, 「Once Human」終末後の未来を舞台にしたオープンワールドサバイバルゲーム!|オンラインゲームPLANET
PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

Once Humanスマホ版 事前登録中

スマホ リリース日: iOS android
PCリリース日:2024/07/10

『超自然』をテーマに奇妙な世界観や異形のモンスターなどが魅力的な無料で遊べるPC・スマホ向けオープンワールドサバイバルMMO!

「Once Human(ワンスヒューマン)」は、荒廃した土地で拠点を作って生き残りをかけて異形の生物に対峙するサンドボックス型サバイバルゲームです。2024/07/10からPC(Steam/Epic Games)向けに正式サービス開始、スマホ(Android/iOS)向けに配信予定です。『スターダスト』と呼ばれるものが世界を侵食し、それに伴い様々な異界生物が出現するようになってしまう広大なオープンワールド舞台に仲間と共に生き抜いていきます。自分の拠点は移動に便利なトレーラーハウス式だったり、崖の上に建設したりと、自由度高く自分の思い通りに作り上げることができます。

注目トピックス
2024/07/17

2024/07/10よりPC版正式サービス開始

【PC版】Once Humanをさっそくプレイしてみる!

目次

美麗で奇怪なポストアポカリプス世界の無料サバイバルマルチアクションゲーム!

「Once Human(ワンスヒューマン)」は、オープンワールドで怪物とのマルチプレイバトルや探索、拠点作り、武器カスタムが楽しめるPC・スマホ向け新作サバイバルアクションゲームです。

本作は、NetEase Games社が“究極のオープンワールド探索体験”を掲げており、総力を結集して開発した渾身のタイトルになります。

大規模マルチプレイにも対応し、プレイヤーに合わせてPvEサーバーとPvPサーバーを用意しているのですが、サーバー毎に最大4000人の同時プレイを実現しています。

謎に満ちた終末を迎えた神秘的な世界を舞台に、様々な奇妙な敵と対峙したり、仲間と一緒に生き残るための資源探索をしたりしながら生き抜く様々なシナリオが用意されています。

本作は、オープンワールドで楽しむことができるので、自分達の基地開発や領地開拓を始め、電力、飲料水の確保、農園建設、釣りなど、バラエティー豊かなコンテンツを楽しみながら世界崩壊の真実を暴いていきます。

ダイナミックウェザーシステムや繊細な水面表現、環境インタラクションなど、高品質で多彩なグラフィックで表現されており、PCやスマホなど、クロスプラットフォームに対応しています。

2024/06/10より早期アクセス版が配信されており、長期運営の大型無料タイトルとして2024/07/10よりPC版の正式サービスが開始されます。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google Play及び、App storeでダウンロード可能
※PCでのプレイには、SteamやEpic Gamesアカウントが必要になります
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

Once Human(ワンスヒューマン) キービジュアル
Once Human(ワンスヒューマン) オープンワールドな世界紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 奇妙な敵と対峙する紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) みんなでワイワイできる『拠点』でキャンプする紹介イメージ

2024/04/12から正式サービス開始までの間、事前登録の受付が開始されています。

事前登録参加者数によって獲得できるアイテムが豪華になっていくので、興味のある方は参加しましょう。

下記方法で参加することができます。
公式サイトからメールアドレスを入力して事前登録
Steamページからウィッシュリストに追加して事前登録
・Android:Google Playから事前登録
・iPhone:App Storeより予約注文して事前登録

Once Human(ワンスヒューマン) 事前登録特典紹介イメージ

事前登録特典
・5万件突破で『エナジードリンク×3』『エナジーリンク×600』『グレネード×3』『アクティベーター×10』『ランチミート缶詰×3』『アドレナリン注射×1』『サニティー・グミ×5』
・10万件突破で『プロジェクション・ジェネレーター×5』『火炎瓶×5』『エナジーリンク×400』
・20万件突破で『AKMスキン クラーケン』
・50万件突破で『Metaキャップ』
・100万件突破で『サプライズ・ファニチャー』
・200万件突破で『Dragonsグリップ・グローブ』

世界観や物語

かつて、人類はとある銀の門を開き、その日から『スターダスト』と呼ばれるものが世界を侵食し、それに伴い様々な異界生物が出現するようになってしまう世界が描かれています。

奴らはこの世界を大いに狂わせ、ミステリーに満ちた奇妙な世界になってしまいました。

科学と未知の神秘を上手く融合し、常識が捻じ曲げられたこの不安定な世界で人類は深淵へ堕ちるのか、逆境をはねのけて復興を遂げるのか、見届けます。

Once Human(ワンスヒューマン) 異界生物が出現する怪異的な世界観紹介イメージ

世界観
かつて、人類はとある銀の門を開いた。
その日から、「スターダスト」と呼ばれるものが世界を侵食し、それに伴い様々な異界生物が出現するようになる。
こうして、奴らはこの世界を大いに狂わせた。

ミステリーに満ちる奇妙な世界に合わせ、『Once Human』は科学の理性と未知の神秘を上手く融合している。
常識が捻じ曲げられたこの不安定な世界で、人類は深淵へと堕ちるのか?
それとも逆境をはねのけ、復興を遂げるのだろうか?

公式Xポストより

Once Human(ワンスヒューマン) 『スターダスト』の力を執拗に求めた『ロゼッタ』が起こした未曾有の大災害紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 世界観紹介イメージ

▼『超越者(メタス)』

スターダストに感染した人類。

簡単に言えば、人類の意識を持つデビエーションです。

Once Human(ワンスヒューマン) 『超越者(メタス)』紹介イメージ

▼『ナルコット・オデッセイ』

本作の舞台となる『ナルコット大陸』には、探索の他にも、やらなければならないことがたくさんあります。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ナルコット・オデッセイ』紹介イメージ

▼『スターダスト』

『スターダスト』は、人間の居住地の周りを何か呟きながら彷徨っているため、生存者は罪悪感を感じずに殺すのは難しそうです。

ナルコット大陸に生きていた素晴らしい動物たちも『スターダスト』の感染から逃れることはできませんでした。

数十年前と比べて、これらの動物達は、より賢く美しくなって、この世界に適応するようになりました。

『スターダスト』が動物達を進化させたのかもしれません。

Once Human(ワンスヒューマン) 『スターダスト』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) スターダストによって進化した動物と対峙する紹介イメージ

▼『ハンター』

貪欲な『ハンター』は、本作の世界で最初に遭遇する偉大な存在です。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ハンター』紹介イメージ

▼『ウォッチャー』

突然幻覚や幻聴を経験し始めたら『ウォッチャー』に遭遇した可能性があります。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ウォッチャー』紹介イメージ


異形のモンスターや他の超越者との戦い

プレイヤーたちが生きる『スターダスト』の影響を受けた終末の世界では、普通に生きていた人間やネズミなどの動物や植物から、命のない無機物であるバスや飛行機まで変異しています。

霧まみれの沼地、荒涼な砂漠、氷雪で閉ざされた土地など、色んなエリアや施設を探索する中で、様々な異形の怪物に遭遇することになります。

異形の怪物というのは『道路で駆け巡るバス』や『頭に探照灯をつけたウオッチャー』、『ガトリング砲を持つグレート・ワンズ』など、強力な怪物が登場します。

Once Human(ワンスヒューマン) 頭に探照灯をつけたウオッチャーが襲ってくる紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 施設を探索する紹介イメージ

▼『大森林』

様々な動物と植物が生息し、豊富な資源も有している生命に満ち溢れる森。

周辺には多くの塹壕とハンターの小屋があり、それらはこの森の危険を物語っています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『大森林』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 森で休憩する紹介イメージ

▼『沼地』

かつては人間の居住地であったが、今では植物に呑み込まれている湿気と霧に満ちたエリア。

変異したワニやそこら中にある植物は、完璧に擬態したデビアントである可能性が非常に高いので、気をつけましょう。

Once Human(ワンスヒューマン) 『沼地』紹介イメージ

混沌に呑まれた世界に生きるプレイヤーは、新人類であり、汚染された環境に耐え『スターダスト』の力を使うことができる最後の希望です。

新人類であるプレイヤーは、果物と水に異常がある時は不気味な青い光に包まれているように見えるなど、検知能力も備わっています。

荒野で目覚めたプレイヤーは、生き残るために、過酷な大自然、襲い掛かるモンスター、食料不足などの困難を乗り越えて大自然を生き抜かなければいけません。

『スターダスト』の影響は生物や無機物にとどまらず、土や水などの環境も汚染しています。

汚染された食べ物や水を口にすると、正気度や最大HPが減ってしまうのですが、食べるか食べないかは、全てプレイヤー次第です。

Once Human(ワンスヒューマン) 襲い掛かってくるモンスターに立ち向かう紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 火炎放射器でバトルする紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) バズーカを放つ紹介イメージ

『スターダスト』がどこから来たのか、何を望んでいるのか、その真実を探る冒険を体験します。

本作の世界には、複数の派閥があるのですが、暴力的で敵対する勢力もあれば、友好的で協力してくれる勢力もあります。

人類の拠点を探索してこの世界にいる様々な陣営の物語を知ることもできますし、無名の英雄としてこの世界に蔓延るボスを退治することもできるので、自分の好きなように生き抜いていきます。

新しい『ミーム』特化システムにより、ミームノードを個別にリセットし、Lv5毎にパーソナライズされた生存属性を獲得できるようになっています。

Once Human(ワンスヒューマン) ナルコット大陸にある陣営『ロゼッタ』が持つ施設の探索紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) ボスを退治する紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 『ミーム』特化システム紹介イメージ

大災害『スターフォール』が生み出した、数え切れないほどのデビアントがほぼ全世界を占拠しているので、人類の故郷を取り戻すために戦います。

デビアントは人類を獲物にするので、新人類である『超越者』となって、今度は、狩る側のハンターとなり、生き残った全ての人々のために戦いましょう!

かつて人間だった凶悪な敵を倒して、異次元のボスに挑戦して、強力なアイテムを手に入れ、『スターダスト』の汚染を和らげていきます。

Once Human(ワンスヒューマン) 全世界を占拠している『デビアント』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) クラゲのような装備を付けてバトルする紹介イメージ

本作はソロバトルだけではなく、マルチプレイにも対応しているので、大規模な団体戦を楽しむこともできます。

他のプレイヤーとなる超越者たちとハイブを結成して、共に未知の脅威や他の超越者たちの挑戦に立ち向かっていきます。

大規模なPvP(対人戦)では、戦術やチームワーク、1人1人の頭脳やスキルが勝利に大きく影響します。

全ての超越者がPvPで大きな試練に直面することになるので、それぞれの得意分野を活かしながら、仲間と共に資源を手に入れましょう。

Once Human(ワンスヒューマン) 大規模バトル紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) PvP(対人戦)が楽しめる紹介イメージ

▼『テディ博士』

テディ博士の頭部に携帯救急セットが入っているので、側にいてくれれば怪我をしても心配する必要はありません。

テディ博士は、負傷者を探し出して、怪我をした時にできる限りサポートしてくれます。

Once Human(ワンスヒューマン) 『テディ博士』紹介イメージ

本作に登場する武器をカスタマイズすることもでき、武器の見た目を変更するスキンやアクセサリーも用意されています。

武器は、7つのカテゴリーに分かれており、合計約100種類の銃の設計図が用意されています。

新しい設計図を手に入れることで、武器を制作することができ、特殊スキルもあります。

現状の武器に不満がある場合は、パーツや特殊スキルを追加するようなカスタムを行って、理想の武器へと改造していきます。

Once Human(ワンスヒューマン) 武器『ギア』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 理想の武器へと改造してバトルする紹介イメージ


生存者をまとめて領地開拓&拠点建設

プレイヤーは、この世界最後の希望となる新人類なので、厳しい環境の中、荒廃した土地で拠点を作って生存者たちを束ね、異界の生物に立ち向かってサバイブしていきます。

『テリトリーコア』を使うことで荒野のどこかに自分の拠点を作ることができます。

建設場所も決められている訳ではないので、戦闘から遠く離れた場所に拠点建設しても、攻撃を受けるリスクを冒してでも、希少な資源ポイントの近くに拠点建設することもできます。

フレンドと一緒に領地を建設し、生き抜くための資源を探す一方、ほかの生存者からの襲撃にも注意が必要になります。

Once Human(ワンスヒューマン) キャンプを作り上げて生存者たちを束ねる紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) キャンプ『拠点』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 敵の拠点を襲撃する紹介イメージ

広大なオープンワールドでの生活は、常にチャレンジを伴いますが、人類が失った全ての奪還を目指していきます。

小さい部屋に必要なものだけ詰め込む実用的なスタイルでも、テラスやキッチンのある広々としたタウンハウススタイル、ガレージなどを備えた機能性抜群の家でも、全て自分の思い通りに作れます。

その他にも、海の見える別荘や居心地のよい森の小屋、田舎の邸宅など、本作の舞台となるナルコット大陸では、誰もがそれぞれの方法で自由に暮らしています。

Once Human(ワンスヒューマン) 海の見える別荘風の『拠点』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 崖の上に建設した『拠点』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) ラベンダーに囲まれた『拠点』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 広々としたタウンハウス風『拠点』紹介イメージ

また、『乗り物』も用意されているので、お手軽なバイクで色々なエリアを巡ることもできます。

乗り物に拠点をくっつけてしまうオリジナリティ溢れる『乗り物×拠点』のMIXも楽しむことができます。

自分好みに領地改造をいつでもすることができるので、自由にアイデアを生み出した自分だけの空間で安全を確保してサバイバルスタイルの砦を築きましょう!

Once Human(ワンスヒューマン) 乗り物『バイク』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 乗り物をミックスさせた拠点紹介イメージ

▼『ウォーターポンプ』

汚染されているか調べることができるアイテムを使い忘れて、汚染水を飲んでしまうと正気度が低下してしまいます。

『ウォーターポンプ』を設置すれば、誤って汚染水を飲んでしまうこともありません。

さらに、『ウォーターポンプ』は、設置場所に応じて酸性水や原油を抽出できるようになっています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ウォーターポンプ』紹介イメージ

▼『電力システム』

この荒廃した世界での『電力』の供給は、生死を左右する程、拠点にとって重要です。

川で電力を生成するために『水力発電機』と『スターダスト発電機』も用意されています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『電力システム』紹介イメージ

▼『釣り』

より多くの種類の餌に加え、ゲーム内では釣りイベントが実施されています。

釣り愛好家が見逃してはならない素晴らしい『釣り』スポットも用意されているので、ぜひ挑戦してみてください。

Once Human(ワンスヒューマン) 『釣り』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) バスの釣り餌紹介イメージ

▼『農園』

終末世界では『農園』で自給自足しながら暮らすことができます。

とは言え、世界は変わってしまい、植物や種の変異してしまっています。

ただ、変異した農産物を使って料理をすると、黄金の料理が作れる可能性もあるので、挑戦してみてください。

Once Human(ワンスヒューマン) 『農園』紹介イメージ


終末世界に生きる様々な『陣営』

▼『ロゼッタ』

かつて史上最強の多国籍企業だった『ロゼッタ』は、人類を向上させるために『スターダスト』の力を執拗に求め、その結果として、未曾有の大災害が起きました。

彼らは姿を消した後、今はより優れた強力なテクノロジーと強力な兵器と共に帰ってきました。

スターフォールを引き起こした元凶でもあった世界を跨ぐ巨大企業だったロゼッタは、昔のように裏で何かを計画しています。

Once Human(ワンスヒューマン) 陣営『ロゼッタ』紹介イメージ
Once Human(ワンスヒューマン) 『スターダスト研究所』紹介イメージ

ロゼッタの熱狂的な信者は、ロゼッタの『スターダスト研究所』がなければ、人類はずっと前に絶滅していたと信じています。
しかし、反対派は、『スターダスト』はロゼッタの陰謀として始まったと主張しています。

▼『ウェッジ・オブ・ハボック』

『ロゼッタ』によって変形され、グレート・ワンズを引き寄せて大きなエネルギーを生み出します。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ウェッジ・オブ・ハボック』紹介イメージ

▼『メアリー』

『ザ・ナイン』のメンバーであるメアリーは、最も強力なビヨンダーの一人です。

『ロゼッタ』の特別対応チームのリーダーとして『メアリー』は、『ゲロウとロゼッタの支配から逃れたビヨンダの終わりのない狩りを行っています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『メアリー』紹介イメージ

▼『カゲロウ』

メイフライ・ジャン・ニンが設立した武装組織。心に正義感を宿した強き荒野のレンジャー。

『スターダスト』などの脅威を排除して人類を支援するという使命を帯びていますが、同時に『ロゼッタ』の宿敵です。

このイカレタ世界に生きる生存者たちにとって、彼らは希望と勇気のシンボルです。

運命に屈服せず、己の力で立ち向かう彼らの影響力を全土に広げています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『カゲロウ』紹介イメージ

▼『ユニオン』

世界が終わる前、『ユニオン』の前身は、オイル&ガス会社『ブラックフェル』として知られていました。

スターフォールが勃発すると、勇敢な従業員たちが力を合わせ、数々の脅威に抵抗し、絶望を耐え抜きました。

最終的には、油田を中心に新たな拠点を築き、徐々に開拓エリアを広げ、より多くのシェルターを建造しました。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ユニオン』紹介イメージ

▼『ハゲワシ』

凶悪犯、盗賊、旧世界から見捨てられた落ちこぼれなどを歓迎して仲間にしている組織。

“人類の運命なんて、どうでもいい”と思っており、むしろ、スターフォールで祝祭している。

世界の終末が近づこうとも、パーティが終わりを迎えることはありません。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ハゲワシ』紹介イメージ

▼『ゲリラ』

古い文明の名残で、彼らは残忍な戦いと厳しい試練に耐え、生き残って要塞を再建した者は僅かです。

多大な犠牲を払ったにも関わらず、彼らは今でも人類の文明を再建することは戦う価値のある目標であり、達成できると信じています。

Once Human(ワンスヒューマン) 『ゲリラ』紹介イメージ


スぺック / 動作環境

最終確認日は2024/06/13なので、プレイ前には公式サイトでご確認ください。

Windows動作環境 必須環境 推奨環境
OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i5-4460 以上 Intel Core i7-7700
メモリ 8 GB 以上 16 GB 以上
グラフィック Nvidia GTX 750ti 4G / AMD Redeon RX550 以上 Nvidia GTX 1060 6G / AMD Redeon RX 580 2304SP / Intel ARC A380
DirectX Version 11
HDD 50GB 以上
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続

Once Human(ワンスヒューマン) フッターイメージ

【PC版】Once Humanをさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) NetEase. All Rights Reserved.

*本記事はオンラインゲームPLANET編集部で制作したものです。
編集者の詳しい紹介はこちらをご覧ください。

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら