PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

リヴリーアイランド(Livly Island)新作

スマホ リリース日:2021/07/15 iOS android

あの『リヴリーアイランド』がリブートされ新たに登場する新作ゲームアプリ!

「リヴリーアイランド(Livly Island)」は、Android/iOS向けに2021/07/15より正式サービス開始した新作スマホゲームアプリです。錬金術から生まれた不思議なペット『リヴリー』を育成するブラウザゲーム版の世界観はそのままに、これまで以上の面白さと『リヴリー』の魅力が楽しめるよう新たに生まれ変わります。プレイヤーの元へ届けられる『リヴリー』たちは、PCの時とは異なり、小さな画面でもリヴリーがどんな姿なのか分かりやすい新種です。昆虫を食べ、宝石のうんちを出す不思議な錬金生物『リヴリー』を愛でながら、箱庭ほどの小さな島のコーディネートを楽しみましょう!

注目トピックス
2021/07/15

2021/07/15より正式サービス開始

「リヴリーアイランド(Livly Island)」をさっそくプレイしてみる!

目次

『リヴリーアイランド』が新作スマホゲームに生まれ変わって登場!

「リヴリーアイランド(Livly Island)」は、箱庭ほどの小さな島で、不思議な錬金生物『リヴリー』をお世話する新作ゲームアプリです。

インターネット上で『リヴリー』と呼ばれる、錬金術から生まれた不思議なペットを育成するブラウザゲームとして、2003~2019年にサービス提供されていました。

可愛らしいだけでなく、少し毒っけのあるキャラクターやアイテムのデザインが人気となり、2009年には登録者数が100万人を突破するなど、女性を中心に支持を集めました。

2020年10月12日にココネ株式会社が『リヴリーアイランド』の権利を取得し、この度本作は、2021年夏にスマホアプリとして新しく生まれ変わります。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google play及び、App storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

リヴリーアイランド(Livly Island) キービジュアル

新たな本作は、PCではなくスマホを通じてお世話することができるようになり、島に関しても、これまでの研究成果もあり、今までとは違う進化を遂げています。

これまでのメンバーに加え、新たなメンバーと新しい『リヴリー』と『アイランド』が登場していくとのことです。

また、本作は、以前と同じ運営ような道筋を辿らないよう、研究所独自に資金を得る方法を模索しているとのことで、課金するとしても、できる限り楽しいお買い物体験や満足度を大切に、結果的には、多くの飼い主さんが集まり、たくさんの資金も得て、どんどん『リヴリーアイランド』を進化させながら、長く続く新たな『リヴリー』たちが次々を誕生する場所にしていきたいとしています。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『リヴリー』育成紹介イメージ

本作は、ブラウザ版の世界観はそのままに、アプリゲームならではの『リヴリーアイランド』として新たに生まれ変わります。

これまで以上の面白さと『リヴリー』の魅力を楽しみいただけるよう開発を進めているとのことです。

昆虫を食べ、宝石のうんちを出す不思議な錬金生物『リヴリー』を愛でながら、着せ替えや、箱庭ほどの小さな島のコーディネートを楽しみましょう!

リヴリーアイランド(Livly Island) お散歩、掲示板紹介イメージ

プレイヤーのみなさんには『飼い主登録』の際に、お世話をするリヴリーを3種の中『ピグミー』『コルヌレプス』『モモス』から1種選ぶことができます。

その他の種は、順に登場を予定しておりますので楽しみにお待ちください。

新しく登場したリヴリー種は、アイランドで収穫した木の実で生成する『変身薬』で変身させたり、『保管ケージ』の枠があれば直接迎え入れたりすることができます。

リヴリーアイランド(Livly Island) 選択できる3種『ピグミー』『コルヌレプス』『モモス』紹介イメージ
リヴリーアイランド(Livly Island) 『保管ケージ』紹介イメージ


世界観

新リヴリーアイランドには、錬金術と化学の力で生まれた不思議な生き物『リヴリー』と、飼い主の分身とも言えるコビトの『ホム』が存在し、リヴリーとホムには不思議な繋がりがあります。

ヒトのかたちをした『コビト』が生まれ、『リヴリー』を守るように抱っこしています。

『リヴリー』は、通常よりも少し小型化し、毛の模様など位置が変化していました。

アキラ所長は、この『コビトをホムンクルス』、『リヴリーをモノ(mono)・リヴリー』と名付けました。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『リヴリー』と『ホム』紹介イメージ

『リヴリー』と『ホム』

基本的に全ての『リヴリー』は、緑色の液体の入ったフラスコの中で眠っていますが、この現象を増大・促進するために、生命力の強いオレンジ色の液体に、もともと研究所が飼育していた『リヴリー』を入れています。

液体以外にも、光や微弱の電気といった刺激も与えてみると、ゼリー状のようなモヤモヤとした何かが更に広がっていき、『リヴリー(ピグミー)』は、スヤスヤ眠り、たまにクチの中からコポコポッと気泡が出て、何か夢を見ているのかな?と想像されます。

全身をモヤモヤに包まれた『リヴリー』は、姿が隠れてほとんど見えなくなった、一方、広がったモヤモヤはヒトのような形を成して行きました。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『変化過程』紹介イメージ

変化過程

ゲームシステム

プレイヤーの元へ届けられる『リヴリー』たちは、基本的には『モノ(mono)・リヴリー』と呼ばれる新種です。

モノリヴリーのはじまりの種『ピグミー』にプリミティブがいるように、『モノ(mono)・ピグミー』の誕生です。

このように元々のリヴリーの系譜のものもいれば、『モノ』独自で誕生する完全新種も登場します。

PC版の『リヴリーアイランド』のリヴリーに比べ、一回り小さくなった『モノ・リヴリー』たちは、PCの時とは異なり、小さな画面でもリヴリーがどんな姿なのか分かりやすいので、小さなスマホを通じたお世話に適した種とも言えます。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『モノ(mono)・リヴリー』紹介イメージ

『リヴリー』は、虫のエサを食べることで毛の色が変わるので、自分の好きな色に変わるよう研究しながらエサをあげます。

そして『リヴリー』が出す排泄物である“うんち”は『宝石』となっており、その宝石を使ってショップでお買い物することができるので『リヴリー』をしっかりお世話しましょう!

リヴリーアイランド(Livly Island) 箱庭サイズ育成紹介イメージ

クラシックリヴリーから分離した『通心能力』と『ヒトに関する記憶』から生まれたホムですが、所々に、それぞれのリヴリーの特徴が出ています。

研究員たちの間では、この様なホムの姿を『リヴホム』と呼んでいます。

どの子も、リヴリーの特徴が反映されていてとっても可愛い!

リヴリーアイランド(Livly Island) 『リヴホム』紹介イメージ

現代リヴリーが身につけた通心能力が分離したことで中世時代の原種に近づきつつも、現代リヴリーの要素を色濃く残した、新たな『リヴリー』となります。

多少野性的になっていたり、以前より丈夫になっているようで、毛並みなども以前より細かく美しく見ることができます。

PC版『リヴリー』の初期は帽子のみ、後に様々なアクセサリーなどを着せられるようになりましたが、新しくなった本作では、飼い主が操作できる『ホム』の着せ替えは自身で楽しみ、『リヴリー』たちは、着せ替え関係なしの自由奔放な様々な形や色の個性豊かなものたちがたくさん誕生するようになります。

リヴリーアイランド(Livly Island) 着せ替え、買い物紹介イメージ
リヴリーアイランド(Livly Island) ホムのスキンカラー紹介イメージ

飼い主は『ホムンクルス』、通称『ホム』と呼ばれており、『リヴリー』が見た飼い主さんとの夢や思い出がかたちとなったものと思われています。

現代『リヴリー』の中にあった通心能力がそれらの記憶と共に『リヴリー』から分離し肉体を持ったと考えられています。

リヴリーからすると飼い主(ヒト)の顔や手はよく見ていたけれど、それ以外は服の下などでわからず、自分の身体的な記憶がまざって、体や髪の毛にその影響が出ています。

ホムのスキンカラーは、自分好みのものを選んでアレンジ可能です。

リヴリーアイランド(Livly Island) ホムのスキンカラー紹介イメージ

獣人などとは違うので、『ホム』の身体は、比較的容易に変化できるので、顔のパーツや髪の毛等々、自分好みに変身・着替えられるようです。

通心能力が肉体化した『ホム』は、心は空っぽなので、飼い主さんが『ホム』と通心し中に入り動くことができます。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『ホム』の顔パーツ紹介イメージ
リヴリーアイランド(Livly Island) 『ホム』のお着替え紹介イメージ

リヴホムの毛色は『メインリヴリー』に登録した子の毛色とリンクしています。

『ツノリムル』をメインリヴリーにすると毛色がツノリムル色に変わり、『オーガ』がメインリヴリーに登録さるとオーガ色に変化します。

リヴリーアイランド(Livly Island) メインリヴリー『ピグワン』とリンクした紹介イメージ
リヴリーアイランド(Livly Island) 『メインリヴリー』の毛色とリンク紹介イメージ

つまり『ホム=飼い主』となので、自分の分身となる『ホム』を好きなファッションでコーディネートして楽しむことができます。

かつては、指先でしか愛でられなかった『リヴリー』を思い切り抱きしめることができるかもしれません。

自分に似せた『ホム』、リヴリーが人間だったら?という姿の『ホム』、かわいい、かっこいい、不気味、様々な『ホム』になって、リヴリーと一緒に小さな島の上で暮らしましょう!

『リヴリー』の色とお揃いの服を着せたり、アイランドアイテムと合わせたコーディネートをするなど着飾れるので、パターンも豊富です。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『ホム』のファッション紹介イメージ

『リヴリー』と『ホム』の住処となる8つの『島=アイランド』を自分好みのアイテムで飾り付けて、自由にデコレーションを楽しむこともできます。

素敵な『アイランド』が盛り沢山なので、ぜひ自分の好きなアイランドを見つけてみましょう!

もちろん、登場する『アイランド』は、まだまだ増えていくので、今後も楽しみです。

リヴリーアイランド(Livly Island) 4つの『島=アイランド』紹介イメージ
リヴリーアイランド(Livly Island) 4つの『島=アイランド』紹介イメージ

▼『知恵の島(仮)』と呼ばれるアイランド

本からの知識を栄養にして育つ植物達の島。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『知恵の島(仮)』紹介イメージ

叡智を授けると言われる知恵の実のなる木が生えており、知識を栄養に交換して植物を育てる錬金術の実験場でもある島です。

▼『クリスタルの島(仮)』と呼ばれるアイランド

クリスタルの生える不思議な森。きらめいた不思議な世界は人を寄せ付けない島。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『クリスタルの島(仮)』紹介イメージ

かつての探検家たちの道具は結晶がつき森の一部になっています。

▼『廃墟とピアノの島(仮)』と呼ばれるアイランド

付かなくなっている電灯や楽器にはえた植物、ボロボロになった楽譜が過ぎ去った年月を感じさせるが、それなのに少しポップで、癒しすら感じる島。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『廃墟とピアノの島(仮)』紹介イメージ

額縁に入った絵に描かれているのはここの元家主だったのでしょうか?

▼『錬金見習いの島(仮)』と呼ばれるアイランド

なんだか自分が錬金術師になったような感覚になれそうな島。

リヴリーアイランド(Livly Island) 『錬金見習いの島(仮)』紹介イメージ

材料が入ったすり鉢に調合のメモ、フラスコの中に液体が入っていますが、何を作ろうとしていたのでしょうか?

新『アイランド』には『アルケミカルツリー』という錬金術の力を宿した木を植えることができます。

その果実を材料にして、別のリヴリー種に変身できる薬『ネオベルミン』を、さらに『ネオベルミン』と果実を材料に個体差や個性を出せる薬『プラステリン』をつくれるようにと研究を進めています。

果実は、友達とプレゼントし合ったりできるようにすることも考えられています。

そうして、様々な『ネオベルミン』や『プラステリン』を作ってコレクションしたり、変身をどんどん楽しんだり、売ることができれば儲けることもでるかもしれないので、それぞれの楽しみ方を見つけましょう!

リヴリーアイランド(Livly Island) 『リヴリー』と『アイランド』育成紹介イメージ

また、設置場所は固定されていますが『アイランド』には、アイテムを設置することができます。

ただし、アイテムは、2つまでしか重ね付けができないので、どのアイテムを設置してどのアイテムを重ねて置くかなど、自分の好きなように『アイランド』の飾り付けをとことん悩んじゃいましょう!

リヴリーアイランド(Livly Island) アイランドのアイテムスクリーンショット

アイランドには、ツリーがあるのですが、魔法の水『エリキシル』を与えると木の実が成熟します。

木の実からリヴリーの変身薬『ネオベルミン』を生成することができるので、木の実で色々な種類のリヴリー変身薬を作って変身してみましょう!

耳がたれたり、ちっこくなったり、ふくふくしたり、モジャモジャしたり、目つきが変わったりと、楽しみです!

さらに『研究所』でのお手伝いアルバイトをして様々な依頼をこなすと、お買い物に使える通貨などの報酬が獲得できるので、リヴリーの研究をしながら沢山の報酬を獲得することもできます。

リヴリーアイランド(Livly Island) 変身薬プラステリンによる個体差・個性に関するイメージ研究画紹介イメージ

変身薬プラステリンによる個体差・個性に関するイメージ研究画

リヴリー

▼『ピグミー』

アキラ博士の研究によって誕生したモノリヴリーのはじまりの種。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ピグミー』紹介イメージ

安心した時や、感情が高ぶった時などには耳をピクピクさせ、その見た目からアイスクリームピグミーと呼ぶ人もいるそう。

▼『モモス』

まるで子マンモスのような姿と、まん丸お目々が愛おしいリヴリーです。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『モモス』紹介イメージ

大きな体を持ち、葉っぱの下の隠れた餌の匂いを嗅ぎ分ける。

▼『ブラックドッグ』

水を弾く毛……なんだか気持ち良さそうなリヴリー。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ブラックドッグ』紹介イメージ

噛みつかれないように、晴れた日を選んでこっそり撫でてみたいですね!

▼『ソニモグリ』

完全新種の見た目がとっても可愛いリヴリー!

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ソニモグリ』紹介イメージ

『地中のドラゴン』と呼ばれるなんて……かっこよすぎますね。

▼『オーガ』

『怪物』と呼ばれているのに、気性はわりと大人し目なリヴリー。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『オーガ』紹介イメージ

頭のふさふさが気になります……どんな触り心地なんでしょう?

▼『コルヌレプス』

きゅるんとした目が可愛すぎるウサギのようなリヴリー!

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『コルヌレプス』紹介イメージ

そして、“飼い主の指に甘えたり”……気になります。

▼『ツノリムル』

耳が良くてツノを上手く使う器用なリヴリー。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ツノリムル』紹介イメージ

全身モフモフな毛並みが気になります。心ゆくまでモフモフしたいっ……。

▼『ネオピグミー』

小さなほっぺとお耳をフニフニしたくなるピグミーの亜種のリヴリー!

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ネオピグミー』紹介イメージ

『人懐っこくて』『好奇心旺盛で』『マイペースで』『危なっかしい』なんてもう母性本能がくすぐられること間違いなしです。

▼『パキケ』

『角を持つ少女』という学名の付いたリヴリー。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『パキケ』紹介イメージ

荒々しい感じなのかと思いきや、とっても可愛らしい少女のようなリヴリーです。

▼『グレムリン』

破茶滅茶気味な新種リヴリー。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『グレムリン』紹介イメージ

そう聞くと一瞬怖いですが、甘い物好きで、人間の食べ物を食べちゃってお腹を壊すことがあるなんてことを知ったら、ちょっと気になって来ちゃいます。

▼『ハナパキケ』

パキケの亜種。花や香草で匂いをつけて個体を認識するという珍しい生態を持ったリヴリーです。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ハナパキケ』紹介イメージ

縄張り意識がやや強めということは香りの好みによってお気に入りの場所があったりするのでしょうか。

▼『ヴォルグ』

コウモリのような羽を持つリヴリーで嗅覚がとても鋭く、移動時はジャンプと羽ばたきで距離を稼ぐようです。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ヴォルグ』紹介イメージ

矢尻型の尾は感情を相手に知らせる役割を持ち、目を光らせて相手に警告することもあるみたいです。

▼『ワタメ』

ふわっふわな綿状の毛を持ち撫でまわしたくなってしまうネコの様なリヴリーです。

リヴリーアイランド(Livly Island) リヴリー『ワタメ』紹介イメージ

繊細で穏やかな気性なので、リラックスした状態を好みます。まぁるいキラキラした目もとっても可愛いのですが、目を閉じた時のお顔も可愛いです。
リヴリーアイランド(Livly Island) フッターイメージ

「リヴリーアイランド(Livly Island)」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) cocone. All Rights Reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム