オンラインゲームPLANET ロゴ

最終更新日:

投稿日:2017/05/04

Pocket

「甲鉄城のカバネリ 乱」2018年夏にDMMから正式サービス開始のPC用新作ブラウザゲーム!アニメ原作スタッフが紡ぐ新たな戦いは新章へ!?

甲鉄城のカバネリ 乱 配信時期決定サムネイル

「甲鉄城のカバネリ 乱 PC」は、2018年夏DMMから正式サービス開始予定の新作ブラウザゲーム
※対応デバイスは、PCブラウザ・スマートフォンアプリ
元々は、WIT STUDIO社完全オリジナルアニメーションで、2016/04月~06月まで“ノイタミナ”で放送されていました。
蒸気機関が発達した極東の島国 日ノ本(ひのもと)を舞台に、
甲鉄城に乗る人々と、不死の怪物“カバネ”との死闘を描いているのですが、 物語はもちろん、殺陣アクション、映画並みの映像美で魅入ってしまうアニメが原作ので期待値は高まります!また、本作はアニメ最終話で描かれた後の物語『新章』が展開されるので、アニメ『甲鉄城のカバネリ』ファンにはおすすめブラウザゲームです!

【2018夏】ブラゲー化が決定した「甲鉄城のカバネリ 乱」とは?

「甲鉄城のカバネリ 乱」目次

気になる箇所だけ読みたい方下記目次からクリックしてご覧ください。


アニメ原作スタッフが再集結してアニメ後の“新章”を描く!

「甲鉄城のカバネリ 乱」は、2018年夏DMMから正式サービス開始予定の新作ブラウザゲーム
2016/09に開催されたゲームイベントTGS2016(東京ゲームショー)のDMMブースにてゲーム化が決定し、
2018/03/08に配信時期の決定や、アニメ本編と劇場アニメ映画をつなぐ物語が描かれるということが発表されました。
原作『甲鉄城のカバネリ』がどのようにターン制バトルに落とし込まれているのか非常に気になります。
※対応デバイスは、PCブラウザ・スマートフォンアプリ

甲鉄城のカバネリ 乱 キービジュアル

▼原作『甲鉄城のカバネリ』とは?
アニメ版『進撃の巨人』を手がけたWIT STUDIO社のオリジナルアニメ作品で、
2016/04月~06月までテレビアニメとして“ノイタミナ”で放送されていました。

原作アニメ『甲鉄城のカバネリ』

・監督は、『進撃の巨人』や『ギルティクラウン』の監督を務めた荒木哲郎
・シリーズ構成・脚本は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を担当した大河内一楼
・音楽は、劇場版『青の祓魔師』を作曲家、編曲家、作詞家の澤野弘之
・キャラクター原案は、『トップをねらえ!』や『マクロス7』などの美樹本晴彦

と、錚々たる面々が参加しており、
2016/12/15に行われた『ノイタミナ発表会2017』にて、
『甲鉄城のカバネリ』の新作2018年の完成を目指し制作決定したことが発表されました。

甲鉄城のカバネリ 乱 製作スタッフ、キャスト紹介

甲鉄城のカバネリ 劇場版キービジュアル

制作陣や声優陣が非常に豪華な完全オリジナルアニメーションとなっており、
そんな原作の、後の物語となる『新章』が描かれているとの事で、
主人公格の新キャラクター3人の声優は、
役:小松昌平さん
葉矢役:黒沢ともよさん
千尋役:梅原裕一郎さん

であることが発表され期待値も高まります!
アニメ『甲鉄城のカバネリ』ファンにはおすすめブラウザゲームだと思います!

甲鉄城のカバネリ PC アニメ版の無名カット

甲鉄城のカバネリ PC アニメ版のカバネ、生駒カット

▼アニメ『甲鉄城のカバネリ』PV


「甲鉄城のカバネリ 乱」の世界観・物語

「甲鉄城のカバネリ 乱」は、
アニメ本編と劇場アニメ映画をつなぐ物語が描かれた新作ブラウザゲームなので、
蒸気機関が発達した極東の島国 日ノ本(ひのもと)を舞台に、
装甲蒸気機関車や甲鉄城に乗る人々と、不死の怪物“カバネ”との死闘を描いているアニメ『甲鉄城のカバネリ』の、
最終話“甲鉄城”で描かれた『金剛郭』が崩壊した後の物語『新章』が描かれています。
基本的には、原作の世界観を楽しむことができ、アニメ版の後の物語が描かれているとのことなので、
原作であるアニメ『甲鉄城のカバネリ』の物語をご紹介します。

甲鉄城のカバネリ 乱 舞台紹介イメージ
甲鉄城のカバネリ 乱 アニメ本編と劇場アニメ映画をつなぐ物語イメージ

甲鉄城のカバネリ PC 世界観

▼原作アニメ『甲鉄城のカバネリ』の物語

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。
鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。
後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

甲鉄城のカバネリ PC カバネ

極東の島国である日ノ本(ひのもと)の人々は、
カバネの脅威に対抗すべく各地に『駅(えき)』と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。
駅を行き来ができるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城(はやじろ))のみであり、
互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。

甲鉄城のカバネリ PC 装甲蒸気機関車 通称、駿城(はやじろ)

製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒(いこま)。
彼はカバネを倒すために独自の武器『ツラヌキ筒(づつ)』を開発しながら、
いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。
そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城(はやじろ)の一つ甲鉄城(こうてつじょう)が顕金駅(あらがねえき)にやってくる。
車両の清掃整備に駆りだされた生駒(いこま)は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。
その夜、生駒(いこま)が無名(むめい)と名乗る昼間の少女と再会するなか、
顕金駅(あらがねえき)に駿城(はやじろ)が暴走しながら突入してきた。
乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!

甲鉄城のカバネリ PC 顕金駅(あらがねえき)全景アートボード

“顕金駅(あらがねえき)”に溢れ出るカバネたち。
パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒(いこま)は走る。
今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒(づつ)でカバネを倒す!
―――こうして、本当に輝く男になるための生駒(いこま)の戦いが始まるのだった。

甲鉄城のカバネリ PC アニメ版の物語

甲鉄城のカバネリ PC 生駒、菖蒲の血を貰うカット

“新章”の原作は、『甲鉄城のカバネリ』設定統括で、
『甲鉄城のカバネリ 暁』などのノベライズ作品を手掛ける笠岡淳平氏の書き下ろしとのことなので、
原作の雰囲気や設定はきっちりおさえられた内容になっていそうです。

甲鉄城のカバネリ PC 無名カット

甲鉄城のカバネリ PC 美馬様カット


「甲鉄城のカバネリ 乱」のキャラクター

上記でもご紹介の通り、「甲鉄城のカバネリ 乱」は、アニメを追体験するタイプではなく、
アニメ最終話“で描かれた『金剛郭』が崩壊した後の物語となる、
『新章』が描かれている新作ブラウザゲームなので、
お馴染みのキャラクター『生駒(いこま)』や『無名(むめい)』と言ったアニメ版お馴染みのキャラクターはもちろん、
ブラウザゲーム版オリジナルキャラが、
アニメ版を制作したWIT STUDIO社によって描かれて登場します。

甲鉄城のカバネリ PC 菖蒲カット

甲鉄城のカバネリ PC 侑那、装甲蒸気機関車カット

現在はまだ、新キャラクターは数体しか公開されておらず、
どこまでアニメ版のキャラクターが登場するかは不明なので、
お馴染みのメインキャラクターをご紹介します。

甲鉄城のカバネリ PC キャラクター

▼生駒(いこま) CV:畠中祐

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『生駒(いこま) CV:畠中祐』


▼無名(むめい) CV:千本木彩花

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『無名(むめい) CV:千本木彩花』


▼四方川 菖蒲(よもがわ あやめ) CV: 内田真礼

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『四方川 菖蒲(よもがわ あやめ) CV: 内田真礼』


▼来栖(くるす) CV:増田俊樹

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『来栖(くるす) CV:増田俊樹』


▼逞生(たくみ) CV:梶裕貴

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『逞生(たくみ) CV:梶裕貴』


▼鰍(かじか) CV:沖佳苗

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『鰍(かじか) CV:沖佳苗』


▼侑那(ゆきな) CV:伊瀬茉莉也

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『侑那(ゆきな) CV:伊瀬茉莉也』


▼巣刈(すかり) CV:逢坂良太

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『巣刈(すかり) CV:逢坂良太』


▼吉備土(きびと) CV:佐藤健輔

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『吉備土(きびと) CV:佐藤健輔』


▼天鳥 美馬(あまとり びば) CV:宮野真守

甲鉄城のカバネリ PC メインキャラクター『天鳥 美馬(あまとり びば) CV:宮野真守』


NEW▼要 CV:小松昌平

甲鉄城のカバネリ 乱 新キャラクター『要 CV:小松昌平』イメージ


NEW▼葉矢 CV:黒沢ともよ

甲鉄城のカバネリ 乱 新キャラクター『葉矢 CV:黒沢ともよ』イメージ


NEW▼千尋 CV:梅原裕一郎

甲鉄城のカバネリ 乱 新キャラクター『千尋 CV:梅原裕一郎』イメージ

主人公格の新キャラクター3人の声優は、
『要』役に小松昌平さん、『葉矢』役に黒沢ともよさん、『千尋』役に梅原裕一郎さんであることが発表されました。
現在はイラストのみ公開されている状態で、
詳細なバックグラウンドや、きちんと主人公と言い切られす“主人公格”としているのが気になりますが、
正式サービス開始予定の2018年夏に近づくにつれて今後情報も公開されていくと思いますし、
アニメ『甲鉄城のカバネリ』の新作が2018年の完成を目指し制作決定したことも発表されたので、
注目度、認知度、期待値も急上昇していきそうです!

甲鉄城のカバネリ 乱 新キャラクターが登場する世界観イメージ

物語はもちろん、映像の綺麗さや殺陣アクションが非常に素晴らしく魅せてくれるアニメが原作なので、
新作ブラウザゲーム「甲鉄城のカバネリ 乱」では、
どんな風にターン制バトルの、
“スチームパンク・サバイブアクション”に落とし込まれているのか非常に気になるので、
こちらの記事内でも随時更新していきます。

甲鉄城のカバネリ PC フッターイメージ

Copyright (C) カバネリ制作員会 (C) DMM GAMES / TriFrort,Inc. All Right Reserved.

Pocket