隊の隊長として『奈落探査』に挑むことになります。

主人公であるプレイヤーが結末を選ぶRPGとなっているので、各章のクライマックスで迫られる、究極の2択の選択はやり直せません。

誰が生き残り、誰が死ぬのか、全てはプレイヤーの選択次第という真のロールプレイングが楽しめます。

選ぶチャンスは一度だけの運命の2択だからこそ、指が震え、魂が震えます。

シンクロニクル 究極の2択紹介イメージ

▼絆で切り開く『運命の扉』

各章のクライマックスに登場する『運命の扉』による決断時には、仲間の数々の絆が活路を切り開く『鍵の言葉』となり、プレイヤーの決断を後押しします。

シンクロニクル 選択肢スクリーンショット

選んだ仲間と、自分だけの物語、一本道ではない、一度きりの体験が味わえるセガの新作RPGとなっています。

全てのキャラクターにストーリーがあり、旅路を共に歩む仲間次第で物語の行く末に影響を与えるので、自分だけの物語が展開されます。

運命を彩る、登場人物なのですが、悠木碧さんが見た目、性格が異なる『セラ』と『クロエ』ダブルヒロインを一人二役で熱演します。

主人公は『セラ』と『クロエ』と物語のはじまり、激戦の中で出会うことになるので、2人と歩む冒険の旅路は、どんな物語になるのか、自身の目で確かめてみてください。

シンクロニクル ダブルヒロイン『セラ』と『クロエ』紹介イメージ

主人公が騎士団隊長になる以前の任務で転落した奈落の深部で発見した謎の書物『クロニクル』には、自称『大精霊』を名乗る相棒『ミュトス』が封印されていました。

偶然見つけた書物に封印されていた精霊『ミュトス(CV:井澤 詩織)』と出会い大きく運命が動き出します。

ミュトスは、大精霊を自称していて、他の精霊さんとは比べ物にならない加護の力をもっているのですが、お話ができる精霊さんてミュトスだけかもしれません。

大精霊かは分かりませんが、特別な精霊であることは間違いなさそうです。

見応えある物語はもちろん、坂 泰斗さん、悠木 碧さん、井澤 詩織さん、黒木 ほの香さん、中村 悠一さん、花澤 香菜さん、諏訪部 順一さん、伊瀬 茉莉也さん、杉田 智和さん、折笠 愛さん、緑川 光さんなど豪華声優陣が参加しています。

シンクロニクル 謎の書物『クロニクル』紹介イメージ
シンクロニクル 様々なシナリオ紹介イメージ

本作のバトルシステムは、しっかりとしたアクション演出が楽しめるスピード感溢れるターン制バトルとなっています。

立ち絵は、美麗なイラストで描かれていますが、キャラのアニメーションも盛り込まれ、フィールドやバトルに登場するキャラは奥行きや立体感溢れる3Dで表現されています。

広大なフィールドを自由に歩み、武器をハック&スラッシュできる高品質なRPGを楽しみましょう!

シンクロニクル 3Dの広大なフィールド紹介イメージ

クロニクルが見せる『死の幻視』は、主人公や仲間たちの身にふりかかる『死の未来』の可能性をみせます。

さらに、運命を左右する『魂の言葉』は、『死の幻視』とともに、クロニクルには、その滅びをまねく『運命の言葉』が浮かび上がります。

その『運命の言葉』は、メインストーリーの中で、その意味が徐々に明らかに。

仲間との絆で『運命の言葉』が死の原因から希望の源に書き替わります。

シンクロニクル クロニクルが見せる『死の幻視』紹介イメージ
シンクロニクル 運命を左右する『魂の言葉』紹介イメージ

宝箱から、敵からドロップによって『武器装備』を獲得することができます。

ダンジョンで獲得できる武器は同じ名前でも、レアリティにより、攻撃力や付与されている特殊能力が異なるので、より良い装備を求めてダンジョン/奈落に潜ります。

キャラによって長所を伸ばしたり、短所を補うように装備できます。

シンクロニクル 『武器装備』紹介イメージ

さらに、自分だけの物語の結末をTwitterなど、SNSでみんなにシェアして繋がることもできます。

3Dのフィールドやダンジョンを進めながら、物語を進め、武器・防具などのやりこめる強化要素をはじめ、『キャンプイベント』で仲間たちと交流することもできるようです。

一人ひとりの体験がつながって、大きな物語と成していきます。

シンクロニクル Twitterでみんな繋がることができる紹介イメージ

数々の話題作を手掛ける気鋭の作曲家ケビン・ペンキン/Kevin Penkin氏が本作のメインコンポーザーを担当しています。

伊藤 賢治 氏、浜渦 正志 氏、下村 陽子 氏、甲田 雅人 氏、光田 康典 氏、古代 祐三 氏などの伝説的なタイトルを手がけた面々をゲストコンポーザーに迎え、各章のクライマックスBGMを手掛けています。

RPGファン待望の豪華コンポーザー陣が夢の共宴を楽しめます。

スマホRPGの革新作『チェンクロ』を生み出したセガが再び、ストーリーRPGで革命を巻き起こします。

シンクロニクル メインコンポーザー紹介イメージ
シンクロニクル ゲストコンポーザー紹介イメージ


キャラクター

▼『主人公』CV:坂 泰斗

運命を選び取る“あなた”の分身。まだ若い、新人の境界騎士。未曾有の『蝕』から大障壁を守る戦いに、初陣として参加する。

戦いの中で、奈落を彷徨うこととなり、そこで手に取った謎の書物『クロニクル』と、クロニクルに封印されていた精霊ミュトスとの出会いにより、大きく運命が動き出すこととなる。

シンクロニクル キャラクター『主人公』紹介イメージ

そして蝕の戦いの後、奈落を攻略する探査騎士隊の隊長に任命され、多くの仲間たちとともに、奈落の決死行へと挑む。

▼『セラ』CV:悠木 碧

非情な世界で正義を貫く少女。物語のはじまり、『蝕』の最中に出会った騎士。主人公たちと、蝕の戦いをもとに戦い抜く。

北方の出身らしいが、理由があって南方大騎士団に転属して来たばかりらしい。

シンクロニクル キャラクター『セラ』紹介イメージ

主人公とは古い知り合いのようだが……?

▼『クロエ』CV:悠木 碧

非情な世界だからこそ、理想を追い求める少女。物語のはじまり、奈落の狭間で出会った。

主人公と出会う前の記憶を失っている。

シンクロニクル キャラクター『クロエ』紹介イメージ

謎の書物『クロニクル』とも何らかの関わりがあるようだが……?

▼『ミュトス』CV:井澤 詩織

大精霊を自称する頼れる相棒。謎の書物『クロニクル』に封印されていた精霊。封印を解いた主人公を相棒と認め、力を貸してくれる。

境界騎士は、奈落の瘴気を防ぐために、精霊と契約してその加護を受けるがミュトスは非常に強い加護の力を有している。

シンクロニクル キャラクター『ミュトス』紹介イメージ

自らを大精霊と自称しているが、その真偽は不明。

▼『マーヤ』CV:黒木 ほの香

自由を夢見る蛮族の少女。とある部族の島から騎士団に送られてきた少女。

彼女の部族は男女問わず、生まれつき身体能力が高く、古くから各国に雇われ傭兵として重宝されてきた。

シンクロニクル キャラクター『マーヤ』紹介イメージ

いつか騎士団を抜け、世界中を旅するのが夢。

▼『リオン』CV:諏訪部 順一

コロシアムで戦っていた元闘士です。好戦的な性格で、闘士のお仕事は好きだったようです。

シンクロニクル キャラクター『リオン』紹介イメージ

何か理由があって騎士になったみたいなんですが……。

▼『ビスケ』CV:伊瀬 茉莉也

魔具を操る訳アリ銃士。魔具の名前はピーちゃん。見た目も小鳥さんみたいで可愛いです。でも、どんな魔具なのかはまだ調査中です。

シンクロニクル キャラクター『ビスケ』紹介イメージ

ビスケさんが持ってる丸いものに秘密がありそうな気が……。

▼『アンネ』CV:花澤 香菜

まだ幼いアンネですが、精霊と契約して加護も得ている有望な騎士です。唯一の肉親である母親を『黒の軍勢』によって失うという辛い過去があります。

シンクロニクル キャラクター『アンネ』紹介イメージ

幼い彼女が騎士になった理由は何なのか、調査しないとですね。

▼『リーハン』CV:緑川 光

南方大騎士団をまとめる騎士団長。鬼神のような強さで、自ら戦いの先頭に立つこともある。

シンクロニクル キャラクター『リーハン』紹介イメージ

様々な出自を持つ騎士が集まる南方において、絶大な信頼を得ている絶対的なカリスマ騎士団長です。

▼『ヴィオレット』CV:折笠 愛

南方大騎士団 ヴィオレット隊の隊長で、本作をプレイする隊長のみなさんが初めて所属する隊です。

シンクロニクル キャラクター『ヴィオレット』紹介イメージ

剣の腕前、戦闘の経験、指揮、どれをとっても南方大騎士団指折りの、すこい騎士隊長さんです。
シンクロニクル フッターイメージ

「シン・クロニクル」の事前登録に参加する
Copyright (C) SEGA. All Rights Reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム