PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

Crucible(クルーシブル)新作

リリース日:2020/05/21

ECサイトAmazonのゲームスタジオ初となる大作となる対戦型のオンラインアクションシューティングゲーム!

「Crucible(クルーシブル)」は、2020/05/21よりPC向けに配信開始した新作MOBAです。Amazonの誇るインフラ機能が組み込まれたエンジン、リアルなグラフィックスで楽しめる新作MOBA!人類が認知している宇宙の端にある惑星を舞台に、12人のプレイヤーが参戦する対戦がメインになったオンライン専用のサバゲーです。プレイヤーは、多彩なスキルを持つ『ハンター』を選択し、仲間と一緒に様々なゲームモード毎に設定された勝利条件を達成し勝ちを収めていきます。他プレイヤーとの対戦が楽しめるPvPとPvEが融合され、アクション、シューティング、戦略、育成と言った要素を一気に楽しめます。

注目トピックス
2020/05/22

2020/05/21から正式サービスが開始しました。

「Crucible(クルーシブル)」をさっそくプレイしてみる!

目次

PvPとPvEが融合したオンライン専用の新作チームシューターTPS!

「Crucible(クルーシブル)」は、Amazonが満を持して放つPC向け新作サバイバルゲームです。

ちなみに配信は、PC向けゲームプラットフォームのSteamから配信が予定されており、日本でもプレイ可能ですが、日本語は非サポートとなっています。

まず、PCでプレイ、オンライン専用、日本語不可という時点で、プレイする人はかなり限られてはくるのですが、やはりあのAmazonが沈黙を破ってのリリースとなる結構注目度高いタイトルとなるので、ご紹介していきます。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※対応言語:英語/フランス語/イタリア語/ドイツ語/スペイン語/ポーランド語/ポルトガル語/スペイン語

Crucible(クルーシブル) キービジュアル

ゲームエンジンは、Crytek社からライセンスを受け同社のCryEngineをベースとした『Amazon Lumberyard』が採用されているので、Amazonの誇るインフラ機能が組み込まれたエンジンとなっているのはもちろん、リアルなグラフィックスで楽しめます!

また、Amazonから提供されているクラウドサービス『Amazon Web Services』、および『Twitch』との連携機能を備え、さらに、クロスプラットフォーム対応をサポートしているとのことです。

Crucible(クルーシブル) 美麗グラフィックスなバトルスクリーンショット
Crucible(クルーシブル) ド迫力アビリティバトルスクリーンショット

本作は、人類が認知している宇宙の端にある惑星を舞台に、12人のプレイヤーが参戦する対戦がメインになったオンライン専用のサバイバルアクションゲームです。

他プレイヤーとの対戦が楽しめる『PvP(対人戦)』と『PvE(対エネミー戦)』が融合された、アクション、シューティング、戦略、育成と言った要素を一気に楽しむことができる新作MOBAです。

※背後からの視点・三人称視点が採用されたTPSチームシューター

Crucible(クルーシブル) フィールドを駆け抜けるスクリーンショット

プレイヤーは、多彩なスキルを持つ『ハンター』と呼ばれる10人のキャラを選択し、仲間と一緒に様々なゲームモード毎に設定された勝利条件を達成し勝ちを収めていきます。

各『ハンター』には、専用武器、アビリティスキルが設定されています。

ステージ中にいるエネミー『AIクリーチャー』を倒すと『Essence(エッセンス)』が入手でき、これを活用して『ハンター』のパワー&アビリティをレベルアップさせていくことで徐々に性能が上昇していきます。

Crucible(クルーシブル) 『ハンター』と呼ばれるキャラクタースクリーンショット
Crucible(クルーシブル) 広大な宇宙フィールドを舞台にした対戦バトルスクリーンショット

『ハンター』によって、ブーストで飛行したり、ちょこまかとワープしたり、フックでオブジェクトの隙間を縫うように高速移動したりと、多彩なアクション移動で楽しめます。

バトルも従来の接近バトルのように剣で戦う『ハンター』がいれば、バリアを展開して対峙する『ハンター』がいたりと、かなり個性豊かなバトルが繰り広げられます。

Crucible(クルーシブル) バリアを展開して対峙する『ハンター』スクリーンショット
Crucible(クルーシブル) バズーカで攻撃する『ハンター』スクリーンショット

本作は、試合展開が早めなチームベースの対戦型アクションシューティングゲームとなっているので、バトルで優位に立つには、開幕から敵や相手プレイヤーに突っ込み倒していくという訳ではなく、刻々と変化していく戦場フィールドの舞台となる惑星、そして敵対しているチームの戦術に対応しつつも、常に自分達のチームが連携を取り、上手上手で戦術で進めたり、常に戦略を練り、臨機応変に対応できるか勝利には重要となってきます。

Crucible(クルーシブル) 臨機応変に対応できるか重要になるバトルスクリーンショット


ゲームモード

「Crucible(クルーシブル)」の配信日には、現時点で3種のゲームモードが実装予定となっています。

どのゲームモードでもチーム対戦となってはいるのですが、各ゲームモードによってチーム人数やチーム数が異なり、プレイヤーのプレイ環境に応じて参加するゲームモードを選んでいくことができます。

Crucible(クルーシブル) スニークバトルスクリーンショット

▼『Alpha Hunters』

・人数:2人1組のチームが計8チーム参加可能

8チームが最後の1チームになるまで戦い続けるPvP方式のバトルロイヤルモード。

Crucible(クルーシブル) 2人1組チームスクリーンショット

最後の1人になるまでチーム同士で戦闘を繰り広げます。

▼『Heart of the Hives』

・人数:4人1組のチームが計2チーム

2チームに分かれるPvP・PvE方式の対戦モード。

Crucible(クルーシブル) 4人1組のチームスクリーンショット

マップを徘徊する巨大ボスのエイリアン『ハイブ』が登場し、そのボスを倒すことでドロップする“ハイブの心臓”を3つ先取したチームの勝利。『ハイブ』の危険な猛攻から生き延びながら、相手チームより素早く倒せるかがカギとなっています。

▼『Harvester Command』

・人数:8人1組のチームが計2チーム

2チームに分かれて互いに相手陣地を奪い合うキャプチャーザフラッグ型のPvPモード。

Crucible(クルーシブル) 『ハンター』アビリティ発動スクリーンショット

マップに点在する“ハーベスター”という『エッセンス』と呼ばれる制御するマシンを制圧し、それによって発生するポイントを100点先取したチームが勝利します。

スぺック / 動作環境

2020/05/07が最終確認日となるので、プレイ前には公式サイトでご確認ください。

Windows動作環境 必須環境 推奨環境
Windows OS Windows 7 64-bit Windows 10
CPU Intel i5-3570またはAMD FX-6300 以上 Intel i5-6500(3.2 Ghz) またはAMD Ryzen 3 2200G
メモリー 8 GB
グラフィックボード GTX 660または、ATI Radeon HD 6950 以上 GTX 1060または、Radeon RX 570
ドライブの空き容量 15 GB 以上
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続
DirectX DirectX バージョン11

Crucible(クルーシブル) フッターイメージ

「Crucible(クルーシブル)」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) 2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. All rights reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム