PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

War Thunder(ウォーサンダー)WT

PC リリース日:2016/08/09

リアルな陸・海・空バトルがMacでも楽しめるFPS・TPSアクションゲーム!

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」は、ガイジンエンターテインメントが開発・運営を行い2016/08/09に正式サービス開始したミリタリーFPS・TPSアクションゲーム第二次世界大戦時に使用された兵器が見事に再現されているので、実在した戦闘機で陸・海・空戦が楽しめます!デカールと特別な3Dデカールでカスタマイズすることも可能ですし、現在プレイ中の方も既存アカウントと日本正式版のデータを同期させる事も可能です。元々のグラフィックスエンジンを改良している為、反射を含む環境の中でのオブジェクトの面に対する正確な光の射し方など、細部までかなりこだわって制作されています。

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」をさっそくプレイしてみる!

目次

ユーザー数は約1000万人超え!世界で遊ばれるミリタリーFPS・TPSアクション!

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」は、第二次世界大戦時に使用された実在の航空機や戦車を操作して地上戦・上空戦を楽しめるFPS・TPSアクションMMOです。

登場する兵器が忠実に再現されたガイジンエンターテインメントが開発・運営を行う人気のミリタリー系FPS・TPSアクション・シミュレーションゲームが、2016/08/09遂に日本正式サービスを開始しました!

2020/06/10にどのようなデバイスでも遊べるクラウドゲーム用のプラットフォーム『GeForce NOW』がリリースされ、本作は『GeForce NOW』で遊べるので、インストール・ダウンロードせずに遊ぶことができます。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※プレイには、GeForce NOW(ジーフォースナウ)やDMMゲームズアカウント、Steamなどプレイプラットフォームアカウントが必要になります

WarThunder(ウォーサンダー)WT イメージ画像1

デカールと特別な3Dデカールでカスタマイズすることも可能ですし、現在プレイ中の方も既存アカウントと日本正式版のデータを同期させる事も可能です。

※デカールは、機体に好きなデザインや模様をつけるステッカー状の物がデカール
※3Dデカールは、通常デカールと異なり3Dオブジェクトを機体に設置する事ができる特殊デカール

WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘機 口にデカール
WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘機 全体デカール


無料で遊べる『GeForce NOW』とは

本作は、『GeForce NOW』で遊ぶことができるので、『GeForce NOW』で遊ぶ方は、ゲームのダウンロードやインストールを行うことなくプレイできます。

最初にお伝えしておきますが、筆者も実際に遊んでみましたが、最初に登録さえしてしまえば、あとはスゴイ楽にプレイできます!

しかも、アプリ版でもブラウザ版でもグラフィックが驚く程キレイですし、無料プランでもサクサク動いて、ラグもなかったので、個人的にめちゃめちゃおすすめです!

『GeForce NOW』をプレイできる実機は【Mac PC、Windows PC、iPhone、Android、PCブラウザ】となっています。

※ゲームタイトルによって、『GeForce NOW』とは別のアカウント作成を要求されるタイトルもあります

GeForce NOW Powered by SoftBank キービジュアル
GeForce NOW Powered by SoftBank ストリーミング形式のゲーム特徴紹介イメージ

上記でもチラっと明記しましたが、本作は、NVIDIAが提供する仮想 GPUを用いたストリーミングで遊べるので、ゲームをダウンロード・インストールすることなく遊べます!

まずは気になる金額『プラン』からご紹介していきます。

『フリープラン』の場合無料なので、1回あたりのプレイ時間は1時間迄であったり、『プレミアムプラン』に比べて混雑時にアクセスしにくい場合があったりしますが、プラン変更はいつでもできますし、サクッと短時間だけ遊びたい人は、問題なく遊べると思います。

料金プラン フリープラン プレミアムプラン
料金価格 月額無料[0円] 月額 1,980 円(税込)
連続プレイ可能時間 1時間 6時間
混雑時の接続 通常接続 優先接続
RTX On 非対応 対応

現時点(2021/08/24)で有料ゲーム、無料ゲームが1,000タイトル以上用意されており、続々追加されています。

80作品以上の無料ゲームで遊ぶことができるので、『フリープラン』を登録したら何も購入せず無料ですぐにゲームを始められるのも『GeForce NOW』の特徴です。

GeForce NOW Powered by SoftBank ゲームタイトル紹介イメージ

RTX On(リアルタイムレイトレーシング)は、映画のような画質で楽しめるグラフィックに対応しているかどうかになります。

RTX OFFでも違和感ない程キレイなのですが、RTX Onと比較すると水面に映る光や影など、本物みたいです!

対応タイトルであれば、より臨場感あふれるゲームの世界観を体験できます。

GeForce NOW Powered by SoftBank 『RTX On』比較スクリーンショット
GeForce NOW Powered by SoftBank 『RTX OFF』『RTX On』比較スクリーンショット

NVIDIA RTXによるリアルタイムレイトレーシングに対応したプレミアムプランの『RTX On / OFF比較』

グラフィックス

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」の特徴にもなっているのが兵器再現度などのクオリティ高いグラフィックスです。

元々のグラフィックスエンジンを改良している為、木、鉄鋼、ゴムやガラスなどの素材、光の拡散、反射を含む環境の中でのオブジェクトの面に対する正確な光の射し方など、細部までかなりこだわって制作されているので、めちゃめちゃリアル!

WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘機
WarThunder(ウォーサンダー)WT 雪国での戦車バトル

遊べる戦車のランクが増えている中、 色々な国の戦車が続々と実装されており、戦車だけでも200両以上!

チャーチルIII型など有名戦車・兵器はほとんど実装されているので、ミリタリー好きには楽しめるオンラインゲームです!

こういった実在戦車の再現度も凄く、ゲームに登場する兵器を限りなく正確に再現するため、兵器に関連する博物館や設計図、 さらには技術者の方々などから情報を得ているとのこと。

WarThunder(ウォーサンダー)WT 戦車両

バリエーションが豊富な戦車の場合、正確に再現するのに情報収集だけで3ヶ月以上かかる戦車もあるそう……。

数ヶ月かけてでも正確に再現する事を突き詰めるこだわりっぷり!

WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘機【爆撃機】
WarThunder(ウォーサンダー)WT マップ【ロシア ノヴォロシースク・ポート】


【陸・空】で楽しめる3種のゲームモード

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」は、戦車同士の地上戦、航空機同士の上空戦、戦艦同士の海洋戦が楽しめます。

FPS的な感じだったり、TPS的な感じだったりとプレイフィールが異なる3つのゲームモードが存在しており、あまりリアルなミリタリーシミュレーションゲームをした事がないようなライトなプレイヤーから、リアルさを追求したいコア層まで、様々なプレイヤーが楽しめるモードが用意されています!

WarThunder(ウォーサンダー)WT ゲームモードイメージ

▼3つのゲームモード

・『アーケードバトル (AB)』:簡単な操作で軽快に戦場を駆け巡る事ができるモード
・『リアリスティックバトル (RB)』:リアリティとゲーム性を兼ね備えたモード
・『シミュレーターバトル (SB)』:本物さながらの操縦技術が求められるモード

また、3つのゲームモードは対戦毎に切り替えられるので、サクっと気軽にプレイできます!

WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘
WarThunder(ウォーサンダー)WT 左:マップ【ロシア ノヴォロシースク・ポート】、右:マップ【チュニジア】
WarThunder(ウォーサンダー)WT 砂漠の戦場【エル・アラメイン】

さらに、海上戦が楽しめるイベントが開催されるなど遊び心も満載です!

渡海する環境に重要となる気象条件も実装。

もちろん海上戦でもリアルを追及し、天候を平穏な状態から暴風の天候に変更することもできたり、伝説的なガレオン船である“ゴールデン・ハインド号”で失った島の海岸で戦闘できたりと、地上・上空戦とはまた別の世界観で、気分に合わせて飽きる事なく長く遊べます!

WarThunder(ウォーサンダー)WT 左:イギリス帆船、右:海上戦
WarThunder(ウォーサンダー)WT 歴史的な海洋戦が楽しめるイベント・アーケードモード(AB)


登場兵器【航空機と戦車】のタイプ・種別

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」には、『飛行戦闘機』と『戦車』には各種タイプとスキルツリーがあります!

▼『飛行戦闘機』について

・5つの生産国【アメリカ、ドイツ、ソビエト連邦、イギリス、日本、その他】
・3種のタイプ【戦闘機 (Fighters)、攻撃機 (Attackers)、爆撃機 (Bombers)】

その他、報酬航空機 (Premium aircraft)、ボーナス航空機 (Bundle & Gift aircraft)があります。

WarThunder(ウォーサンダー)WT 戦闘機と攻撃機の空戦
WarThunder(ウォーサンダー)WT 左:爆撃機の爆撃投下、右:操縦席
WarThunder(ウォーサンダー)WT FPS型コックピット

第2次大戦中、日本軍唯一の量産型水冷式戦闘機である“Ki-61”なども実装されており、高いレベルで再現された実在の飛行戦闘機を操作できるのも本作の醍醐味です!

▼『戦車』について

・4つの生産国【アメリカ、ドイツ、ソビエト連邦、イギリス、その他】
・5種のタイプ【軽戦車 (Light Tanks / LT)、中戦車 (Medium Tanks / MT)、重戦車 (Heavy Tanks / HT)、駆逐戦車 (Tank Destroyers / TD)、 対空戦闘車両 (Anti Aircraft Vehicles / AAV)】

その他、報酬戦車 (Premium vehicles)、ボーナス戦車 (Bundle & Gift vehicles)があります。

WarThunder(ウォーサンダー)WT 砂漠の戦場
WarThunder(ウォーサンダー)WT 左:対空戦闘車両の狙撃、右:イギリス戦車
WarThunder(ウォーサンダー)WT 戦車防衛

上記画像はゲーム内スクリーンショットなのですが、グラフィックエンジンを改良したり、兵器実装まで数か月単位で時間をかけたりしているのも頷ける綺麗さ!

兵器のゴツゴツやマットやエナメルなど質感までしっかりと再現されるなど、再現度のレベルが高い実装戦車 200両以上、飛行戦闘機も豊富です。

世界で1000万人以上にプレイされている「WarThunder(ウォーサンダー)WT」のレビューをしてきました。

WarThunder(ウォーサンダー)WT イメージ画像2

現在も尚、各時代のものや国の兵器が続々と追加されています!

従来のFPSやアクションTPSでは戦車のみ、海上戦のみ、のものが多いと思いますが、本作では【陸・海・空】をプレイフィールまで変えて高い次元でカバーできているのが印象的!

マップ数も、兵器数も豊富で、グラフィックスも素晴らしいです!

リアルなミリタリー系FPS・TPSアクションを地上・海上・上空でプレイしたい人には、確実におすすです!

WarThunder(ウォーサンダー)WT 飛行戦闘機 パラシュート
WarThunder(ウォーサンダー)WT 戦車接近戦闘


スぺック/動作環境

FPS・TPSアクション「WarThunder(ウォーサンダー)WT」は、Macでもプレイできます。

最終更新日は2016/07/17なので、プレイ前には公式サイトでご確認ください。

動作環境 必須環境 推奨環境
Windows OS Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10 Windows 7 64bit / 8 64bit / 10 64bit
Mac OS 10.9 Mavericks 10.9.2 Mavericks
Win CPU 2.2 GHz Dual-Core 2.4 GHz
Mac CPU Dual-Core 2.4 GHz Intel Core i7
メモリ 4 GB 8 GB
グラフィックカード Intel 4000 HD / Radeon HD 5550 / GeForce 8800 Win: GeForce GTX 460 以上 / Radeon HD 55XX 以上
Mac: GeForce GTX 680M 以上z
HDD 3 GB 以上 11 GB 以上

「War Thunder(ウォーサンダー)WT」をさっそくプレイしてみる!
Published by (C) DMM GAMES. (C) 2016 Gaijin Distribution KFT. All rights reserved.

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら