PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

KurtzPel (カーツペル)リリース予定

PC リリース日:

2019年内にグローバル早期体験版が配信予定のPC向け新作オンラインゲーム!これまで培ってきたACGの開発ノウハウを遺憾なく発揮したアニメ調の新作対戦アクション!

「KurtzPel (カーツペル)」は、2017/11月韓国釜山で行われた“G-Star2017”にKOG社から発表された新作オンラインゲーム!本作は、同社が開発したアクションゲーム『グランドチェイス』と「ELSWORD(エルソード)」のアクション性を継承した【デュエルアクションバトルゲーム】とされ、Unreal Engine 4で開発最大の特徴は、トゥーンレンダリング技術を用いたアニメ調のグラフィックスで、4~8頭身まで作成できるカスタマイズシステムで作成したキャラを操作し対人戦PvPなどのオンライン対戦をメインにプレイしていきます。プレイヤーは、全4種のクラス/武器から2種を選択し、バトル中に武器を持ち替え、ド派手なスキルやコンボを駆使して戦っていくアクション性が高いおすすめオンラインゲームです。

「KurtzPel (カーツペル)」公式サイトへ

目次

アニメからキャラが飛び出してきたような新作オンラインアクションゲーム!

※韓国版の掲載内容をこちらで翻訳し日本語に落とし込んでいるので、名称などズレがあるかもしれません※

「KurtzPel (カーツペル)」は、アクションゲーム『グランドチェイス』や、
ELSWORD(エルソード)」を開発した韓国KOGから、
2017/11月韓国釜山で行われた“G-Star2017”に出展され、
2019年内にSteamにてグローバル早期体験版が配信予定の新作オンラインゲームです。
本作は、同社がこれまで開発してきたことで培ってきたアクションゲーム開発のノウハウをフル活用し、
アクション性を継承した【デュエルアクションバトルゲーム】です。

KurtzPel (カーツペル) メインビジュアル
KurtzPel (カーツペル) ド派手なソードスキル発動アクションスクリーンショット

開発には、Unreal Engine 4を使用し、2次元の手描き風アニメーション、漫画やイラスト風の作画で、
レンダリングさせたトゥーンレンダリング技術を用いた
アニメ調のグラフィックスでプレイできるオンライン対戦アクションゲームです。
現在確定している対応言語は韓国語、英語とされ、日本展開されるのか定かではありませんが、
どこかのアニメからキャラが飛び出してきたようなグラフィックスなので、
こういったグラフィックス世界観が好きな人にはおすすめオンラインゲームです。

KurtzPel (カーツペル) バトルスクリーンショット

去年に引き続き、2018/11/15~18まで釜山BEXCOで開催された『G-STAR 2018』にも出展し、
KOG社は、来場者のため本作のブースで『KOGチャンピオンシップ大会』をはじめ、
ウィナーラリー、タイムアタックMVPなどの体験型イベントや、
来場できなかった方に向けてYouTubeを通じたリアルタイム生中継など、
様々なイベントを用意しました。
その他、ラッキーナンバーなど抽選イベントで賞金や景品を提供するなどボリューム満点!
去年までとは異なる進化や様々なシステムなども公開されたので、ご紹介していきます!

KurtzPel (カーツペル) 『G-STAR 2018』出展ブース公式写真
KurtzPel (カーツペル) 『G-STAR 2018』出展したキャラクターパネル公式写真
KurtzPel (カーツペル) 『G-STAR 2018』試遊会、タイムアタック中公式写真


スペック / 動作環境

2019/01/31に発表されたグローバルCBT時に必要なスペック・動作環境となりますので、プレイ前には公式サイトでご確認ください!

動作環境 必須環境 推奨環境
Windows OS 64bit Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
CPU Intel Core i3 6100 3.7 GHz / AMD Ryzen 3 1200 @ 3.1 GHz 以上 Intel Core i5 6500 3.2 GHz / AMD Ryzen 5 1500X 以上
メモリ 8 GB 以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 750 ti / AMD Radeon R7 360 (VRAM 2GB) 以上 NVIDIA GeForce GTX 1060 (VRAM 3GB) / AMD Radeon RX 570 (VRAM 4GB) 以上
HDD 15 GB 以上
DirectX Version 11 以上
サウンドカード DirectSound (DirectX 9.0c またはそれ以上)
ネットワーク環境 ブロードバンドインターネット接続

※グラフィック設定が[低]に設定されている場合は720p / 60fps
※グラフィック設定が[高]に設定されている場合は1080p / 60fps


世界観やキャラクターについて

KOG社の放つ新作オンラインゲーム「KurtzPel (カーツペル)」は、
Unreal Engine 4を活用して開発した、アニメーション風のグラフィックと、
3人称視点の派手なアクションが特徴になったTPSアクションRPGです。
『G-STAR 2018』にて、物語や世界観にも触れており、
プレイヤーはチェイサーとなり、浮遊島『エルテシア』を舞台に冒険していきます。

KurtzPel (カーツペル) 舞台浮遊島『エルテシア』スクリーンショット

浮遊島『エルテシア』

▼「KurtzPel (カーツペル)」の物語
悪の神によって引き起こされた大異変によって、
彼に対抗した古代の伝説的な英雄“エンシェントカーツペルズ”は神の塔に投獄されました。

その400年余りの禁固刑後……

“エンシェントカーツペルズ”は、子孫を通して生き続けます。
彼らは抑圧的な巨大宗教国家『聖Bellatos帝国』に対抗するため、“Chase(チェイス)”と呼ばれるKurtzPel組織を創設しました。
プレイヤーは、チェイスの新メンバー、一員となって、
“エンシェントカーツペルズ”意志を受け継ぎ、
Bellatos軍の宗教的教義を広めるのを防ぐため戦わなければなりません。

KurtzPel (カーツペル) 物語アニメーションスクリーンショット

巨大な宗教国家は、自分たちの神を信じない存在を抹殺する、
『浄化戦争』を長年に渡り続けてきているなど、
現在の世界情勢にも通じる物語が背景に存在しています。
壮大な世界が舞台になった物語は、アニメーションなどで展開されているので、
没入感高く読み進めていくことができます。

KurtzPel (カーツペル) 物語パートスクリーンショット

爽快感あるド派手なアクションと読み応えあるストーリーと言うのを、
本作では、全面に打ち出しているのですが、キャラのビジュアルは解禁されても、
そのキャラのバックグラウンドや設定、名前などは紹介されていなかったので、
魅力的な登場キャラクターをご紹介していきます。

KurtzPel (カーツペル) キービジュアル

▼Ensher Renhart (エンシェル・レンハート)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Ensher Renhart (エンシェル・レンハート)』紹介イメージと原画

組織“チェイス”団長。
『任務するには絶好のお天気日和でしょう?』

▼Crim Plie (クリーム・プリエ)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Crim Plie (クリーム・プリエ)』紹介イメージと原画

400年前の大異変当時行方不明になった“チェイス”の英雄で、
エンシェントカーツペルをナビゲートしている上級チェイサー。
『一体いつまでモタモタするのだ、このバカ!』

▼Jin Kaien (ジン・カイエン)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Jin Kaien (ジン・カイエン)』紹介イメージと原画

“チェイス”が探している過去の英雄、エンシェントカーツペルの一人。
大異変後400余年が過ぎたが“チェイス”は、彼らのナビゲーションを続けている。
『君は誰……初めて会ったのに、なんでこんなに涙がでるんだ……』

▼Ethan Soulguard (イーサン・ソールガード)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Ethan Soulguard (イーサン・ソールガード)』紹介イメージと原画

“チェイス”の団長エンシェルの護衛を担当している上級チェイサー。
『守るべきものがある者だけが、本当に強くなることができるのです。』

▼Lire Eruel (リール・リュエル)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Lire Eruel (リール・リュエル)』紹介イメージと原画

エンシェントカーツペルの一員。400年前の大異変で記憶を失ってしまった。
『忘れてはならない大切なことを求めていたことがあります……
今ではその大切な事でさえ、時間の流れによって霞んでしまいますね。』

▼Kien Astrea (キエン・アストレア)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Kien Astrea (キエン・アストレア)』紹介イメージと原画

一時スパイだと思われ団長エンシェルと争っていた上級チェイサー。
現在は、エルテシア全域を渡り歩き組織の秘密の任務を遂行している。
『この手で片付け、切り捨てる。』

▼Marian Vendor (マリアン・ベンダー)

KurtzPel (カーツペル) キャラクター『Marian Vendor (マリアン・ベンダー)』紹介イメージと原画

年長のウィザードギルドだったティリオンメイジ出身の魔術師。
『あら、こんな風に会うとは思わなかったよ、私たちチェイスの新しい希望』

▼『チェイスアジト』のスクリーンショットと原画

KurtzPel (カーツペル) 『チェイスアジト』原画
KurtzPel (カーツペル) 『チェイスアジト』原画のゲーム内実装スクリーンショット

KurtzPel (カーツペル) 『チェイスアジト』コンセプトアート
KurtzPel (カーツペル) 『チェイスアジト』コンセプトアートのゲーム内実装スクリーンショット

原画とゲーム内実装された『チェイスアジト』

▼『秘密の扉(The Secret Gate)』
上級チェイサーのクリームが探し回った古代文明の遺跡。

KurtzPel (カーツペル) 古代文明の遺跡『秘密の扉(The Secret Gate)』コンセプトアート

一種のポータル構造物で“チェイス”が400年前の大異変に行方不明になった、
エンシェントカーツペルを見つけるための手がかりの一つとされている。

また、本作のグラフィックスシステムには『Day&Night』という、
昼夜によってグラフィックが変更されたり、
トゥーンレンダリングのラインを改善したりしているので、
現在、掲載している画像から今後変更されることもあるとのことです。

KurtzPel (カーツペル) 昼夜によってグラフィックが変化する『チェイスアジト』のスクリーンショット


キャラクターカスタマイズ

「KurtzPel (カーツペル)」は、8頭身~4頭身まで作成できる、
個性豊かなカスタマイズシステムでキャラクターを作成
し、
他プレイヤーとの対人戦、PvPなどのオンライン対戦アクションがプレイできる新作オンラインゲームなので、
ゲームにログインしてプレイを始めると、簡単な心理テストが出題され、
選択した回答によってキャラメイクの初期設定に変化が起きますが、
自分で好きなキャラクターを自身の手でいじってキャラ作成していくことができます。

KurtzPel (カーツペル) ゲーム開始画面スクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) キャラクター作成前の心理テスト
KurtzPel (カーツペル) キャラクタークリエイションスクリーンショット

本作には、人間を含む3種族が登場し、
5つの作成ステップに添ってキャラクターをカスタマイズしてます。
まず、身長を上下のゲージタイプのスライダーで調整していくのですが、
“G-Star2017”に出展されるまでは、5~4頭身となっていましたが、8頭身まで追加されたことで、
幼女的な4頭身から、グラマラスな8頭身までカスタマイズの幅が広がりました。

KurtzPel (カーツペル) 英語版キャラクタークリエイトスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 身長カスタマイズスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 女性体型カスタマイズスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 男性体格カスタマイズスクリーンショット

身長設定後は、体格をぽっちゃり系や筋肉量、痩せ型など、三角形や四角形の枠内で好みのタイプを調整し、
顔や輪郭、目、黒目部分、色などのフェイス周り、そして、髪形、カラーリング、ヘアアレンジなど、
用意されているパーツの中から選択していくようなシンプルなシステムタイプのキャラメイクとなっているのですが、
ヘアカラーリングも頭部、毛先などをグラデーションで細かくいじっていくことができます。

KurtzPel (カーツペル) 顔や輪郭、目、黒目部分、ヘアスタイルのカラーリングカスタマイズスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 女性フェイスカスタマイズスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 女性毛先グラデーションクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 男性毛先グラデーションクリーンショット

そして、最後のステップでこれまで作成したキャラのバストの大きさや位置、角度、
ヒップサイズ、位置、角度、
バストやヒップの揺れなどを設定することができます。
女性キャラ男性キャラも、非常に細かい調整が可能なので、
自分の好きなアニメに登場するキャラも作成していくことができます。

KurtzPel (カーツペル) キャラカスタマイズ最後のステップのスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 最終体型調整カスタマイズスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) キャラクター作成完了スクリーンショット

さらに、着せ替えシステムも搭載されているので、
プレイヤーは自分の好きなコスチュームでバトルをする楽しみ方も可能です。
コスチュームシステムでは、武器、コスチューム(上、下、インナーウェア)、アクセサリー(靴、手袋、その他10個のスロット)があり、
染料システムでカラーリングすることで、キャラクターの外観をさらにカスタマイズ可能です。

KurtzPel (カーツペル) カスタマイズ画面スクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 着せ替えスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) メインキャラクターのコスチューム着せ替えスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) タウン内のプレイヤーキャラクタースクリーンショット


『カルマ(武器)』や操作方法について

「KurtzPel (カーツペル)」では、現時点で5種の『カルマ(武器)』が用意されており、
『カルマ(武器)』は、キャラクターの職業や役割となっています。
プレイヤーは、5種の中から2種を選択し、バトル中に武器を持ち替えて戦う新作アクションゲームですが、
これまで開発してきた中でアクションゲームの中核となるプレイフィールにこだわり、
シンプルな操作法に、様々なコマンドを使用していくやりごたえある難しさに掘り下げ、
同社開発のタイトルのアクション性を継承したデュエルアクションバトルゲームとされています。

KurtzPel (カーツペル) 二刀流のアクションスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) クラス、武器持ち替えバトルスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) チュートリアルプレイスクリーンショット

プレイヤー、4種類のクラスの内2クラスを選択するため、
戦闘中自由に武器チェンジして、2クラス分の【計6スキル+必殺スキル2種】を駆使して戦っていくのですが、
操作方法は、【マウス+キーボート】/【XBOXコントローラー】で行うことができる模様。
【W/A/S/D】キーで、移動
【Q】キーで、必殺スキル
【Shift】キーで、回避
【Tab】キーで、武器チェンジ

チュートリアルでは操作方法が横に表示されています。

KurtzPel (カーツペル) 操作方法スクリーンショット

▼『ソードタリア(Sword of Taliah)』
両手剣を使用するカルマで、強い妨害力に基づいて、味方の攻撃の機会を生み出します。

KurtzPel (カーツペル) 大剣使いのカルマ『ソードタリア(Sword of Taliah)』紹介イメージ

Sword Taliah Skills【公式動画】

▼『ダンス・オブ・ウィンド(Dance of Wind)』
ロングボウを使用するカルマで、素早くで強力な物理攻撃で敵に大ダメージを与えます。

KurtzPel (カーツペル) 弓使いのカルマ『ダンス・オブ・ウィンド(Dance of Wind)』紹介イメージ

Dance of Wind Skills【公式動画】

▼『ディアボリック・ウィッチ(Diabolic Witch)』
スタッフを使用するカルマで、
強力魔法で高いダメージを与えながら、様々なスキルを使ってステータス効果を生み出します。

KurtzPel (カーツペル) 魔法使いのカルマ『ディアボリック・ウィッチ(Diabolic Witch)』紹介イメージ

Diabolic Witch Skills【公式動画】

▼『ブレージングフィスト(Blazing Fist)』
ガントレットを使用するカルマで、
素早くアプローチを行い、ホールド能力で敵を捕らえて攻撃し、味方の攻撃のチャンスを生み出します。

KurtzPel (カーツペル) ガントレット使いのカルマ『ブレージングフィスト(Blazing Fist)』紹介イメージ

Blazing Fist【公式動画】

▼『デュアルソウル(Dual Soul)』
二刀流のカルマとだけしか判明していません。

KurtzPel (カーツペル) クラス、武器二刀流の『Dual Soul』のイメージ
KurtzPel (カーツペル) クラブ武器二刀流の『Dual Soul』のコマンドスクリーンショット

その他、【左右のマウスクリック】と【Space】キー、矢印【↑】キーでを繋ぎ合わせてコンボを繰り出すなど、
用意されているスキルには、タメ時間や攻撃範囲など、各クラス毎に癖があったり、
武器持ち替えでいかにすんなり変更武器に対応できるかであったりと、
個人的には、適度に難しくないとやり応えに欠ける部分もあるので、
オンライン対戦をメインに据えているなら期待が持てそうなアクションゲームだなという印象。
こういったアニメ調テイストのド派手アクションゲームが好きな人にはおすすめオンラインゲームだと思います。

KurtzPel (カーツペル) 必殺技発動スクリーンショット


アクションやゲームシステムについて

「KurtzPel (カーツペル)」は、MOタイプのアクションRPGなので、
キャラ作成が完了すると、操作方法、コマンドの位置、コマンドスキル、そしてコンボのつなげ方などと言った、
プレイする為のチュートリアルが行われ、メインとなる物語が展開され、
“チェイス”団長の『Ensher Renhart (エンシェル・レンハート)』に連れられ、
『チェイスアジト』のロビーへ移動し、そのテーブルに広げられている
ワールドマップをクリックすることで任務を受けることができます。

KurtzPel (カーツペル) 任務遂行するPvEスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) MO式のPvEバトルスクリーンショット

こんな感じで、選択エリアに入って任務を遂行していくのですが、
任務を選択すると、その任務に準じたアニメーションなどが展開されるので、
何故この任務を行い、任務を達成することでどうなるのか、と言ったストーリー展開が分かりやすく、
物語を全面に打ち出していることが見て取れます。

KurtzPel (カーツペル) キャラクター一覧イメージ
KurtzPel (カーツペル) バトルアクションスクリーンショット

▼エリア『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』
ここのエリアでは、近くの村を襲撃した巨大魔獣と、その魔獣を操る魔導師の本拠地で、
情報によると、『Marian Vendor (マリアン・ベンダー)』の出身地でもある、
ティリオンメイジが秘密の研究を進めていたところとのこと。
魔獣の洞窟に登場する魔獣戦が繰り広げられるPvEエリアとなっています。

KurtzPel (カーツペル) 『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』のバトルスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』のプレイスクリーンショット

KurtzPel (カーツペル) 『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』の原画
KurtzPel (カーツペル) 『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』のゲーム内実装スクリーンショット

『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』の原画とゲーム内実装スクリーンショット

▼『黒格闘マスター(Black Fight Master)』
出口の見えない異界の赤い大地エリア『ねじれた廃墟』でプレイヤーであるチェイサーは、
激しい戦闘の末、赤い激闘『Jin Kaien (ジン・カイエン)』に会うが、
彼らを遮る黒い影があった……。

KurtzPel (カーツペル) 『黒格闘マスター(Black Fight Master)』とのバトルスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 『黒格闘マスター(Black Fight Master)』の原画、ゲーム内実装スクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 『黒格闘マスター(Black Fight Master)』との大きさ比較スクリーンショット

また本作の特徴にもなっている、
武器『カルマ(Karma)』では、スイッチングシステムが採用されています。
2つの役割となるブレーカーとスレイヤーがあり、
プレイヤーは、戦闘中いつでも『カルマ(Karma)』を切り替えて戦うことができ、
カルマ別に見応え抜群の奥義的な『怒りスキル』が存在しています。

KurtzPel (カーツペル) 武器『カルマ(Karma)』設定画面スクリーンショット

『簡単でシンプルな操作法に、様々なコマンドを使用していく難しさ』があり、やりごたえがあるので、
コンボの繰り出しや、照準合わせ、回避、武器チェンジのタイミング、ディレイ時間など、
プレイヤースキルが重要になってくる部分も結構ありそうなMO式のTPSアクションRPGに仕上がっています。
もちろん、自身のプレイ操作のみではなく、敵の攻撃時に起こる予備動作など、
序盤の敵であってもしっかり確認し、対応していかないとボコられるので、
やりごたえも抜群だと思います!

KurtzPel (カーツペル) 新マップ『カリアン洞窟』でのPvPスクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 新PvPマップ『カリアン洞窟』原画、ゲーム内実装スクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) 新PvPマップ『カリアン洞窟』でド派手スキル発動スクリーンショット

新PvPマップ『カリアン洞窟』
KurtzPel (カーツペル) PvEバトル、モンスタースクリーンショット
KurtzPel (カーツペル) PvEでスキル発動スクリーンショット

その他にも、プレイヤーは対話を通して、あるいは提供されたキーワードを集めることによって、
NPCアフィニティを増やすことができる『NPCアフィニティシステム』が搭載されているので、
カルマ、カルマフラグメント、武器、コスチューム、アクセサリーなど、様々な報酬を獲得することができるなど、
コレクション要素のように楽しめる、ゲームを続けたくなる要素が盛りだくさんです。

KurtzPel (カーツペル) 『NPCアフィニティシステム』スクリーンショット

>2019年内にSteamにてグローバル早期体験版が配信予定の、
新作オンラインゲーム「KurtzPel (カーツペル)」をご紹介しました。
まだ完成している訳ではないので、今後どういった展開を見せるのか、日本で展開するのかに注目が集まります。
個人的には、ここまでアニメ風なら絶対日本来るでしょ!いや、きてください!と言う感じなのですが……。
新たに情報が公開され次第こちらの記事内でも随時更新していきます。

KurtzPel (カーツペル) クラスチェンジバトルスクリーンショット

「KurtzPel (カーツペル)」公式サイトへ
Copyright (C) 2017 KOG CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム