PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

マフィア42新作

スマホ リリース日:2022/06/17 iOS android

市民に紛して殺害を繰り返す“マフィア”を探して処刑していく究極の心理戦が展開される新作スマホゲーム!

「マフィア42」は、Android/iOS向けに2022年7月より正式サービス開始した新作スマホゲームアプリです。『人狼ゲーム』は、人に扮した狼が夜な夜な村人を襲うので、村人同士で協力してウソついてる犯人をみんなで探す推理チャットゲームです。本作は、オリジナル要素を備え、マフィアバージョンで楽しめる“人狼ゲーム”がスマホで楽しめるようになっています。本作の舞台になった“42シティ”では、連続殺人事件が発生していたのですが、犯人は、先天的に高い知能と嘘で相手を欺く能力を使って行われてきました。犯人の“マフィア”は、一般的な市民になりすまし、夜になると市民を殺害しているので、市民同士で推理し合ってマフィアを探し出し、処刑しましょう!

注目トピックス
2022/06/20

2022/06/17より正式サービス開始

「マフィア42」をさっそくプレイしてみる!

目次

市民に紛れた殺人犯をオンラインチャット推理で追い詰める新作ゲームアプリ!

「マフィア42」は、スマホのチャットで行われる究極の心理戦が楽しめる新作スマホゲームです。

『マフィア』なシチュエーションで人狼チャットゲームとなっているので、市民になりすまして夜になると市民を殺していくマフィアを探して処刑していきます。

しかも、甲斐田裕子さん、鬼頭明里さん、梶裕貴さん、森川智之さん、小山力也さん、小西克幸さん、小清水亜美さん、安元洋貴さん、伊藤健太郎さん、伊瀬茉莉也さん、子安武人さん、釘宮理恵さん、鳥海浩輔さん、川澄綾子さん、下野紘さん、花江夏樹さんなど、錚々たるメンバーが様々なキャラクターで登場します。

※基本プレイ無料+アイテム課金制
※Google Play/App Storeでダウンロード可能
※プレイは、自己責任となるので、個人情報の取扱、利用規約、注意事項などをよくご確認ください

マフィア42 キービジュアル

『人狼ゲーム』とは
『人狼』は、ヨーロッパから始まった10人前後で行われる人気パーティーゲームです。
ある村に、人の見た目をした狼(人狼)が潜んでおり、夜な夜な村人を襲うので、村人たちは協力して『いったい誰が狼なのか?』を話し合いをしながら狼と思われる人物を探し出すというものです。
簡単に言うと、ウソついてる犯人をみんなで探すゲーム!
本作は、その“人狼ゲーム”にオリジナル要素を備え、スマホで楽しめるよう落とし込んでいます。
マフィア42 プレイスクリーンショット

マフィアストーリー
幼少期の傷によって世の中を憎悪し、42シティのすべての市民を葬り去ることが彼の目的だ。
先天的に高い知能と嘘で相手を欺く能力を使い、彼の目的を成し遂げてきた。
最近の42シティに発生する連続殺人事件は、すべて彼の仕業だ。
彼は他人の感情に共感できず、それによって自分の目的を達成するためなら、敵と味方を問わず、すべてを自分の道具として利用する。

公式サイトより

マフィア42 マフィアストーリー紹介イメージ


『マフィア』キャラクター

▼『マフィア』CV:梶 裕貴

『処刑』夜ごとにプレイヤー1人を殺すことができ、マフィア同士で会話ができる。

マフィア42 マフィアキャラクター『マフィア』紹介イメージ

『どうせいつかはくたばるんだ。違うのは、それが早いか遅いかってだけさ。』

▼『スパイ』CV:川澄 綾子

・『諜報』夜ごとにプレイヤー1人を選び、職業を確認できる。

・『接触』接触前の夜ごとにプレイヤー1人を選び、マフィアかどうかを確認できる。

マフィア42 マフィアキャラクター『スパイ』紹介イメージ

『あなたのために情報を盗みます。』

▼『獣人』CV:安元 洋貴

・『渇望』夜に選んだプレイヤーがマフィアに処刑されるか自分がマフィアに選ばれた場合、マフィアに手懐けられる。手懐けられた後は、プレイヤーを排除することができる。

・『敏捷』マフィアに攻撃されても死なない。

マフィア42 マフィアキャラクター『獣人』紹介イメージ

『血…血……血』

▼『マダム』CV:鬼頭 明里

・『誘惑』投票した相手が固有能力を夜まで使用できないようにし、マフィアだった場合は接触する。

・『接待』マフィアを誘惑すると互いの正体に気づき、夜に会話できるようになる。

マフィア42 マフィアキャラクター『マダム』紹介イメージ

『ねぇ、そこの可愛いお兄さん!よかったらうちでお茶していかない?』

▼『盗人』CV:下野 紘

・『盗癖』投票時間にプレイヤー1人を選び、その者の固有能力を夜まで使用することができる。

・『教練』マフィアの職業を盗んだ場合、マフィアに加わり、夜に会話ができるようになる。

マフィア42 マフィアキャラクター『盗人』紹介イメージ

『盗んでないよ、ちょっと借りるだけ。』

▼『魔女』CV:釘宮 理恵

『呪い』夜ごとにプレイヤー1人のニックネームを書き留め、次の日の昼までカエルに変身させる。

マフィア42 マフィアキャラクター『魔女』紹介イメージ

『キミは、あたしを楽しませてくれるの?』

▼『科学者』CV:伊瀬 茉莉也

・『再生』死亡した次の日の夜に復活する。

・『癒着』死亡するとマフィアに加わり、夜に会話ができるようになる。

マフィア42 マフィアキャラクター『科学者』紹介イメージ

『貴重なサンプルで溢れる都市……あぁ、夢みたい!』

『市民』キャラクター

▼『警察』CV:森川 智之

『捜索』夜になるとプレイヤー1人を選び、マフィアかどうかを確認できる。

マフィア42 市民キャラクター『警察』紹介イメージ

『必ず真実を突き止める。』

▼『自警団員』CV:釘宮 理恵

『粛清』夜にプレイヤー1人を選び、マフィアだった場合は処刑する。

マフィア42 市民キャラクター『自警団員』紹介イメージ

『さぁ、今こそ私達の手で始末をつけるべき時だ。』

▼『医師』CV:子安 武人

『治療』夜になるとプレイヤー1人を選び、処刑から治療する。

マフィア42 市民キャラクター『医師』紹介イメージ

『何人であろうと命の重さは同じです。』

▼『軍人』CV:小西 克幸

・『防弾』マフィアの攻撃を1回防ぎ、自分を撃ったマフィアが分かる。

・『不寝番』マフィア陣営に職業を調べられた場合、そのプレイヤーの職業が分かる。さらに、補助効果を無効化する。

マフィア42 市民キャラクター『軍人』紹介イメージ

『クソッ、面倒なのが一人、混ざり込んできたみたいだな……。』

▼『政治家』CV:森川 智之

・『処世』プレイヤー間の投票による処刑を受けない。

・『論客』投票時、2票として数えられる。

マフィア42 市民キャラクター『政治家』紹介イメージ

『3分だけ演説の時間をくれないか?誰だろうと犯罪者に仕立ててみせよう。』

▼『霊媒師』CV:鬼頭明里

・『降神』死者同士の会話を聞くことができる。

・『成仏』夜ごとに死亡したプレイヤー1人の職業を確認し、成仏(チャット不能)状態にできる。

マフィア42 市民キャラクター『霊媒師』紹介イメージ

『あなたには聞こえませんか?彷徨う魂の声が……。』

▼『ハッカー』CV:花江 夏樹

・『ハッキング』昼にプレイヤー1人を選び、夜になると職業を確認する。

・『プロキシ』昼にプレイヤー1人を選び、夜のうちに自分に対して発動する能力を転嫁する。

マフィア42 市民キャラクター『ハッカー』紹介イメージ

『ゴミデータを分析したところで、ろくな結果は出やしないぞ?』

▼『極道』CV:下野 紘

『恐喝』夜ごとにプレイヤー1人を選び、次の日の投票時に投票できなくさせる。

マフィア42 市民キャラクター『極道』紹介イメージ

『てめぇは引っ込んでな。』

▼『テロリスト』CV:伊瀬 茉莉也

・『自爆』夜ごとにプレイヤー1名を対象に選び、そのプレイヤーがマフィアであり、そのマフィアが自分を処刑したなら一緒に死亡する。

・『散華』投票により処刑される際、プレイヤー1人を選び、処刑の道連れにできる。

マフィア42 市民キャラクター『テロリスト』紹介イメージ

『肉体など、とっくに信念のために捧げている。』

▼『心理学者』CV:小清水 亜美

『観察』夜ごとに自分を除いたプレイヤー2人を選び、同じ陣営であるかを確認する。

マフィア42 市民キャラクター『心理学者』紹介イメージ

『あなたの心は偽りだらけのようね。』

▼『盗掘屋』CV:子安 武人

・『盗掘』1回目の夜に1人が死亡したなら死亡したプレイヤーの職業を獲得する。

・『略奪』盗掘に成功した場合、プレイヤーの職業を市民または悪人にする。

マフィア42 市民キャラクター『盗掘屋』紹介イメージ

『さて、掘り出し物を探すとするか。』

▼『魔術師』CV:花江 夏樹

『奇術』プレイヤー1人にトリックをかけ、自分が死亡する際にそのプレイヤーと自分を入れ替える。

マフィア42 市民キャラクター『魔術師』紹介イメージ

『魔術師が消えても魔術は続きます。』

▼『聖職者』CV:甲斐田 裕子

・『蘇生』夜に死亡したプレイヤー1人を復活させる。

・『信仰』教祖からの布教を受けない。

マフィア42 市民キャラクター『聖職者』紹介イメージ

『闇が光に勝つことなどない。』

▼『恋人』CV:(男)小山力也 / (女)川澄綾子

・『恋愛』夜になると二人きりで会話できる。

・『犠牲』双方生存している状態で夜に片方がマフィアの指定を受けて処刑された場合、もう片方が身代わりとなって死亡する。

マフィア42 市民キャラクター『恋人』紹介イメージ

『最期の瞬間まで、僕が君を守ろう。』、『最期の瞬間まで、私があなたを守る。』

▼『預言者』CV:伊藤 健太郎

『啓示』4回目の昼まで生き残った場合、自分の属する陣営が勝利する。

マフィア42 市民キャラクター『預言者』紹介イメージ

『その日は必ず訪れるぞ。』

▼『公務員』CV:甲斐田 裕子

『照会』夜ごとにプレイヤー1人を調べ、そのプレイヤーがマフィア陣営ではない特定職業を持っているのか確認できる。

マフィア42 市民キャラクター『公務員』紹介イメージ

『公共の場では秩序を守ってください!』

▼『看護師』CV:-

・『看護』医師から処方を受け取った状態で医師が死亡した場合、夜ごとにプレイヤー1人を選び、マフィアの攻撃による傷を治療することができる。

・『処方』医師の『治療』能力の対象になると接触し、お互いの存在を確認する。

マフィア42 市民キャラクター『看護師』紹介イメージ

『……。』

▼『記者』CV:小清水 亜美

・『特ダネ』1回目の夜以外の夜にプレイヤー1人を選び、次の日の朝、プレイヤー全員に調べた事実を知らせる。

・『報道規制』1回目の夜は『特ダネ』を発表できない。

マフィア42 市民キャラクター『記者』紹介イメージ

『世相が暗い時ほど、報道という名の灯火は明るく輝きます。』

▼『私立探偵』CV:小山力也

『推理』夜にプレイヤー1人を調べ、そのプレイヤーが誰に能力を使ったのか確認できる。能力使用を目撃できなかった場合、『推理』能力を再使用できなくなる。

マフィア42 市民キャラクター『私立探偵』紹介イメージ

『不可能を取り除いた後に残るもの、いかに奇妙であったとしても、それが真実です。』

▼『傭兵』CV:安元 洋貴

『依頼』ゲームが始まると、マフィアではないプレイヤー1人が依頼人として指定され、その依頼人が夜の間に死亡されると、夜ごとにプレイヤー1人を処刑することができる。

マフィア42 市民キャラクター紹介イメージ

『金で買えないものはないさ。もちろん人の心もな。』

▼『判事』CV:伊藤 健太郎

『宣告』賛否の結果が自分の選択と異なる場合に正体を現し、判事の選択により賛否が決まる。正体を現した後は、投票の結果をすべて判事が決める。

マフィア42 市民キャラクター『判事』紹介イメージ

『私の判決に逆らう者は全員死刑だ!』

『カルト』キャラクター

▼『教祖』CV:鳥海 浩輔

『布教』奇数回目の夜ごとにマフィアと聖職者以外のプレイヤーに布教でき、夜ごとに教祖陣営に発言を送ることができる。

マフィア42 カルトキャラクター『教祖』紹介イメージ

『手を取り合い、共に救済の世界へと向かいましょう。』

▼『狂信者』CV:小西 克幸

『追従』夜ごとにプレイヤーを選択して布教された状態であるかを確認し、教祖の場合は自分が布教される。教祖が死亡した場合は教祖の能力を受け継ぐ。

マフィア42 カルトキャラクター『狂信者』紹介イメージ

『俺はあの方に選ばれたんだ!』
マフィア42 フッターイメージ

「マフィア42」をさっそくプレイしてみる!
Copyright (C) TEAM42. All rights reserved.

この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら