PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

刀剣乱舞無双(とうらぶ)新作

PC リリース日:2022/02/17

社会現象を巻き起こした『刀剣乱舞ONLINE』の刀剣男士達が3Dモデル化されて躍動するPC向け新作無双アクションゲーム!

「刀剣乱舞無双(とうらぶ)」は、2022/02/17に配信されたPC向け新作無双アクションゲームです。人気すぎてサーバーが満員になって新規プレイヤー登録に制限をかけたり、刀博物館がゲームプレイヤーで開館史上初の満員になったりと、社会現象にもなり、今も根強い人気を誇る「刀剣乱舞」が遂に3Dの『無双』アクションとして登場!『刀剣乱舞』シリーズ初の家庭用ゲームとなっており、開発にはコーエーのアクションゲームを手掛ける『ω-Force』と、女性向けゲームを手掛ける『ルビーパーティー』の2つのブランドがタッグを組み制作されています。『無双』シリーズ史上、最も華麗なアクションが展開されています。

注目トピックス
2022/02/17

2022/02/17より正式サービス開始

「刀剣乱舞無双(とうらぶ)」をさっそくプレイしてみる!

目次

戦国時代へ出陣する「刀剣乱舞」のPC向け3D無双アクションゲームが登場!

「刀剣乱舞無双(とうらぶ)」は、3Dで美麗に再現された刀剣乱舞の世界を『無双』シリーズならではの爽快なアクションで楽しめるPC向け新作無双アクションゲームです。

DMM GAMESとニトロプラスが贈る刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とコーエーテクモゲームスの大人気アクションゲーム『無双』シリーズがコラボしています。

「刀剣乱舞ONLINE」に登場した日本刀を擬人化した15振り全5部隊の『刀剣男士(とうけんだんし)』が3Dモデル化され、戦国時代を舞台に躍動します。

※ダウンロード通常価格:8,778円
※料金は、セール割引など価格変動があるので、購入前に公式サイトにてご確認ください
※DMM GAMES PC版プレイには、DMMゲームズアカウント、DMM GAME APP PLAYERのインストールが必要になります
※プレイプラットフォーム:PC(DMM)/Switch

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キービジュアル
刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『三日月宗近(みかづきむねちか)』3Dキャラクタースクリーンショット

『刀剣乱舞』シリーズ初の家庭用ゲームとなっており、開発にはコーエーテクモゲームスのアクションゲームを手掛ける『ω-Force』と、女性向けゲームを手掛ける『ルビーパーティー』の2つのブランドがタッグを組み制作されています。

刀剣男士たちを束ねる主、『審神者(さにわ)』を失ったまま、漂流していた十五振りの刀剣男士たちは、突如、時間遡行軍の襲撃を受けます。

その後、時の政府からもたらされたのは『強襲調査』という名の任務で、主なき彼らは、歴史改変の進む戦国乱世へ出陣していくという、戦国時代を舞台にした、本作だけの完全オリジナルストーリーが展開されます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 3Dモデル化された刀剣男士スクリーンショット

人気すぎてサーバーが満員になって新規プレイヤー登録に制限をかけたり、刀博物館がゲームプレイヤーで開館史上初の満員になったりと、社会現象にもなり、今も根強い人気を誇る「刀剣乱舞」が遂に3Dの『無双』アクションとして登場する注目作です。

『無双』ならではの爽快アクションはもちろん、メインキャラと共に共闘する『バディ』システム、『鍔迫り合い(つばぜりあい)』など、多彩な演出でバトルが楽しめます。

また『無双』シリーズ史上、最も華麗なアクションが展開されるので、激しくも美しい、刀剣男士たちの戦いを実現しています。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) スキル発動スクリーンショット
刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『千子村正』3Dキャラクタースクリーンショット

刀剣男士たちが暮らす拠点『本丸』も3Dビジュアルで表現されているので、刀剣男士を本丸の好きな場所に配置可能して動く刀剣男士を堪能することもできます。

刀剣男士同士の交流を描いた本作だけでしか楽しめないオリジナルイベントを見たり、餅つきや絵合わせ、追いかけっこが楽しめる様々な『ミニゲーム』など、バトルの合間にホっと一息つけるお楽しみ要素もあります。

戦場でも本丸でも刀剣男士たちの姿を撮影してSNSに投稿ができる『フォトモード』も搭載されているなど、癒やされるアクション、やりこみ要素抜群のコンテンツが盛りだくさんです。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 本丸で動く刀剣男士を堪能するスクリーンショット

さらに、新キャラクター『面影(おもかげ) CV:寺島 拓篤』も登場しています。

三日月宗近ら本丸の刀剣男士と関わるようになるのですが、大太刀を振るう謎の人物です。

どこか儚げな表情からは真意は読み取れません。

彼のシナリオが気になるのはもちろんですが、新規プレイアブルキャラクターとして登場する彼のアクションにもご注目ください。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『面影』のどこか儚げな表情スクリーンショット
刀剣乱舞無双(とうらぶ) 新規プレイアブルキャラクター『面影』アクションスクリーンショット

物語
西暦2205年──
歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」によって過去への攻撃が始まった。
時の政府は、それを阻止するため、「審神者さにわ」なる者を歴史の守りとした。
審神者さにわによって励起されるは付喪神「刀剣男士」。
彼らは時を遡り、歴史改変を目論む時間遡行軍じかんそこうぐんを討つべく戦いを繰り広げていた。

――とある本丸
審神者さにわと刀剣男士らは平穏に暮らしていたが、突如、
時間遡行軍じかんそこうぐんの襲撃を受ける。
刀剣男士らは激しい攻防の末、時間遡行軍じかんそこうぐんに打ち勝つも、
本丸の損傷は著しく、貴重な戦力を失う結果となった。
また、その戦いの中で、本丸の要であった審神者さにわの姿が消えた。

公式サイト物語より

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『本丸』紹介イメージ

漂流することでかろうじて審神者なき本丸を隠し続けた彼らであったが、なすすべはない。
残った十五振りで「歌」を支えとしながら、機を待ち静かに暮らしていた。

桜の咲く麗らかな春。
漂流中の本丸に、再び時間遡行軍じかんそこうぐんが忍び寄る。
そして、続いて現れたこんのすけを通じてもたらされたのは時の政府による
「強襲調査」という名の任務だった。

公式サイト物語より

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 残った十五振りと世界観紹介イメージ


『操作モード』

本作には、プレイヤーに合わせて操作できる2つの『操作モード』が搭載されています。

・アクションゲームが苦手な方でも安心な『簡単モード』
・攻撃や回避などを自分で選択する『通常モード』

『簡単モード』ではシンプルなボタン操作のみなので、誰でも手軽に華麗なアクションを楽しみましょう!

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『操作モード』スクリーンショット

▼『簡単モード』

シンプルなボタン操作で華麗なアクションが楽しめる操作モードです。

ひとつのボタンを連打するだけで、状況に応じた攻撃を繰り出したり、敵からの攻撃を回避することができます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『簡単モード』スクリーンショット

▼『通常モード』

通常攻撃、強攻撃、回避などを自分で選択して繰り出す操作モードです。

戦況を見極めつつ、自分の思うままに戦うことができます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『通常モード』スクリーンショット


戦闘システム

原作ファンにはお馴染みの『刀剣男士』たちが遂に3Dになって『無双』シリーズ史上最も華麗に舞います。

激しくも美しい、刀剣男士たちの戦いを実現しているので、時間遡行軍に打ち勝つため、剣戟や必殺技を繰り出し戦場を駆けましょう!

『無双』ならではの爽快アクションはもちろん、多彩なバトル演出が楽しめます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) バトルスクリーンショット

▼『出陣』

プレイヤーは『物語に沿って出撃している部隊から操作する刀剣男士』と『バディとなる刀剣男士』を選択してストーリーを進行させていきます。

戦国時代を舞台にした、本作だけの完全オリジナルストーリーを堪能しましょう!

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『出陣』スクリーンショット

▼『こんのすけナビ』

戦場では『こんのすけ』が目標まで先導してくれるので、目標を見失ってしまった場合は『こんのすけ』に付いていきましょう。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『こんのすけナビ』スクリーンショット
刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『こんのすけ』紹介イメージ

『こんのすけ』CV:山口 勝平
時の政府により、新たにこの本丸に配置された管狐。強襲調査に際して、出陣先での道案内も行う。

▼『戦場』

『戦場』には、それぞれ調査の成功条件と失敗条件が定められています。

状況が未解析の『戦場』も存在しているので、現地で情報を集め、作戦のカギとなる重要情報を解析する必要もあります。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『戦場』スクリーンショット

▼『必殺技』

敵を攻撃したり、敵から攻撃を受けたりすると『必殺技ゲージ』がたまっていきます。

必殺技ゲージが最大の時に『必殺技』を発動することで、強力な攻撃を繰り出すことができます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 三日月宗近『必殺技』スクリーンショット
刀剣乱舞無双(とうらぶ) 千子村正『必殺技』スクリーンショット

▼『鍔迫り合い(つばぜりあい)』

強力な敵と戦っているときに『鍔迫り合い』が発生することがあります。

攻撃ボタンを連打してゲージを押し切り『鍔迫り合い』に勝利しましょう!

『鍔迫り合い』に勝つと、敵を一方的に撃破することができます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『鍔迫り合い(つばぜりあい)』スクリーンショット

▼『再戦』

クリアした戦場は、『再戦』から何度でも好きな刀剣男士で戦うことが可能です。

刀剣男士の経験値や絆、報酬は『再戦』でも獲得することができるので、アイテムのために周回することもできます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『再戦』スクリーンショット


『バディ』システム

メインキャラ『刀剣男士』の他に、もう一振りを出陣させることができる『バディ』システムが用意されています。

多くの戦闘では、操作するメインキャラと共に、その補佐をする『バディ』の刀剣男士も戦うので、バディ連撃、双刀連携といった『協力技』を発動することが可能です。

また、戦闘を重ねて絆を深めることでバディ反撃、バディ追撃といった『サポート技』が発動するようになります。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『バディ』システムスクリーンショット

▼『双刀連携』

双刀連携ゲージが最大の時に刀剣男士二振りによる連携アクション『双刀連携』を発動することができます。

双刀連携発動中はゲージが徐々に減っていきますが、その間無敵となり、アクションも変化します。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『双刀連携』スクリーンショット

▼『双刀必殺』

双刀連携を発動後にゲージが0になるか必殺技を発動することで、刀剣男士二振りが協力して発動する強力な必殺技『双刀必殺』が発動します。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『双刀必殺』スクリーンショット


拠点『本丸』システム

3Dビジュアルで表現された『本丸』は、刀剣男士たちが暮らす拠点なのですが、本丸で動く刀剣男士を楽しむことができます。

刀剣男士たちをそれぞれ『奥の間』、『厨くりや』、『庭』、『縁側』、『娯楽室』など、好きな場所に配置することが可能です。

配置された刀剣男士は経験値を得たり、絆を深めることができます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『本丸』スクリーンショット
刀剣乱舞無双(とうらぶ) 3Dビジュアルで表現された『本丸』と『刀剣男士』スクリーンショット

『本丸』自体も刀剣男士たちと共に成長するので、得られる小判や素材が増えます。

彼らの様子を眺めたり、刀剣男士同士の交流を描いた本作だけの特別オリジナルイベントを見ることができるお楽しみ要素もあります。

刀剣男士を強化したり、万屋でお買い物したり、イベントを振り返ったりなど、様々なシステムが用意されています。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 本丸に刀剣男士を配置するスクリーンショット

▼『絆会話』

刀剣男士を共に出陣させたり、同じ場所に配置することで刀剣男士同士の絆が深まり、『絆レベル』を上げることができます。

一定のレベルで、彼らの特殊な会話を聴けるイベントが発生します。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『絆会話』スクリーンショット

▼『ミニゲーム』

本丸では、刀剣男士を配置していると時折『ミニゲーム』が発生することがあります。

『厨』では、刀剣男士二振りで協力して行う餅つきや、一振りで行うおにぎり作りが発生します。

場所に応じた内容のミニゲームを成功させると、素材や小判を入手したり、本丸を成長させましょう!

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『ミニゲーム』スクリーンショット

その他にも『物語の回想』、『音声』や『楽曲の鑑賞』など様々なシステムが搭載されています。

バトルの合間にほっと一息つける『絵合わせ』や『追いかけっこ』などが楽しめるだけではなく、本丸や戦場で刀剣男士たちの姿を撮影してSNSに投稿したり、写真として残したりすることができる『フォトモード』が収録されているので、その瞬間の刀剣男士を記録していく面白さもあります。

『フォトモード』には、スタンプやフィルターの用意もあり、自由にアレンジすることも可能です。

※Nintendo Switch版はシェア機能を利用しての投稿

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『フォトモード』スクリーンショット

▼『強化』

刀剣男士は、素材を使って能力を解放することで『強化』ができます。

十分な素材があれば、複数の能力をまとめて解放することも可能です。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 刀剣男士『強化』スクリーンショット

▼『万屋』

『万屋』では、刀剣男士を強化するための素材と装備品を小判で購入することができます。

本丸レベルが上がると、新たな装備品を購入できるようになります。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『万屋』スクリーンショット

▼『物語の回想』

『物語の回想』では、これまでの物語や好きな楽曲、刀剣男士の音声などを鑑賞できます。

また、やり込み要素である『特別任務』も確認できます。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) 『物語の回想』スクリーンショット


第一部隊キャラクター

▼『三日月宗近(みかづきむねちか)』CV:鳥海 浩輔

第一部隊 隊長。平安時代の刀工・三条宗近作の太刀。天下五剣の中で最も美しいと評される。

彼の瞳には、刀身の打除けである『三日月』の模様が映っている。

平安貴族のような優雅さはあるものの、器が大きいといえば聞こえは良いが、究極のマイペース。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『三日月宗近』紹介イメージ

本作においては、第一部隊の隊長として同部隊の刀剣男士たちを率いている。

▼『千子村正(せんごむらまさ)』CV:諏訪部 順一

初代村正(千子村正)の作で、恐ろしいほどの切れ味を持つ実戦向きの打刀。

ミステリアスな立ち居振る舞いは、長く妖刀として眼差しを向けられてきた彼の物語から来るものか。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『千子村正』紹介イメージ

何かにつけ脱ぎたがる癖があり、同じ村正の一派であり、本作においては同じ第一部隊でもある蜻蛉切の心配の種である。

▼『蜻蛉切(とんぼきり)』CV:櫻井 トオル

村正の一派である藤原正真作の槍で、天下三名槍のひとつと謳われる。

笹穂の槍身で樋に美しい梵字と三鈷剣が描かれている。

名の由来は、穂先に止まった蜻蛉が両断されたという逸話から。大きななりだが、性格は質朴で誠実。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『蜻蛉切』紹介イメージ

本作で同じ第一部隊である千子村正の唯一の理解者である。

第二部隊キャラクター

▼『歌仙兼定(かせんかねさだ)』CV:石川 界人

第二部隊 隊長。『之定』の異名を持つ、二代目兼定作の打刀。

持ち主だった細川忠興が36人の家臣を手討ちにしたことから、三十六歌仙にちなんで歌仙兼定と呼ばれる。

文化人であるものの、体格がしっかりしており、力ずくでどうにかする悪癖がある。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『歌仙兼定』紹介イメージ

本作においては、第二部隊の隊長として同部隊の刀剣男士たちを率いている。

▼『一期一振(いちごひとふり)』CV:田丸 篤志

短刀作りの名手として知られる粟田口吉光が、一生に一振りしか作らなかった太刀であることから名がついたとされる。

藤四郎兄弟たちからは一番上の兄として『いち兄(にい)』と呼ばれ慕われている。

いつも優しく穏やかな笑顔の人物だが、時折見せる表情にはどこか物悲しさがうかがえる。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『一期一振』紹介イメージ

本作においては、鯰尾藤四郎と共に第二部隊に配属されている。

▼『鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう)』CV:斉藤 壮馬

鎌倉時代に活躍した刀工・粟田口吉光作の脇差で、藤四郎兄弟のひとり。

元は小薙刀だったが脇差へと磨上げられた。

意思が強く、主が今度こそ焼かれぬよう時にいさめることもあるが、『過去は振り返らない』という前向きな性格でもある。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『鯰尾藤四郎』紹介イメージ

本作においては、一期一振と共に第二部隊に配属されている。

▼『日向正宗(ひゅうがまさむね)』CV:梶 裕貴

日本刀の代名詞とも言われる刀工・正宗作の短刀。正宗は昔から格の高い刀剣として贈物にされることが多かった。

彼の『惜しかった』は諦めの言葉ではなく、『きっと次がある』という許容と感謝である。

紀州に在ったこともあり、梅干し作りが得意。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『日向正宗』紹介イメージ

本作においては、第二部隊に配属されている。

第三部隊キャラクター

▼『へし切長谷部(へしきりはせべ)』CV:新垣 樽助

第三部隊 隊長。刀工・長谷部国重作の打刀。

名の由来は、織田信長が膳棚の下に隠れた茶坊主をその棚ごと圧し切ったことから。

主への忠誠が厚く、主の一番であることを渇望しているが、口にすることはない。 汚れ仕事も平気で行う。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『へし切長谷部』紹介イメージ

本作においては、第三部隊の隊長として同部隊の刀剣男士たちを率いている。

▼『薬研藤四郎(やげんとうしろう)』CV:山下 誠一郎

粟田口吉光作の短刀で、藤四郎兄弟のひとり。

名の由来は、石でできている薬研を切るほど『切れ味抜群だが、主人の腹は斬らない』と評判になったことから。

冷静沈着な性格であり、戦場育ちのため少々医術の心得がある。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『薬研藤四郎』紹介イメージ

本作においては、第三部隊に配属されている。

▼『巴形薙刀(ともえがたなぎなた)』CV:野島 裕史

身幅が広く切先の反りが大きい、典礼用ともされる薙刀。

銘も逸話も持たぬ、物語なき巴形の集まり。神格はより高く人としての意識は薄い。

主に対して過保護気味なところがあり、審神者さにわが映えるよう傍らに控えたり、世話をしたりする。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『巴形薙刀』紹介イメージ

本作においては、第三部隊に配属されている。

▼新キャラクター『面影(おもかげ)』CV:寺島 拓篤

大太刀を振るう謎の人物。どこか儚げな佇まいながら、冷静沈着。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『面影』紹介イメージ

三日月宗近ら本丸の刀剣男士と関わるようになるようだが……。

第四部隊キャラクター

▼『鶴丸国永(つるまるくになが)』CV:斉藤 壮馬

第四部隊 隊長。平安時代の刀工・五条国永の作で、鶴を思わせる白い衣が特徴の太刀。

性格は、優美な姿とは裏腹に軽妙で酔狂。

『心が先に死なないために人生には驚きが必要』との考えから、しばしば仲間を驚かせる姿が見られる。しかしながら戦うことを忘れたことはない。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『鶴丸国永』紹介イメージ

本作においては、第四部隊の隊長として同部隊の刀剣男士たちを率いている。

▼『燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)』CV:佐藤 拓也

備前長船派の事実上の祖といわれている刀工・光忠作の太刀。

名は、伊達政宗がこの太刀で家臣を斬った際にその勢いで燭台まで斬れたという話が由来。

伊達者で常に格好を整えておくことや、格好の良さにこだわる一面も。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『燭台切光忠』紹介イメージ

本作において同じ第四部隊である、鶴丸国永と大倶利伽羅とは旧知の仲。

▼『大倶利伽羅(おおくりから)』CV:古川 慎

相州伝の広光作といわれている打刀。必要以上のなれ合いを嫌う孤高の存在。

だが、伊達家伝来のため、本作において同じ第四部隊の燭台切光忠からは『伽羅ちゃん』、鶴丸国永には『伽羅坊』と呼ばれるなど旧知の仲。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『大倶利伽羅』紹介イメージ

不動明王の化身である倶利伽羅竜王の彫り物を持つ。

第五部隊キャラクター

▼『山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)』CV:前野 智昭

第五部隊 隊長。霊剣『山姥切』を模して造られたとされる打刀。

オリジナルでないことがコンプレックスであり、綺麗と言われることが嫌いでわざとみすぼらしい格好をしている。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『山姥切国広』紹介イメージ

本作においても、第五部隊の隊長を任命されるなど、実力は十分ではあるものの、性格は少々捻くれ気味である。

▼『山姥切長義(やまんばぎりちょうぎ)』CV:高梨 謙吾

備前長船派の刀工・長義作の打刀。長義は長船派の主流とは別系統の刀工となる。

写しであると言われている山姥切国広と共に伯仲の出来。

美しいが高慢で、より正確に言えば自分に自信があり、他に臆する事がない。

刀剣乱舞無双(とうらぶ) キャラクター『山姥切長義』紹介イメージ

本作においては、山姥切国広と同じ第五部隊に配属されている。

スぺック / 動作環境

最終確認日は2021/12/01なので、プレイ前には公式サイトでご確認ください。

動作環境 必須環境 推奨環境
OS Windows 10 (64bit)
CPU Intel Core i5-4460 以上 Intel Core i7-4770 / AMD Ryzen 5 1600
メモリー 6 GB 以上 8 GB 以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 660 / AMD Radeon R7 370 NVIDIA GeForce GTX 1060 / AMD Radeon RX 480
DirectX バージョン11 以上
HDD空き容量 25 GB 以上
備考 ゲームパッド推奨

刀剣乱舞無双(とうらぶ) フッターイメージ

「刀剣乱舞無双(とうらぶ)」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) EXNOA LLC/NITRO PLUS. (C) コーエーテクモゲームス. All rights reserved. All rights reserved.

このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム