PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

戦国の野望事前登録中

スマホ リリース日: iOS android

戦国の生活と戦を体験しながら、武将たちとともに新しい時代を作る歴史シミュレーションが楽しめる新作ゲームアプリ!

「戦国の野望」は、iOS/Android向けに2022年にリリース予定の新作スマホゲームアプリです。超大型の戦国マップで領地を征服していく自由度の高いゲームモードが搭載されているので、天下無双の軍勢を編成し、真実の戦国歴史を味わいましょう!軍の拠点が点在しており、陥落させることでボーナスを得て、地図を沿って多様な展開が確認できます。武将、装備の強化や部隊編成ができるので、職業や技能を自由に組み合わせたり、武将固有の武技強化や装備再錬で奥深い育成を行ったりと、やりこみ要素満載です。戦国の物語をはじめ、新規参戦も含めた魅力的な武将たちや、誰もが知っている戦国武将の人生を体験できる爽快になった『ストーリーモード』が搭載!

注目トピックス
2022/09/13

新キャラクター情報公開

「戦国の野望」の事前登録に参加する

目次

武将と兵種を戦略に組み合わせて真実の戦国歴史を体験する新作ゲームアプリ!

「戦国の野望」は、戦国時代に戻り、有名な武将を募集し、指先の戦略を使用して整列し、伝説的な戦国の英雄と一緒に新しい時代を作り上げる新作スマホゲームです。

生まれてから死ぬまでの人生が紡がれる超ハマる且つ人気の戦国歴史シミュレーションゲームです。

戦国の物語をはじめ、新規参戦も含めた魅力的な武将たちや、誰もが知っている戦国武将の人生を体験できる爽快になった『ストーリーモード』が搭載されています。

・早々に天下統一という目標を明言し、数々の斬新かつ革新的な行動で戦国時代の終焉を早め、自身では叶わなかったものの、天下統一の基盤をつくった『織田信長』
・農民の身分から天下統一を成し遂げ、日本史史上類を見ないスピード出世を果たした『豊臣秀吉』
・幼少期に今川義元の人質になり、成年期まで不遇の時代を過ごした『徳川家康』

一体ダレが勝ち抜いて天下人になれるのか、ぜひ本作で結末を確認しましょう!

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google Play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

戦国の野望 キービジュアル
戦国の野望 ストーリー紹介イメージ

結婚、お祭り、軍団など、風土と人情を還元し、多様な特殊な祝日で各種の経済システムでゲームの面白さを増やしています。

超大型の戦国マップで領地を征服していく自由度の高いゲームモードが搭載されています。

軍の拠点が点在しており、陥落させることでボーナスを得て、地図を沿って多様な展開を確認しましょう!

武将、装備の強化や部隊編成ができるので、職業や技能を自由に組み合わせたり、武将固有の武技強化や装備再錬で奥深い育成を行ったりと、やりこみ要素満載です。

天下無双の軍勢を編成し、真実の戦国歴史を味わいましょう!

戦国の野望 ゲームモード紹介イメージ

2022/08/12より事前登録の受付が開始されています。

事前登録数に応じて、豪華特典を入手することができます。

事前登録は、下記方法で行っています。
・公式サイトからメールアドレスを入力して事前登録
公式Twitterアカウントをフォローして事前登録
公式LINEアカウントを友達に追加して事前登録
Google Playから事前登録 ※準備中
App Storeより予約注文して事前登録 ※準備中

戦国の野望 事前登録特典紹介イメージ

事前登録特典
・5千人突破で『貫×10000』
・1万人突破で『貫×20000』『ルーン・速×1』
・1万5千人突破で『貫×30000』『行酒令×3』『四勝経験カード×1』
・2万人突破で『金×50』『大名密旨×10』『雙倍経験カード・2時間×1』『ルーン・斬×1』
・3万人突破で『行酒令×5』『金×100』『大名密旨×30』『ルーン・影×1』

キャラクター

▼『織田信長』

戦国、安土桃山時代の武将で、戦国時代の動乱を終結し全国統一の前提をつくったとされる人物です。

性格は徹底した合理主義者で比叡山延暦寺を焼き払ったりと残酷な一面が見えますが、相撲などの庶民の文化を好む。

楽市楽座などの優良策を実施して経済の発展に勤めたことはとても有名です。

4000人しか戦力がなかった信長は、2万5千の戦力を持っていた義元に勝ったんだ。

戦国の野望 キャラクター『織田信長』紹介イメージ

▼『稲姫(いなひめ)』

勇敢で父に似た武家の女で、文句のつけようもなく、美人と呼ばれるほど端麗な容姿に例えられる。

結婚式では夫婦がとてもよく似合っていて、周りの人から羨ましがられます。

信以外の戦闘時には城中に留守にすることが多く、信之に後顧の憂いはなかった。

戦国の野望 キャラクター『稲姫(いなひめ)』紹介イメージ

▼『徳川家康』

天下統一を果たして約260年間政権を握った江戸幕府を開いた徳川家康は、長い間人質生活を送った経験があることや、多くの失敗を経験した人物であることから、一般的に『忍耐の人』であったという評価がされている。

そんな徳川家康の家臣団には優秀な人材が揃い、そしてその人材を使う手腕は素晴らしいものであったと言われ、家臣を大切にした『良きリーダー』としてのエピソードが多く残されている。

戦国の野望 キャラクター『徳川家康』紹介イメージ

▼『本多忠勝』

本多忠勝は武勇に富み、徳川三傑、徳川四天王、徳川十六神将に数えられる。

武勇に優れ、織田信長からは『花実兼備の将』、豊臣秀吉からは『日本一、古今独歩の勇士』と称された。

世は『三河の飛将』、『鬼の平八』、『日本の張飛』、『戦国一の猛将』と称した。

本多忠勝は生涯五十七戦に出て無傷であったことから、『八幡大菩薩』の化身といわれ、当世の名将からたびたびほめられた。

戦国の野望 キャラクター『本多忠勝』紹介イメージ

▼『豊臣秀吉』

豊臣秀吉は戦国時代から安土桃山時代の日本の武将、戦国大名。

織田信長の後を継いで、全国を平定し天下を統一することで秀吉は戦国の世を終わらせた。

戦国の野望 キャラクター『豊臣秀吉』紹介イメージ

▼『濃姫(のうひめ)』

濃姫(のうひめ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。

美濃の戦国大名である斎藤道三の娘で、母は正室の小見の方。

政略結婚で尾張の戦国大名の織田信長に嫁ぎ、信長の正室になったとされる。

戦国の野望 キャラクター『濃姫(のうひめ)』紹介イメージ

▼『細川玉子』

細川玉子は戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の三女で細川忠興の正室。

忠興は屋敷に囲まれた時、玉子は『わが夫が命じている通り自分だけが死にたい』と言い、侍女・婦人を全員外へ出した。

その後、家老の小笠原秀清(少斎)が玉子を介錯し、玉子の遺体が残らぬように屋敷に爆薬を仕掛け火を点けて自刃した。

『細川家記』は、彼女が詠んだ辞世として『散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ』と記している。

戦国の野望 キャラクター『細川玉子』紹介イメージ

▼『お市(おいち)』

お市(おいち)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。

初め近江の戦国大名・浅井長政の継室で、後に織田家重臣の柴田勝家の正室となった。

江戸時代の書物『祖父物語』や『賤獄合戦記』によれば『天下一の美人』(天下第一番の御生付)だと誉が高かったという。

戦国の野望 キャラクター『お市(おいち)』紹介イメージ

▼『伊達政宗』

伊達氏の第17代当主、仙台藩の初代藩主である。

幼少期に天然痘という疫病を患ってしまい、幸いにも一命は取り止めましたが、顔には瘢痕が残り右目は失明してしまい、それから『独竜眼』と呼ばれるようになりました。

戦国の野望 キャラクター『伊達政宗』紹介イメージ

▼『服部半蔵』

戦国時代から江戸時代にかけて松平氏から徳川氏の麾下で活躍し、代々『半蔵』を通称の名乗りとした服部半蔵家の歴代当主である。

戦国の野望 キャラクター『服部半蔵』紹介イメージ

▼『甲斐姫』

『忍城(おしじょう)』の城主、豊臣秀吉の側室の一人、忍城攻防戦で忍城を守り抜いた東国の姫武者。

戦国の野望 キャラクター『甲斐姫』紹介イメージ

▼『立花誾千代』

7歳にして城主となり、戦国時代の武将。容姿端麗な立花誾千代は『筑前の白梅』と呼ばれている。

父譲りの武勇に長けた姫として、逸話が残されている。

戦国の野望 キャラクター『立花誾千代』紹介イメージ
戦国の野望 事前登録フッターイメージ

「戦国の野望」の事前登録に参加する
Copyright (C) juyi game INC. All rights reserved.

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら