オンラインゲームPLANET ロゴ

最終更新日:

投稿日:2016/01/05

Pocket

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」戦艦マニア達が開発した“艦船好き”に贈るオンライン海上アクションストラテジー!大和や武蔵も登場する本格海戦バトル!

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) サムネイル

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」は、2015/07/02に正式サービスを開始したPC向けオンライン海戦ストラテジーゲームで、日露戦争頃から第二次世界大戦終結後の冷戦初期(1904~1955年)頃までの実在した戦艦を使ってドンパチするRTSTPSです。本物の戦艦のデータを調査したり、展示されている本物の戦艦を実際に見に行っているという戦艦マニア達が勢揃いのWargaming.net社が開発しているので、移動速度から砲撃のスピードまで実在の船艦をベースにリアルに再現されています。日本の有名艦艇“船艦大和”をはじめ、200種を超える様々な国の艦隊が実装されているので、戦艦好きなら確実に楽しめるゲームに仕上がっています。海上ならではの独特のテンポや戦術、船種による役割など、やりこみ要素も高いおすすめの1選です!

スリル満点の海戦アクションストラテジー「ワールドオブウォーシップス」とは?

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」目次

記事が結構なボリュームになっています。
気になる箇所だけ読みたいという方下記目次からクリックしてご覧ください。

▼「World of Warships(WoWs)」の最新トレイラー映像『Wings Over the Water』


世界中の伝説的戦艦を操縦できるオンライン海戦ゲーム!

「ワールドオブウォーシップス World of Warships(WoWs)」は、2015/07/02に正式サービスを開始し、
軍艦・戦艦による海上バトルが楽しめるPC向けオンライン海戦ストラテジーゲームです。
World of Tanks (ワールドオブタンクス WoT)」などを手がけたWargaming.net社が開発したのですが、
「World of Tanks」などと、同一のアカウントが使用でき、システム面においても共通点が多くあるため、
「World of Tanks」をプレイした事ある人は共通点が多く始めやすいタイトルとなっています。
※基本プレイ無料+アイテム課金制

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) メインイメージ

・イギリス海軍の『ウォースパイト(HMS Warspite)』
・日本海軍が建造した史上最大の戦艦『大和』
・アメリカ海軍の戦艦『アイオワ(USS Iowa)』
など、世界中の伝説的艦艇を操作し、様々な戦術を駆使しながら白熱の海上バトルを繰り広げることができます。
現在では大きく分けて4種類の艦種『駆逐艦』『巡洋艦』『戦艦』『空母』が実装されており、
日本やアメリカ、イギリス、ソ連、ドイツ、ポーランド、パンアジア、フランス、イタリア、イギリス連邦など、
日露戦争から、一次大戦及び、二次大戦時代までの200種を超える艦艇が登場します。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 戦艦『武蔵』実装スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 戦艦『武蔵』紹介イメージ

各艦艇は10段階にランク付けされ『Tier1』『Tier2』など呼ばれ
プレイを重ねることで強力な高Tier艦艇を操作事も可能になります。
艦艇には、数種類のオプションが搭載可能なので、出来る限り搭載して性能を底上げしたり、
艦艇に『艦長』を乗せて、艦長スキルで艦艇能力を高めたりしながら、
様々なゲームモードの海上戦を繰り広げていきます。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) フランスの優秀な火力を有する10隻の巡洋艦スクリーンショット


ワールドオブウォーシップス(WoWs) スぺック・動作環境

2018/07/18が最終確認日となるので、プレイ前には公式サイトでご確認ください。
本作は、Windows/Mac PC対応となります。

Windows動作環境 必須環境 推奨環境
Windows OS Windows 7 32-bit Windows 7/8/10 64-bit
CPU Intel Core 2 Duo 2.7 GHz / AMD Athlon II X2 250 3 GHz / Mobile Intel Core i3 2.5 GHz 以上 Intel Core 3rd gen “Ivy Bridge” (Intel Core i5-3570) / AMD Six-Core (AMD FX 6300 3.5 GHz) 以上
メモリー 2GB 以上 4GB 以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce 8800 GT/9600 GT (512 MB) / Intel HD Graphics 4000 (512 MB) / NVIDIA GeForce GT 620M (512 MB) / AMD Radeon HD 4650 (512 MB) 以上 NVIDIA GeForce GTX 550 Ti (1024 MB) / AMD Radeon R7 250Х (1024 MB) / NVIDIA GeForce GTX 560M (1024 MB) 以上
解像度 1280 x 720 以上 1920 x 1080 以上
サウンドカード DirectX 9.0c と互換性があるもの
インストールに必要なドライブの空き容量 60 GB 以上
ドライブの空き容量 35 GB 以上
初期インストール時のファイルサイズ 20 GB 以上
通信速度 1024 Kbps 以上
DirectX DirectX 9.0c

Mac動作環境 必須環境 推奨環境
Mac OS OS 10.7.5 以上 OS 10.10 以上
CPU Intel Core i3 以上 Intel Core i5 以上
メモリー 2GB 以上/ *2.5 GB: 統合型グラフィックを使用した場合 4GB 以上
グラフィックボード Nvidia GeForce 8600M GT / IntelHD 3000 / AMD 4850 HD 以上 Intel HD 5000 / AMD Radeon R9 M370X / Nvidia GeForce GT 640M 以上
解像度 1280 x 720 以上 1920 x 1080 以上
サウンドカード DirectX 9.0c と互換性があるもの
HDD 60 GB 以上
通信速度 1024 Kbps 以上
DirectX DirectX 9.0c

※※注意事項※※
・World of Warships をインストールするには、ダウンロードしたファイルを実行
・インストール・ファイルサイズ: 91.7 MB
・インストール中には、追加で 20.6 GB のファイルがダウンロードされます
・インストールに必要な HDD 空き容量: 61.6 GB
・インストール完了時の HDD 使用量: 35 GB


「World of Warships(WoWs)」恐怖のサイレンが鳴り響く海上バトルシステム!

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」の操作は、キーボート+マウスでプレイするタイプで、
移動関連の[W/A/S/D]キーで移動させ戦闘していくシンプルなものなのですが、
海上は陸地と違い行う隠れる物もないので、
砲撃戦で自分の砲撃をどれだけ着弾させ、敵からの被弾をどれだけ減せるかが重要になっています。
敵の逃げるノット数や方向を予測して攻撃・砲撃する偏差射撃や、回避行動、退避方法など、
海上戦ならではのバトルは、慣れるまで大変で、癖も強く感じますが、スリル満点です。
※艦長を載せるにはまず任務レベルを7まで進める

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 迫力満点の海上バトルスクリーンショット

ゲームスタートすると【日本】と【アメリカ】の艦艇が各一隻ずつ支給されます。
(筆者がプレイだった時は配信直後だった為、上記2国でした)
初期艦隊の威力は強くないので、どんどん戦闘を行って経験値とゲーム内のお金となるクレジットを入手し、
艤装を強化したり、より強い艦船を自分の手で作り上げてみてください。
艤装の種類も豊富な艦船強化はやりこめます。
また、プレイ時は正式サービス開始時だったということもありますが、
現在はドイツ、イギリス、フランス、イタリアなど、各国の戦艦も随時ゲーム内のバランスを調整しながら追加されています。
※チュートリアルがないので、スタートしたら【F1】キーのヘルプで確認するのがおすすめです。

ワールドオブウォーシップス(WORLDofWARSHIPS)WoWs 戦闘開始画面

本作には、下記のバトルモードが用意されています。
・PvE:AI相手(コンピューター相手)にチームを組んで戦う【Coop戦】
・PvP:プレイヤー同士で対決する【通常戦】
通常戦の方が経験値が多くもらえましたが、最初はCoop戦で海上戦に慣れておくとゲーム自体が進めやすくなるので、
Coopでゲームに慣れさせてから通常戦を行うと楽に感じると思います。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) プレイヤー同士で対決する通常戦スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 戦術、ミッションスクリーンショット

本作は、海上“アクション”ストラテジーですが、格闘ゲームやTPSのようなアクションゲームとは異なり
プレイヤーは、海上で戦艦を操縦していくので、海上戦ならではの独特の操作やテンポ感はとても新鮮です。
普段シューティングやFPS・TPS系のテンポ速いゲームで遊んでいる人だと、
若干戸惑うかもしれませんが、慣れれば楽しくなってくること間違いなしです。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 仲間との連携が最重要になる海上バトルスクリーンショット

船は急停止することが不可能なので、
複雑に入り組んだマップなどにある島にぶつかると戦艦がダメージを受けてしまいます。
航路自体も慎重に進めていく必要があります。
基本的に、プレイヤースキルの高い人であっても全戦艦を1隻で倒すことはできないので、
味方や仲間と協力し、戦闘開始時にチャットして進行方向や最初に狙う敵を相談して、
連携を取りながらバトルしていく事が最重要となっています。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 入り組んだ海上のスクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) シナリオモードに登場する小島や島スクリーンショット

ちなみに、味方は緑、敵は赤で表示されるのですが、
味方を攻撃するとペナルティが課せられてしまいますし、何より連携が乱れてしまうので注意していきます。
バトル自体は、ハリウッド映画さながらの魚雷撃ちまくり、冠水しまくりの、激しいバトルが日々繰り広げられます。

ワールドオブウォーシップス(WoWs)海上バトルプレイ風景

また、画面で味方は結構近くに見えていても、実際は1km以上離れているので距離感覚が麻痺してきますが、
こんな時は遠くにいる敵を狙う際に非常に便利で有効的な“砲撃カメラ”を活用することも可能です。
砲撃カメラを覗きながら移動をしていたら、周りの島や味方の船にぶつかってしまうことも……。
※“砲撃カメラ”は[Shift]キーか、[マウスホイール]一番上で動かして砲撃カメラにする

ワールドオブウォーシップス(WoWs)砲撃カメラプレイ風景

自分がプレイをするのはもちろん楽しいですし、プレイヤースキルも向上しますが、
上手い他プレイヤーの戦闘を見るのも非常に有効ですし、本作の醍醐味とも言えます。
個人的に戦艦『大和』同士の直接対決には、テンション上がってしまいます。

ワールドオブウォーシップス(WoWs)他のプレイヤーの海上戦


「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」の200種以上の戦艦

ここまで海上戦をメインに紹介してきましたが、艦船の中にも種類沢山があり、それぞれ特徴が違うので、
プレイの際は『どの種類の船にしよう?』と心行くまで悩んでみてください!
どうしてもどの戦艦がいいか決断できない時は、
公式サイトでログインした状態で『プレイヤー』を選択することでこれまでの自身の戦績を確認することができるので、
戦績の勝率の高い戦艦を選択するという手もあります。
自分の好きな戦艦と自分に合った戦艦が案外違っていたり、苦手としていた戦艦との勝率が高くなっていたりと、
データとして自身のプレイ状況を振り返ることが可能です。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 自分の船で出撃する海上バトルスクリーンショット

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」には、世界の有名艦艇が登場し、
憧れの伝説的な艦隊を操作できるのも本作の魅力となっています。
開発元のWargaming.net社は、実在している戦艦がモデルの場合、本物の戦艦のデータを調査し、
展示されている場合はその戦艦を実際に見に行くなどしてしてゲームに落とし込んでいるというこだわりっぷりです。
その他『if』的な設定の戦艦もあるので、
『もしもこの戦艦が沈められていなければ、将来的行われたであろう改修』などを考えながら、戦艦を追加しているとのこと。
その他にも、プレイヤーからの『この船がほしい』と言った要望から、
『なぜ○○はゲームに出てこないの?』など言った要望も寄せられるため、
随時ゲームバランスを調整しつつ追加しているとのことです。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) イギリス戦艦『ベルファスト』スクリーンショット

4種類の艦種『駆逐艦』『巡洋艦』『戦艦』『空母』が実装されており、
日本やアメリカ、イギリス、ソ連、ドイツ、ポーランド、パンアジア、フランス、イタリア、イギリス連邦など、
日露戦争から、一次大戦及び、二次大戦時代までの200種を超える艦艇が登場しているので、ご紹介していきます。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) フランス艦隊Tier10『HENRI  Ⅳ』スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) ドイツ艦隊Tier6『Ernst Gaede』、日本艦隊Tier7『白露』スクリーンショット

▼駆逐艦
実装数:62艦艇
駆逐艦は、小型で軽快な船種です。
大胆不敵に行動し、時には狡猾に待ち伏せ、魚雷で航空母艦や戦艦を狩る。
速力と高い機動性、隠蔽性が特長で、偵察や陣地占領をメインに行います。
その他、重要な要素となる索敵や、敵の侵攻ルートを探るなど、
ゲームモードによっては、駆逐艦が勝敗の行方を握るものもあります。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 『駆逐艦』紹介イメージ


▼戦艦
実装数:54艦艇
艦隊の主要な攻撃力であり、最も暑い装甲と強力な主砲を誇る巨艦。
その巨体は多大な被弾に耐え、その主砲はあらゆる敵艦を1-2斉射で撃沈し得る威力を有している。
艦によっては機動力が低く、主砲の再装填に時間を有する。
一撃が非常に重要なので、計画性と慎重性のある戦いが要求される。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 『戦艦』紹介イメージ


▼巡洋艦
実装数:94艦艇
様々な戦術に対応可能な凡用艦種。
戦艦にも通用する砲性能、駆逐艦にも対応可能な速力・旋回性能、航空攻撃から艦隊を守るなど、
攻防どちらにおいても欠かせない万能艦的な存在。
艦特性や戦況で臨機応変に様々な役割を担うことができるため、
プレイヤースキルが求められる艦種である。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 『巡洋艦』紹介イメージ


▼航空母艦
実装数:18艦艇
海の長距離兵器であり、艦載機により偵察および恐るべき航空攻撃を行う。
従来の艦種のように主砲がなく、海域全体を真上から見下ろすような鳥瞰視点なので、
従来とは操作が全く異なる、独特のゲーム性および戦術性を備えている。
空母はプレイヤーの命令を元に自動操作され、艦長の操作も制限されますが、
自艦と艦載機部隊など複数操作を同時に行うことになる忙しい艦種。
※[Shift]キーによるカメラ変更を無効化する設定が追加済

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 『航空母艦』紹介イメージ


「World of Warships(WoWs)」の様々なゲームモード

「ワールドオブウォーシップス(WoWs)」には、様々なゲームモードが用意されているので、
対人戦闘のPvPから対CPU戦闘のPvEまで、ルールやバトル内容が多岐に渡り楽しむことができます。
各艦艇は10段階にランク付けされ『Tier』と呼ばれ、プレイを重ねることで強力艦艇を操作事も可能になります。
艦艇には、数種類のオプションが搭載可能なので、出来る限り搭載して性能を底上げしたり、
艦艇に『艦長』を乗せて、艦長スキルで艦艇能力を高めたりしながら、
様々なゲームモードの海上戦を繰り広げていきます。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) ゲームモード選択スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 航空母艦バトルスクリーンショット

▼Co-op戦
Co-op戦では、敵のボットチームを相手に他プレイヤーと共闘する8対8で行うモード。
コンピュータ制御のボットのチームと対戦するのですが、マッチングの際にプレイヤーが不足した場合、
合わせのために味方チームにボット艦艇が入る事もあり、ボットは、名前の前後に『:コロン』が入るため見分けられます。
Co-op戦で獲得したクレジットと経験の報酬は、ランダム戦で獲得した報酬よりも低いのですが、
難易度は、ランダム戦よりは低いので、まずはCo-op戦で海戦のプレイヤースキルを磨けます。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) Coop戦スクリーンショット


▼ランダム戦
ランダム戦は世界艦隊で最も人気のある戦闘モードで、
敵の拠点を制圧するか、全ての敵艦を撃沈することで勝利となります。
1チーム12vs12の計24名で行われる大規模海上戦となっておりますが、
時折、マッチングシステムによって7v7または9v9などで作成されることもあります。
プレイヤーは選択した船艦種に基づいてランダムマッチングでチームに配置されます。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) 要塞戦スクリーンショット


▼シナリオモード
味方と協力して様々なシナリオに挑戦する対 CPU 戦『シナリオモード』。
通常の Co-op 戦と違い、シこのモードでは、敵基地強襲、味方艦の護衛、味方艦の救出を始めとする様々なユニークなシナリオに挑戦することができます。
各シナリオには、達成条件やミッション、目標が設けられ、様々なアイテム報酬が用意されています。
最大7名のプレイヤーがAIの操作する敵勢力を倒すべく協力プレイしていきます。
・最大プレイヤー数:7 名
・任務記録レベル:8 以上
・使用可能 Tier:Tier 5 – 6

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) シナリオモード紹介イメージ

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) シナリオモードスクリーンショット

その他にも、激しい短期決戦を想定したゲームモード『遭遇戦』や
可能な限り多くの要地を制圧して1,000ポイントを獲得するか、すべての敵艦を撃沈する『制圧戦』をはじめ、
ランク戦、チームバトル、クラン戦、入門ミッション、トレーニング戦など豊富に用意されています。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) トレーニングルームスクリーンショット

2018年04月のエイプリルフールイベントとして期間限定で実装されたゲームモード『宇宙戦』というのもありました。
9vs9の対人戦で世界観が宇宙になったものなので、艦艇の操作方法に大きな変化はありませんが、
期間限定ではもったいないと言われるくらいのクオリティで実装されていました。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) ゲームモード『宇宙戦』のフィールドスクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) ゲームモード『宇宙戦』スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) ゲームモード『宇宙戦』、登場する巡洋艦スクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) エイプリルフールイベントとして期間限定で実装されたゲームモード『宇宙戦』スクリーンショット

萌え要素一切なしの本作でしたが、
モバイルゲーム『アズールレーン』のキャラクターである“Nelson”を艦長として獲得できるゲーム内ミッションや、
TVアニメ『ハイスクール・フリート』、TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』など、
様々なコラボレーションも開催される事も増えています。

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』コラボレーションスクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) TVアニメ『ハイスクール・フリート』コラボレーションスクリーンショット

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) モバイルゲーム『アズールレーン』コラボレーションスクリーンショット

2015/07/02に正式サービスを開始したオンライン海上アクションストラテジー
「ワールドオブウォーシップス World of Warships(WoWs)」をご紹介しました。
海上戦に慣れるまでの特に始めの頃は、撃破されてまくって自戦艦が沈んでいく姿を見るのは猛烈な虚無感に襲われましたが、
徐々にゲームに慣れて敵を撃破でした時はもう、めちゃめちゃ爽快です!達成感がすごくてハマります!
戦闘中、自分がピンチのときに恐怖の警報が鳴り響いたり、危険レベルに合わせて画面が“オレンジ→グレー”へ変化したりと、
緊迫感をビシビシ伝えてくる演出は秀逸です。
『ひぃっ!魚雷くる、やばいやばいっっ!!』と最初はちょっとパニックに陥りましたが、それがいいんです。中毒的に楽しい。
しかも、操作もシンプルなのでプレイしていけばすぐ慣れてきて、慣れてくると戦術の楽しさや奥深さが分かり、
やればやるほどハマってしまいました。特に戦艦好きさんは確実に病みつきになると思います!

ワールドオブウォーシップス World of Warships (WoWs) フッターイメージ

(c) 2012 - 2015 Wargaming.net. All rights reserved.

Pocket