PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

鳴潮(Wuthering Waves)リリース予定

スマホ リリース日: iOS android

複数のプラットフォーム向けの新作オープンワールドアクションRPG!高品質なアクションバトル&奥深い探索&新しい収集が体験できる!

「鳴潮(Wuthering Waves)」は、複数のプラットフォーム向けにリリース予定の新作MMORPGです。『パニグレ』を手掛けたKURO GAMEが2年もの開発期間を投じたUE4搭載のリアルタイムバトル収集オープンワールドRPGです。プレイヤーは『漂泊者』となって『共鳴者』を操作して、三人称視点の戦闘、探索、収集などを行っていきます。壁の上を垂直に駆け上がったり、手持ちのギミックで一定時間浮遊したり作り込まれたアクションが楽しめます。『デバイス』を駆使してバトルの補助となる『声骸収集』や、探索ツールを通じて様々な特殊環境とインタラクションなど、新しい探索と収集体験が叶う!

注目トピックス
2022/11/25

世界観情報公開

「鳴潮(Wuthering Waves)」公式サイトへ

目次

2年もの開発期間を投じた三人称視点の新作オープンワールドアクションRPG!

「鳴潮(Wuthering Waves)」は、収集の要素を有し、終末世界を舞台とする複数のプラットフォーム向けにリリースが予定されている新作MMORPGです。

コンソールゲームに匹敵する打撃感が特徴的なスマホアプリ「パニシング:グレイレイヴン(パニグレ)」の開発元であるKURO GAMEが手掛けるリアルタイムバトル収集オープンワールドRPGです。

開発チームの得意とするアクションやバトルデザインを活かすため、より広大で自由な没入感に溢れたオープンワールドを作り上げるための開発期間は、既に2年近くに及んでいるとのことです。

※料金形態:不明
※プレイプラットフォーム:不明
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

鳴潮(Wuthering Waves) キービジュアル

美麗だけど可愛いアニメチックなキャラクター、近未来で殺伐としていながらも美麗な世界フィールドなど、世界観はすでに作り込まれています。

プレイヤーは『漂泊者』となり、オープンワールドで冒険、戦闘、探索、収集などを行っていくのですが、いずれの行動も新鮮に感じることができるようなプレイフィールという印象です。

プレイヤーは、鳴潮子と知能を持つ有機生命体(人類)の物質部分が融合した産物の一つ『共鳴者』と呼ばれるキャラを操作してこの世界を冒険していきます。

鳴潮(Wuthering Waves) 『共鳴者』紹介イメージ
鳴潮(Wuthering Waves) 『共鳴者』と呼ばれるキャラを操作してこの世界を冒険する紹介イメージ

壁の上を垂直に駆け上がったり、手持ちのギミックで一定時間浮遊したりといった三人称視点のアクションの他に、より奥深い新しい探索と収集体験が叶う独自の世界に仕上がっています。

・『デバイス』を駆使してバトルの補助となる『声骸(ワトレリック)』の収集
・探索ツールを通じて様々な特殊環境とインタラクション

本作は、UE4採用のオープンワールドゲームなので、『オープン』と『ワールド』だけではなく、パルクールアクションをはじめ、ストーリー、より個性的なキャラ、倒し甲斐のある敵、多くの探索ステージ、『声骸収集』など、今後の展開から目が離せません。

鳴潮(Wuthering Waves) 近未来で殺伐としていながらも美麗な世界フィールドアートワーク
鳴潮(Wuthering Waves) 世界設定アートワーク


世界観や世界設定

鳴潮(Wuthering Waves) 世界観紹介イメージ

あらすじ
始まりの時、人々はあの悲鳴の兆しに気づかなかった
しかし、災いの悲鳴が押し寄せ、過去の理が消え去った

災いののち、人々が迎えたのは新たな時代の始まりか?
それとも、終わりの始まりに過ぎないのか?

公式Youtubeより

鳴潮(Wuthering Waves) PANDAデバイスを持つ紹介世界アートワーク

『後悲鳴人類記』

その追うべからず存在は、創痍たる年月を通し、人間に自分の大いなる偉力を囁いてきた

—0000番レコード・タイトルページ
—レコーディング:稷廷実験室

>>「あの日」から、星は新たな声と兆を生み、人類は新世代へ踏み出した
そして我々はここで聞き、記す
過去から未来までの万象を

鳴潮(Wuthering Waves) 世界観『後悲鳴人類記』紹介イメージ

『後悲鳴人類記:現世通鑑』—悲鳴

それは混沌として、悲しく、響き渡るエコー。
潮汐がメスで引きは裂いた、大地の傷痕。
ここで、全てが吸い出され、また作り直す。

—0001番レコード
—レコーディング:全人類

>>>>生存法則をも変えた「あの災難」の後、壊滅と新生の紀元が始まりました。

鳴潮(Wuthering Waves) 世界観『悲鳴』紹介イメージ

『後悲鳴人類記:現世通鑑』—鳴潮子

世の中遍く可能性が、かの物の調律を待っている。

—0002番レコード
—レコーディング:稷廷実験室

>>
鳴潮子。鳴潮生態を築き上げた基本粒子で、“あの日”から観測でき、ついに捕獲された。
新しい物質を構成できる上、いくつかの相互作用の伝導にも関与する。

鳴潮(Wuthering Waves) 世界観『鳴潮子』紹介イメージ

『後悲鳴人類記:現世通鑑』—サイレントエリア
シ―、起こしちゃってはいけない
白い声弦は、揺り籠の中で泣いているよ

—0003番レコード
—レコーディング:稷廷実験室

>>
#鳴潮 生態の副産物と認識され
ファントム、黒石等、新生産物の温床でもあった
一般人は踏み入るだけで名状し難い苦痛に襲われる

鳴潮(Wuthering Waves) 世界観『サイレントエリア』紹介イメージ

▼『地波気障』

一部のサイレントエリア周辺にある障壁で、通常では通り抜けることはできません。

鳴潮(Wuthering Waves) 共鳴者は通り抜けられない『地波気障』紹介イメージ

▼『鳴域システムデバイス』

共鳴者が持ち歩く瓢箪タイプの端末で、共鳴社の身分の象徴でもあります。

鳴潮(Wuthering Waves) 『鳴域システムデバイス』紹介イメージ

▼『無冠の者』

幻象の新たな進化系で、人間の行動パターンを繰り返し学習し、言葉すらも真似します。

鳴潮(Wuthering Waves) フッターイメージ

「鳴潮(Wuthering Waves)」公式サイトへ
Copyright (C) Guangzhou Kuro Technology Co., LTD. All rights reserved.

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら