PCゲーム
スマホゲーム

PCやスマホで楽しめるオンラインゲームを紹介!

2023年、2024年期待の新作オンラインゲーム・ブラウザゲーム20選!

2023年、2024年マジで期待の新作オンラインゲーム・ブラウザゲーム・スマホゲーム20選! MMORPG/シューティング/バトロワ/戦略ゲー等まとめて紹介!

期待の新作オンラインゲーム ベスト20!

2023年の期待の新作オンラインゲーム / ブラウザゲーム / スマホゲームを独断と偏見でベスト20をご紹介していきます。昨今ではマルチデバイスやクロスサーバで楽しめるタイトルも多くあるので、MMORPG、FPS/TPS、MOBA、アクション、RTSなど、ジャンルやデバイスは絞らずに厳選しました。中には、早期体験版やα/βテスト中のタイトルや、2021年~2023年にかけてリリース予定のタイトルも取り上げているので、是非チェックしてみてください!

目次


    No.1「ゴブスレ エンドレスハンティング」

    仲間と共に死闘を越えるゴブリン駆逐RPG「ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH)」

    リリース日:2022/12/20
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:HTML5ゲーム , ブラウザゲーム , アニメゲーム , 放置ゲーム

    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) メインイメージ

    『ゴブリンスレイヤー(CV:梅原裕一郎)』を育成し、ゴブリンやオーガなどの怪物を討伐するゴブリン殲滅RPGです。

    原作『ゴブリンスレイヤー』は、蝸牛くも氏によるWEB作品およびライトノベル作品で、シリーズ累計900万部を突破し、現在TVアニメ2期が制作中の大人気ダークファンタジー作品となっています。

    『ゴブリンスレイヤー』が楽しめるゲームは本作だけなので、カジュアルになりつつもやりこみ要素豊富な本作をプレイしてみてはいかがでしょうか!

    文庫版『ゴブリンスレイヤー』1~3巻表紙イメージ
    テレビアニメ2期『ゴブリンスレイヤー』紹介イメージ

    原作『ゴブリンスレイヤー』

    プレイヤーはまず『ゴブリンスレイヤー』となってゲームの世界に飛び込むのですが、ゲーム進行に沿って進行していくことで『女神官(CV:小倉唯)』を助けて行動を共にするようになり、さらに『妖精弓手(CV:東山奈央)』、『鉱人道士(CV:中村悠一)』、『蜥蜴僧侶(CV:杉田智和)』など、お馴染みのメインキャラクターも一党(パーティ)に加わっていきます。

    『ゴブリンスレイヤー』をメインに育成していくのですが、ゲーム開始するとすぐに『女神官』か『蜥蜴僧侶』どちらか1体を選択して仲間にできるのですが、獲得できるとバトルに加わってくれます。

    ステージを進めたり、育成を重ねたりしていくことでメンバーが開放され、パーティーメンバーがどんどん増えていくので、育成メインに楽しみたい人にはおすすめです。

    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) ゴブリンやオーガを狩る紹介イメージ
    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) 『女神官』『蜥蜴僧侶』選択スクリーンショット

    ゴブリンスレイヤーと行動を共にする冒険者たちは、他種族が住むエリアへゴブリン退治へ繰り出すことになるのですが、最下級の小鬼だけじゃなく、巨大なドラゴンや怪物など様々です。

    冒険者たちが受ける依頼は様々なので、目の前に立ちはだかる敵はすべて討伐して、焼き払っていきましょう!

    メインのキャラとなるゴブリンスレイヤーの一党(パーティ)以外にも、『剣の乙女』『受付嬢』など、アニメに登場するキャラ達が『仲間』として戦闘をサポートしてくれます。

    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) アニメに登場するキャラクター達が『仲間』として登場する紹介イメージ
    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) 『SSR仲間引換券』使用スクリーンショット

    各メインキャラには、固有スキルや武器が存在しているのですが、個性あふれる『仲間』達も、戦闘を有利にする固有スキルを所持しているので、強敵との戦いには、力相性に応じた仲間キャラを選択して、戦闘を勝利に導きましょう。

    原作やアニメでは登場しないゲーム限定のオリジナルキャラクターが登場するのですが、しっかり背景も設定されているので、新たな『ゴブスレ』で新しい仲間と出会い、新たな冒険に繰り出してください。

    戦闘力はバトルに大きく関わってくるので、対象クエストをクリアしたり、時限イベントに参加して貴重なアイテムを獲得したりしてゴブスレの一党や仲間達を強化してみてください。

    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) 『冒険者等級』紹介イメージ
    ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH) 強敵とのバトルスクリーンショット

    ▼「ゴブスレEH」公式トレイラー


    「ゴブリンスレイヤー エンドレスハンティング(ゴブスレEH)」をさっそくプレイしてみる!

    もっと詳しくゲームを見る

    Copyright (C) 蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー2製作委員会 (C) CTW, INC. All rights reserved.


    No.2「精霊幻想記アナテイ」

    TVアニメ『精霊幻想記』が初めてブラウザゲーム化した「精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ)」

    リリース日:2021/05/20
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:HTML5ゲーム , ブラウザゲーム , 放置ゲーム , アニメゲーム

    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) 好評配信中紹介イメージ

    「精霊幻想記アナザーテイル」は、シリーズ累計発行部数130万部を突破した『精霊幻想記』を原作にしたTVアニメが初めてゲーム化されているので、異世界から迷い込んだ主人公『リオ』を始めとした原作お馴染みのキャラクターたちと一緒に魔物と闘うRPGです。

    フルオートで行われる爽快なターン制バトルとなっているので、普段ゲームをしない人でも、迷うことなく安心してプレイすることができますし、定番のクリッカーゲームが好きな人にはピッタリです!

    PC・スマホ・タブレットとwebブラウザにアクセスすればデバイスに関係なくプレイできる無料ブラウザゲームなので、ダウンロードやインストールなどすることなく、すぐにゲームを開始できます。

    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) 、事前登録報酬、SSSRとURのキャラクタープレゼント紹介イメージ
    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) 城下町、冒険フィールドスクリーンショット

    オリジナルキャラクター『騎士』『戦士』『聖職者』3体の中から1つを選択して、ゲームを開始していきます。

    バトルに出撃するパーティは、最大で10名まで編成が可能となっているので、主人公である自分の『メインキャラ』、旅の途中で手に入れた『仲間キャラ』、一緒に冒険をサポートしてくれる『支援キャラ』をバランス良く育成していくことがゲーム攻略のカギとなります。

    出会いの連鎖が加速する異世界を舞台に、原作おなじみのキャラたちと可愛いバトルを繰り広げていきましょう!

    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) パーティ編成、バトルスクリーンショット
    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) オリジナルキャラクター3体『騎士』『戦士』『聖職者』スクリーンショット
    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) 報酬として獲得した仲間、ガチャで獲得した仲間スクリーンショット

    バトルコンテンツは、豊富に用意されており、やることがたくさんあって面白いのですが、可愛くて育成要素もあってお手軽に楽しめるので、毎日プレイを続けたくなってしまいます。

    『精霊幻想記』キャラたちが、ゲームでしか見られない衣装を身に纏っていたり、ゲームオリジナルキャラが多数仲間になったりと、原作ファンはもちろん、作品を知らない方でも楽しむことができます。

    キャラが可愛すぎて、むしろ、ゲームしていると原作ライトノベルやTVアニメを見たくなってしまうと思うので、ぜひ王道の異世界ファンタジーRPGをとことん楽しみましょう!

    精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ) 仲間キャラ収集、ヒロイン限定衣装紹介イメージ

    ▼「精霊幻想記アナザーテイル」公式トレイラー


    「精霊幻想記アナザーテイル(アナテイ)」をさっそくプレイしてみる!

    もっと詳しくゲームを見る

    Copyright (C) CTW, Inc. (C) 北山結莉・ホビージャパン/『精霊幻想記』製作委員会 All Rights Reserved.


    No.3「ウィクロスマルチバース」

    シリーズ15周年を突破した『クイーンズブレイド』の最新作RPG「ウィクロスマルチバース(ウィクマル)」

    リリース日:2022/06/30
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:HTML5ゲーム , ブラウザゲーム , アニメゲーム , TCG/カードゲーム

    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) メインイメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) プレイスクリーンショット

    2014年から展開されている人気TCG『WIXOSS(ウィクロス)』を題材にしているので、プレイヤーは、主人公の『アルト(CV:久遠 エリサ)』となって、新エリア『ラビリンス』をマスコット的存在の『バーストちゃん(CV:向井 莉生)』と一緒に冒険を繰り広げていきます。

    カードゲーム『WIXOSS』とは全く異なるルールのオート進行するターン制RPGとなった新たな『WIXOSS』が楽しめるので、新エリア『ラビリンス』で“てっぺん”を目指していきます。

    新エリアとなる『ウィクロスランド』は、従来のカードバトルともDIVAバトルとも異なる形式となっていますが、『バーストちゃん』は、ゲーム序盤や新システムの解放時など、ゲームガイドをしてくれます。

    バーストちゃんが手取り足取りでチュートリアルを進めてくれるので、迷うことなくゲームを進めていくことができますし、ゲームをしていない時もバーストちゃんが探索してアイテムを集めてくれ、放置収益として様々なアイテムやお金を獲得できます。

    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) 多くの『ルリグ』、『シグニ』登場紹介イメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) プレイスクリーンショット
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) バーストちゃんが探索してアイテムを集めてくれるスクリーンショット

    主人公の『アルト』+『5人の仲間』でチームを結成して、簡単お手軽なフルオートのターン制バトルをしていくのですが、ステージやほとんどのバトルに勝利できるか否かは、キャラ達の戦力にかかっています。

    バトルに参戦してくれる5体の仲間は、【前列2体】+【後列3体】に配置することができるので、最大5人キャラを選択してステージに出現する敵を倒していきましょう!

    TCGやアニメに登場する総勢60人以上のシリーズ歴代キャラクター『ルリグ』や『シグニ』がプレイアブルキャラとして登場しているので、アニメではあり得なかった夢の共演なども可能になります。

    しっかりキャラの育成を行いながら、好きな『ルリグ』や『シグニ』を自由に組み合わせ、自分だけのドリームチームを結成しましょう!

    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) オリジナルイラスト紹介イメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル)バトルスクリーンショット
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) 『チーム編成』、『仲間レベルアップ』スクリーンショット

    『ルリグ』には、[R]/[SR]/[SSR]と言ったレアランクが設定されているのですが、『SSRルリグ』は『覚醒』を行うことでイラストが【グロウ=成長】していきます!

    全部で5段階の変化を遂げるのですが、最終変化で獲得ができるイラストは本作オリジナル特別仕様なデザインとなっているので、成長させながら彼女達の変化を楽しむことができます。

    しかも、サービス開始後には、ルリグ達の『スキン』機能が実装予定となっているので、ルリグたちが、本作でしか見られない特別な衣装に身を包んで登場します。

    事前登録件数10万件を突破しているので、全員に超豪華報酬が配布中となっており、サービス・インを記念したイベントやキャンペーンも実施中です。

    2日目のログインでSSRルリグ『アト』、7日間ログインでSSRルリグ『ユヅキ』が手に入り、ゲーム1時間プレイするとSSRルリグ『ゆかゆか』手に入るなど、プレイして強力なSSRルリグを獲得していきましょう!

    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) 『スキン』機能紹介イメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) 事前登録報酬、サービス・インを記念紹介イメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) 7日間ログインボーナス紹介イメージ
    ウィクロスマルチバース(ウィクマル) フッターイメージ

    ▼「ウィクマル」公式トレイラー


    「ウィクロスマルチバース(ウィクマル)」をさっそくプレイしてみる!

    もっと詳しくゲームを見る

    Copyright (C) CTW, Inc. (C) TOMY (C) LRIG/ProjectWDA. All Rights Reserved.


    No.4「ブループロトコル」

    リアルよりも心動く光景を追求した新作MOアクションRPG「BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ」

    リリース予想日:202X年内?
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:MMORPG,アクションゲーム

    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ キービジュアル

    バンダイナムコオンライン社とバンダイナムコスタジオによる、2社共同プロジェクトとして開発中の新作タイトルで、日本から世界へ向けて感動を与える新規エンターテインメントタイトルの創造を目的とした、共同プロジェクト『PROJECT SKY BLUE』の中核を成すコンテンツとしてリリースが予定されています。

    ・劇場アニメに入り込んだような倒的なグラフィックの世界
    ・オンラインゲームの特性を活かしたマルチプレイアクション
    という2つのゲーム性を突き詰め、融合させたしたオリジナルとなるPC向け新作オンラインアクションRPGで、2019年07月にCaT(クローズドαテスト)が実施されました。

    ※本サイトのジャンルカテゴリーに[MMO]と付けられていますが、正しくは[MO]です

    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ 昼の街の全体景色スクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ 街のライトアップ前と後のスクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ 街のライトアップ前と後のスクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ キャラクターの表情が豊かなスクリーンショット

    UE4(Unreal Engine 4)で開発された高精細なグラフィックスが搭載されているので、朝・昼・夕・夜など、時間によって、街や風景の景観が変化するなど、見応え充分なファンタジー世界を楽しむことができます。

    また、リアルさを追求しているのではなく『リアルよりも心動くような美しい光景や景観』を追求しているので、思い描くままのキャラクターメイク/作成を行い、そのキャラを劇場アニメ級のグラフィックスの世界で操作できるのも本作の特徴となっています。

    もちろん、キャラクターの表情も豊かで、アップでも美しいことが分かります。

    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ ダンジョン『巨竜の爪痕』スクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ シナリオパート、モンスターバトルスクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ スキル発動バトルスクリーンショット

    星を救うため、ダンジョンに潜り、仲間と共に様々なモンスターを討伐していくMOアクションRPGなので、プレイヤーは、キャラクタークリエイトを行い、
    惑星『レグナス』という星を舞台に冒険を繰り広げていきます。

    修正/調整や、別クラスも新たに追加されるかもしれませんが、前回行われたCaTでは、プレイ可能な4種のクラスとして、従来のオンラインRPGには、ほとんど実装されているような、戦士、両手剣士、アーチャー、魔道士的なオードソックスなクラスが公開されました。

    ただ、クラス毎に所持できる武器やスキルなど、やりこみ要素高い強化・育成を行っていくことができるような印象で、バトル事態のグラフィックスも見ごたえ抜群のアクション演出を楽しむことができます。

    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ 冒険者スクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ フィールド、バトルスクリーンショット
    BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ モンスターとのバトルスクリーンショット

    ▼「BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ」公式トレイラー


    「BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)ブルプロ」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) BANDAI NAMCO Online Inc. (C) BANDAI NAMCO Studios Inc. All rights reserved.


    No.5「逆コーラップス:パン屋作戦」

    二人の主人公を操作し、敵の大部隊と戦っていくターン制のシミュレーションRPG!

    リリース日:2021/10/02
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:スマホゲーム , steam , スマホRPG , SPシミュレーション

    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) 二人が出会う紹介イメージ

    育成&戦略シミュレーションゲーム「ドールズフロントライン」から約30年後の世界を舞台にしたブラウザRPGで、PC/Switch/スマホ(Android/iOS)向けにリリースが予定されています。

    「ドルフロ」開発のスタジオであるMICAteam雲母組が制作しているのですが、なんと、開発は2013年頃から行われていました。

    同人ゲームとして扱われ、正式リリースされていませんでしたが、ゲーム画面や物語などを改善した形で、新たにリメイクされリリースされます。

    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) 『ジェフティ』スクリーンショット
    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) 夜間作戦プレイスクリーンショット

    『コーラップス(崩壊液)』の汚染が激しくなり、地上は資源枯渇の危機に落ち、世界中が戦乱を巻き起こしている近未来『第二次冷戦』を舞台にしています。

    再構築された新興勢力『南極連邦』、列強各国の『URNS(ロクサット主義合衆国連盟)』との争いが繰り広げられ、なぜか同盟の勢力からも命を狙われることになってしまうという『モンド』と『ジェフティ』の逃避行が描かれます。

    二人の主人公を操作し、できるだけ物資・資源の消費を抑え、バトルを勝利に導けるかが勝利のカギとなっているので、頭を使った難易度の高さがある戦略級バトルを楽しめます。

    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) ターンベースのプレイスクリーンショット
    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) 『ジェフティ』スキル発動スクリーンショット
    逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女) フィールドプレイスクリーンショット

    ▼「逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女)」公式トレイラー


    「逆コーラップス:パン屋作戦(パン屋少女)」を詳しく見る!

    Copyright (C) MICAteam&XD Network Inc. All Rights Reserved.


    No.6「MAD WORLD」

    二人の主人公を操作し、敵の大部隊と戦っていくターン制の新作ブラウザゲーム!

    リリース日:未定
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:MMORPG , ブラウザゲーム , アクションゲーム , スマホゲーム , HTML5ゲーム

    MAD WORLD(マッドワールド) メインイメージ

    PC・スマホでプレイ可能な新作MMORPGです。

    2013年から韓国のJANDI SOFT社が開発中のHTML5技術を使用した次世代のブラウザゲームとなっているので、PC・スマホというデバイスの区切りはなく、指定ブラウザにアクセスできるインターネット環境さえあれば、Windows、Mac、Linux、そして、iOS、Androidからプレイ可能なクロスプラットフォームが採用されています。

    MAD WORLD(マッドワールド) スキル発動スクリーンショット
    MAD WORLD(マッドワールド) キャラクター詳細

    基本的には、手書き風の2Dでダークファンタジー世界を表現しており、中毒性の高いブラウザ型のMMOアクションRPGとのこと。

    操作できるプレイアブルキャラクターを始め、レイドボスを除くモンスターや、NPCなどのデザインは3頭身という可愛さがあります。

    ・スピーディーなノンタゲ(ノンターゲティング)アクション
    ・深みのあるストーリー
    ・デバイス関係なく遊べるマルチプレイバトル

    シンプル&スピーディーでありながらカオス的でもあるとの事で非常に気になります……!

    PvE(レイドボス)の襲撃や、数百人単位で他プレイヤーと対人戦・PvPの倍増する楽しさは、ハマってしまいそうです。

    MAD WORLD(マッドワールド) プレイアブルキャラ
    MAD WORLD(マッドワールド) マルチプレイバトルのチームマッチ

    ▼「MAD WORLD(マッドワールド)」公式トレイラー


    「MAD WORLD(マッドワールド)」を詳しく見る!

    Copyright (C) MICAteam&XD Network Inc. All Rights Reserved.


    No.7「勝利の女神:NIKKE(ニケ)」

    戦闘アンドロイド『NIKKE』が終末世界で戦いを繰り広げるTPSアクション!

    リリース日:2022/11/04
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:スマホゲーム , スマホRPG , SPアクション

    NIKKE The Goddess of Victory (ニケ) キービジュアル

    キム・ヒョンテ氏率いるSHIFT UPの完全新作となるスマホゲームです。

    本作は、「デスティニーチャイルド」を開発・制作するにあたって得た知験・技能・技術などのノウハウをすべて集約したタイトルとされているのですが、キム・ヒョンテ氏の手がける新たなキャラクターや、新たな挑戦には注目しておきたいところです!

    NIKKE The Goddess of Victory (ニケ) ホーム画面、バトルスクリーンショット
    NIKKE The Goddess of Victory (ニケ) 戦闘アンドロイド『NIKKE(ニケ)』の正面と背面スクリーンショット

    正体不明の兵器によって滅亡した地球が舞台という、いわゆる終末世界、ポストアポカリプス的な世界で、人類の代わりに戦うアンドロイド生命体『NIKKE』が主人公とされており、従来のスマホアプリでは、立ち絵は、イラストで、バトルは、SDキャラというものが多くある中、本作は、バトルにおいても、美麗な等身イラストがそのまま登場しています!

    ハイクオリティのキャラクタービジュアルだけで魅力的なのですが、最大4人でリアルタイムに行われるマルチプレイバトルに対応した『勢力戦』がベースの協力プレイなど、片手でも簡単に楽しむことができるとんおこと。

    その他、戦闘アンドロイド『NIKKE(ニケ)』達の運命が描かれる物語なども展開されていきます。

    NIKKE The Goddess of Victory (ニケ) スキル発動、滑らかなキャラの動きのバトルスクリーンショット
    NIKKE The Goddess of Victory (ニケ) 世界観コンセプトアート

    ▼「勝利の女神:NIKKE(ニケ)」公式トレイラー


    「勝利の女神:NIKKE(ニケ)」を詳しく見る!

    Copyright (C) ShiftUpCorp. All Rights Reserved.


    No.8「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」

    TVアニメ『鬼滅の刃』を原作の初となるサバイバルアクションRPG!

    リリース日:未定
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:スマホゲーム , スマホRPG , SPアクション , アニメゲーム

    鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ) キービジュアル

    『鬼殺隊 VS 鬼』の生き残りを賭けた死闘がアプリでも開戦される非対称対戦型のサバイバルアクションゲームで、2020/03/16にTVアニメ『鬼滅の刃(きめつのやいば)』を原作に初となるゲーム化プロジェクトが進行中であることが発表されました。

    『鬼滅の刃』の世界観を再現したマップで、各キャラたちが持つスキルや技を武器に、プレイヤーは『鬼殺隊』と『鬼の陣営』に分かれて戦うマルチプレイが楽しめます。

    鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ) スキル発動スクリーンショット

    『鬼殺隊』と『鬼の陣営』に分かれて戦っていくので、各陣営毎にバトル目標が異なります。

    ・『鬼殺隊』は味方の隊士と協力しながら、鬼の滅殺を目指す!
    ・『鬼の陣営』は鬼殺隊の殲滅を狙う!

    原作ならではの世界観で、『鬼狩り』vs『人喰い鬼』の死闘が繰り広げられます!

    鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ) 竈門炭治郎と竈門禰豆子スクリーンショット
    鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ) 『鬼』の移動スクリーンショット

    ▼「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」公式トレイラー


    「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ)」を詳しく見る!

    Copyright (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C) Aniplex Inc. All Rights Reserved.


    No.9「Throne and Liberty」

    『リネ』のNCSOFTが10年以上かけて開発中の大作MMORPG「Throne and Liberty(スロリバ)TnL」

    リリース予想日:2023年~2024年
    料金形態:基本プレイ無料+アイテム課金制
    ジャンル:MMORPG , アクションゲーム , ハクスラ

    Throne and Liberty(スロリバ)TnL メインイメージ

    「Throne and Liberty(スロリバ)TnL」は、2011年11月韓国のG-STARでタイトル発表された「リネージュ エターナル(Lineage Eternal)LE」として開発されていたとのことなのですが、新たなIPとして『Throne and Liberty』へとタイトルを変更し、PC/家庭用ゲーム機向けに開発中です。

    「リネエターナル」は、2015年6月には既に小規模の非公開のテストが行われたり、2016年11月には韓国でCBT(クローズドβテスト)が実施されたりと、かれこれ10年程は開発しているので、かなりの年月をかけて作られているタイトルです。

    UE4というゲームエンジンを使用した次世代ゲームなので、グラフィックスやシステムはもちろん、これまで手掛けてきたことで培ってきたNCSOFTのノウハウが詰め込まれている期待の大作MMOです。

    プレイヤーは、大迫力の大人数のボス戦などで巨大なゴーレムに『変身』して城の塀を乗り越えたり、『鳥』に変身して空を飛んで移動したりすることも可能です。

    Throne and Liberty(スロリバ)TnL シームレスな世界スクリーンショット
    Throne and Liberty(スロリバ)TnL 巨大ゴーレム『変身』スクリーンショット
    Throne and Liberty(スロリバ)TnL 鳥『変身』スクリーンショット

    大規模なプレイヤーと力を合わせて巨大なエネミーと戦うなど、ハック&スラッシュ(ハクスラ)方式が採用されたアクションバトルや、斜め上から見下ろす感じのクォータービュー視点など、アクション要素が高くシームレスな世界が広がったMMORPGに仕上がっているようです。

    このシームレスに繋がった世界は非常に精細でリアルに描かれており、朝・昼・夜、晴・雨・曇など、時間や天候も変化するのですが、風向きによって射手の放つ弓の射程距離が伸びたり、逆に縮んだり、雷魔法を晴れの日に放つと単体攻撃にしかならないのに、雨の中で放てば雨によって雷攻撃が連鎖して範囲攻撃になったりと、環境的な変化がゲームプレイに影響を及ぼします。

    壮大なファンタジー世界でリアルなバトルが楽しめるので、画面を埋め尽くす敵の大群を様々な多彩なスキルでなぎ倒したり、武器や装備を入手・強化したりしながら、一筋縄ではいかないアクションMMORPGを存分に味わい尽くしてみてください。

    Throne and Liberty(スロリバ)TnL キャラメイクスクリーンショット
    Throne and Liberty(スロリバ)TnL 川のフィールドの射手スクリーンショット
    Throne and Liberty(スロリバ)TnL シームレスな世界スクリーンショット

    ▼「Throne and Liberty」公式トレイラー


    「Throne and Liberty(スロリバ)TnL」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.


    No.10「FINAL FANTASY VII EVER CRISIS」

    『FF7』のメインストーリーからスピンオフなどのコンピレーション作品までのストーリーを完全網羅した「FF7エヴァークライシス」

    リリース予想日:2023年~2024年
    料金形態:基本プレイ無料+アイテム課金制
    ジャンル:スマホゲーム , スマホRPG

    FINAL FANTASY VII EVER CRISIS(ファイナルファンタジー7 エヴァークライシス) バトルスクリーンショット

    「FF7エヴァークライシス」は、『FF7』をスマホ向けに最適化してリメイクされているのですが、オリジナルのビジュアルをベースに章立て配信されていくスマホ向け新作RPGです。

    『FF7』のメインストーリーからスピンオフなどのコンピレーション作品までのストーリーを完全網羅しており、2023年夏にクローズドβテスト(CBT)が実施予定となっています。

    オリジナルの『FF7』をプレイした事がある人だったら気づくと思いますが、フィールドやストーリーは、全て可愛くデフォルメ化されています。

    FINAL FANTASY VII EVER CRISIS(ファイナルファンタジー7 エヴァークライシス) バトル開始前紹介イメージ
    FINAL FANTASY VII EVER CRISIS(ファイナルファンタジー7 エヴァークライシス) ザックスが登場するシーン紹介イメージ

    ただ、そのままスマホに落とし込んだわけではなく、オリジナルの『FF7』を懐かしみながら、スマホ向けに設計されたバトルメニュー、UIにより、気軽に『FF7』をどこでもプレイすることができるようになっています。

    コマンドバトルは、リアルなビジュアルのキャラで楽しめるので、原作を彷彿とさせるビジュアルで楽しむことができるので、『FF7』でFFシリーズにハマった世代や、プレイしてみたかった人はぜひご注目ください。

    FINAL FANTASY VII EVER CRISIS(ファイナルファンタジー7 エヴァークライシス) リアルなビジュアルのキャラで楽しめるバトル紹介イメージ
    FINAL FANTASY VII EVER CRISIS(ファイナルファンタジー7 エヴァークライシス) クラウドのスキル『凶斬り』発動紹介イメージ

    ▼「FINAL FANTASY VII EVER CRISIS」2022年冬公式トレイラー


    「FF7エヴァークライシス」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) 1997, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Ateam Inc. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


    No.11「METAL DOGS」

    小さな身体に武器を背負った3匹が撃ちまくるワンワンアクションゲーム「メタルドッグス(METAL DOGS)」

    ステータス:2021/08/25より早期アクセス開始
    料金形態:有料ダウンロード制 ¥ 2,380
    ジャンル:FPS/TPS , アクションゲーム , ハクスラ , steam

    メタルドッグス(METAL DOGS) キービジュアル

    「メタルドッグス」は、人類滅亡後のニッポンの真・世紀末世界を舞台に、戦闘犬『ポチ』の過酷な戦いが始まるという、戦う『犬』が主人公になったワンワン・ローグライト3Dアクションゲームです。

    『メタルマックス』シリーズファンならお馴染みの登場キャラ、もとい戦闘犬『柴犬・ポチ』、『ドーベルマン・ベル』、『ブルドッグ・ボナンザ』が所狭しと駆け巡り、撃ちまくる唯一無二の“犬”ゲームとなっています。

    人類が滅びかけて荒廃した富士山麓の集落が拠点となっているのですが、2022年発のシリーズ最新作『メタルマックス ワイルドウエスト』の前日譚となるエピソードも収録されています。

    『メタルマックス』シリーズが好きな人が楽しめるのはもちろんなのですが、『犬好き』の方も楽しめると思います。

    メタルドッグス(METAL DOGS) 『装備』スクリーンショット
    メタルドッグス(METAL DOGS) 出撃『クエスト』スクリーンショット
    『メタルマックスゼノ リボーン』紹介イメージ

    『メタルマックスゼノ リボーン』

    謎の老科学者『Dr.ミンチ』の手によって蘇った主人公『ポチ』は、自分を置いて去った主人を探し、凶暴なモンスターがはびこる危険極まりないダンジョンを冒険することになります。

    入るたび変化するローグライト系のダンジョンを探索し、多種多様な兵器をゲットして愛犬を強化して、凶悪な『WANTED(賞金首)』たちをハントしていきます。

    爽快感のあるバトルをカジュアルに楽しめる見下ろし視点型・TPS視点の3Dシューティングが楽しめるのはもちろんのこと、次々と発生するバリエーション豊富なクエスト、小さな身体に兵器を背負い、健気に闘う三匹の犬たちの姿は健気で見応え抜群です。

    待望の『ビューモード』や『新コスチューム』など、新規要素も続々実装されているので、本作の中でも愛犬を愛でてみてはいかがでしょうか。

    メタルドッグス(METAL DOGS) 兵器を背負いボスと戦うスクリーンショット
    メタルドッグス(METAL DOGS) 『犬小屋』スクリーンショット

    ▼「メタルドッグス(METAL DOGS)」公式トレイラー


    「メタルドッグス(METAL DOGS)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) 24Frame Licenced by KADOKAWA GAMES. All Rights Reserved.


    No.12「イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード」

    原点に回帰&新生するシリーズ最新作「イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード」

    リリース予想日:2023年~2024年
    料金形態:未定
    ジャンル:スマホゲーム , スマホRPG , SPシミュレーション , ハクスラ , スポーツゲーム , アニメゲーム

    イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード キービジュアル

    「イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード」の物語の舞台は『イナズマイレブン』の第一作目の主人公が少年サッカー日本一を決める大会で優勝を飾った後、新たな歴史の流れが始まるパラレルワールドとして展開される超次元サッカーRPGのシリーズ最新作です。

    新主人公の『ストーリーモード』と、過去に登場したお馴染みのキャラ総登場する『クロニクルモード』が搭載されています。

    ゲーム版の新主人公は、なんと男子マネージャー『笹波 雲明(ささなみ うんめい)』は、サッカー大好きという気持ちを抱えながら、同時に、あるトラウマから、サッカーボールを蹴ることが出来ません。

    雲明編は、過去作のキャラと直接つながりのあるパラレルワールドではなく、完全なオリジナルの、舞台とキャラとして制作されているとのことです。

    サッカーをプレイすることが許されない主人公が、仲間たちと共に、ヴィクトリーロードを切り開いていく物語がかなり胸アツそうです!

    イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード パラレルワールドの物語紹介イメージ
    イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード 『雲明編』ストーリー紹介イメージ
    イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード アートワークイメージ

    過去シリーズでは、デバイスの限界があった為、できることが限られていたそうです。

    オブジェクトの質感や光の当たり方などをリアルに表現したり、カメラを360°回してあたりを見回したりと、過去シリーズよりも表現の幅が広がったことで、作品の世界をより深く表現できるようになっています。

    ブラッシュアップ中ではあるものの、進化したグラフィックはかなり高精細なので、見応えも抜群です。

    DSで出た最初の『イナズマイレブン』を遊んだことがない人も多いと考えたため、システムも、指で軌跡を描く、パート1のシステムをもう一度表現できないかを検証しつつ、内容的には、新たな気持ちで取り組める『完全新作』のつもりで開発を進めていくとし、イナズマイレブン最新作として恥ずかしくものをお届けするとのことなので、期待してリリースを待ちましょう。

    イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード 開発中の伊那国中のグラウンドでのイベントシーンイベントスクリーンショット
    イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード 『稲森 明日人』たちが編入する雷門中スクリーンショット
    イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード 新雷門サッカー部部室スクリーンショット
    「イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) LEVEL-5 Inc.. All Rights Reserved.


    No.13「ODIN: VALHALLA RISING」

    PC・スマホで遊べるマルチプラットフォームに対応した新作MMORPG「ODIN: VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング)」

    リリース予想日:202X年
    料金形態:未定
    ジャンル:MMORPG , スマホゲーム , スマホRPG , スマホMMO

    ODIN VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング) キービジュアル

    「ODIN: VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング)」は、家庭用ゲームに使用される3Dスキャンの活用、現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術が搭載されているので、“これスマホでもPCでもプレイできるの?”と思わず驚いてしまうような高精細で高品質なグラフィックスで描かれている新作MMORPGです。

    韓国では、2021/06/29にPCとiPhone向けにサービスが開始されたのですが、まだ日本でも楽しめるようになるかは不明です。

    北欧神話の世界観が家庭用ゲーム機のような美麗グラフィックスで表現されているのですが、5つの巨大大陸で構築された世界は、オープンワールドで楽しむことができ、役割の異なる4種のキャラクタークラスを使用して、爽快感と躍動感溢れた大規模戦争を繰り広げていきます。

    PC・スマホで遊べるマルチプラットフォームに対応しているので、自分の好きなデバイスでハイスペックゲーミングPCでなければ楽しめないような世界観を体験することができます。

    ODIN VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング) 世界『ミッドガルド』スクリーンショット
    ODIN VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング) 世界『ヨートゥンハイム』スクリーンショット

    ▼「ODIN : Valhalla Rising」公式トレイラー


    「ODIN: VALHALLA RISING(オーディン ヴァルハラ ライジング)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) Lionheart Studio Corp. All Rights Reserved.


    No.14「CABAL2 (カバル2)」

    2024年迄には日本でサービスが開始されそうな「CABAL2 (カバル2)」

    リリース予想日:未定
    料金形態:基本無料、アイテム課金制
    ジャンル:MMORPG,アクションゲーム,MOBA

    CABAL2 (カバル2) メインイメージ

    日本サービス提供中で10周年を迎えるMMORPG「CABAL ONLINE(カバルオンライン)」後継作!

    韓国では2012/11月にすでに正式サービスが開始され、英語圏を中心にグローバル展開されています。

    『日本でのサービスはもうないかも』と思われていましたが、2016/11/18韓国釜山で行われたG-Starにて、2017年上半期に日本でのサービス展開が予定されている事が伝えられました。(2021年になってもきていませんが……)

    CABAL2 (カバル2) キャラと世界のコンセプトアート
    CABAL2 (カバル2) バトルスクリーンショット

    「CABAL2 (カバル2)」は、前作の後継作となる2017新作オンラインゲームですが、“スタイリッシュアクション”を引継ぎながらも、グラフィックスや物語など全てにおいて一新され、2015年に韓国版に前作でも人気の高かった素早い戦闘を行える『ブレーダー(BLADER)』が追加されました。

    PvPやTvTなどの対人戦、GvGなどの大規模戦、クエスト、ダンジョン、キャラクターやペット育成・強化、といったMMORPGに必要システムは全て備わり、数も結構膨大!

    元々開発期間には5年程かかっていたこともあるので、日本ローンチでは、どのようになるのか期待の新作オンラインゲームです。

    CABAL2 (カバル2) ダンジョンバトルスクリーンショット
    CABAL2 (カバル2) クエスト受注とソロバトル
    CABAL2 (カバル2) PT(パーティー)プレイ

    ▼「CABAL2 (カバル2)」公式トレイラー


    「CABAL2 (カバル2)」をもっと詳しく見る

    COPYRIGHT (C) ESTsoft Inc. (C) Copyright PlayThisGame All Rights Reserved. Portions of this software are included under license (C) 2004-2015 Crytek GmbH.


    No.15「大航海時代Origin(オリジン)」

    思い出とロマンが、最大の魅力の『大航海時代2』をリメイクした「大航海時代Origin(オリジン)」

    リリース予想日:2023年頃?
    料金形態:不明
    ジャンル:MMORPG , steam

    大航海時代 Origin(オリジン) ビジュアルイメージ

    1990年に発売された第一作目『大航海時代』シリーズ発売から30周年記念作品となるPC・スマホ向けの新作ストラテジーMMORPGです。

    コーエーテクモゲームスとLINE Gamesが共同開発しているのですが、『大航海時代III(3)』『大航海時代IV(4)』『大航海時代V(5)』、および『大航海時代 Online』で開発を担当したコーエーテクモゲームスの竹田智一氏が、プロデューサーとして開発に携わっています。

    スマホのみではなく、Steamでの展開、そして、グローバルサービス配信も予定されているので、オープンワールドで楽しめます。

    プレイヤーは、プレイアブルキャラを選択し、それに伴う原作ストーリーやイベントが楽しめる一方、時代にそぐわない部分は軽減させるなども行われているようなので、懐かしいけど新しい『大航海時代』を楽しみましょう!

    大航海時代 Origin(オリジン) タウンスクリーンショット

    ▼「大航海時代Origin(オリジン)」公式トレイラー


    「大航海時代Origin(オリジン)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) KOEI TECMO GAMES CO., LTD. (C) LINE Games Corporation 2022. All Rights Reserved. Co-developed by Motif Co.,Ltd.


    No.16「ASCENDANT ONE」

    球体の形状が戦場マップが搭載された新作MOBA「ASCENDANT ONE(アセンダント ワン)」

    リリース予想日:2023年頃?
    料金形態:不明
    ジャンル:MMORPG , アクションゲーム , RTS , MOBA

    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) キービジュアル

    「ASCENDANT ONE(アセンダント ワン)」は、ロボや宇宙などが登場するSFテイストが楽しめる新作MOBAとなっていますが、世界設定や世界観などは、ギリシャ神話の物語にSF要素を加えて新解釈しているので、プレイヤーは、ヒーローキャラクターとなる『アセンダント』を操作して、北の『アライアンス』、南『リーグ』という2勢力に分かれ、戦闘の舞台となる球体戦場『オリンポス星』で5v5のチームバトルを繰り広げていきます。

    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) バトルスクリーンショット

    『リーグ』と『アライアンス』の二大勢力に分かれた、人類の守護者“アセンダント”の紛争が描かれた5v5のチームオンライン対戦が楽しめるので、各キャラ毎に所持しているスキルや立ち回り方が異なるヒーローキャラ“アセンダント”が登場します。

    各キャラは、ギリシャ神話に登場する名前がつけられており、スキルなども見応え抜群です!

    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 2勢力北の『アライアンス』、南『リーグ』紹介イメージ
    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 球体の戦場でのバトルスクリーンショット
    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 『ヘラ』スキル発動スクリーンショット

    従来のMOBAと異なる最大の特徴が、刻々と変化する球体の形状をした戦場マップで、プレイヤーは、球体の戦場である回転する惑星『オリンポス』から、北『アライアンス』、南『リーグ』に所属して戦闘を行っていきます。

    戦場は夜と昼に分かれ、惑星の自転によって夜と昼の地域が移動します。

    夜地域は戦場として使用することができない地域になっており、夜の地域にいる“アセンダント”は、継続的なダメージを受け死んでしまいます。

    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 刻々と変化する球体の形状をした戦場マップスクリーンショット
    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 『ペガサス』、『アテナ』、『プロメテウス』紹介イメージ
    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) 5v5のバトルイメージ

    2005年04月からサービス提供されている人気オンラインゲーム「マビノギ」などを手がけたdevCAT Studioが開発しており、2018年11月に韓国釜山で開催された“G-Star2018”のNexon Koreaブースに出展されました。

    現時点では、OBT(オープンベータテスト)を行うための完成度に加え、コンテンツも不足している為、実質的には現段階の開発程度はCBTとOBTの中間くらいなので、 2018年内のリリースを目標にしていましたが、アーリーアクセス版、多くの調整や改善点があると感じ、この修正点が解消できれば、まず韓国での正式リリースをなるべく早く行うことができるとのことなので、もし日本でリリースされるとしても早くて2023年か2024年頃と言った所でしょうか。

    ただ、コアなゲーマーの方にはササリそうなタイトルなので、日本ローンチされる事を願っています!

    ASCENDANT ONE(アセンダント ワン) “アセンダント”をアップグレード、強化モジュールを装着スクリーンショット

    ▼「ASCENDANT ONE(アセンダント ワン)」公式トレイラー


    「ASCENDANT ONE(アセンダント ワン)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) 2018 NEXON Korea Corporation., devCAT studio. All Rights Reserved.


    No.17「KurtzPel (カーツペル)」

    ACGの開発ノウハウを遺憾なく発揮したアニメ調のMO式の新作ハクスラTPS「KurtzPel (カーツペル)」

    リリース予想日:2019/05/01 Steamにてグローバル早期体験版配信中
    料金形態:不明
    ジャンル:MMORPG , アクションゲーム , FPS/TPS , ハクスラ , steam

    KurtzPel (カーツペル) クラスチェンジバトルスクリーンショット

    「KurtzPel (カーツペル)」は、アクションゲーム「ELSWORD(エルソード)」を開発した韓国KOG社から、2017/11月韓国釜山で行われた“G-Star2017”に出展された新作オンラインゲームです。

    本作は、同社がこれまで開発してきたことで培ってきたアクションゲーム開発のノウハウをフル活用し、アクション性を継承したMOタイプのアクションRPGです。

    開発には、Unreal Engine 4を使用し、2次元の手描き風アニメーション、漫画やイラスト風の作画で、レンダリングさせたトゥーンレンダリング技術を用いた、どこかのアニメからキャラが飛び出してきたようなグラフィックスでプレイできるので、こういったグラフィックスや世界観が好きな人にはおすすめです。

    KurtzPel (カーツペル) 『魔獣の洞窟(Caverns of Beast)』のバトルスクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) PvEバトル、モンスタースクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) 『NPCアフィニティシステム』スクリーンショット

    3人称視点の派手なアクションが特徴になったTPSアクションRPGです。

    『G-STAR 2018』にて、物語や世界観にも触れており、プレイヤーはチェイサーとなり、浮遊島『エルテシア』を舞台に冒険していきます。

    現在の世界情勢にも通じる物語が背景に存在し、壮大な世界が舞台になった物語は、アニメーションなどで展開されているので、没入感高く読み進めていくことができます。

    KurtzPel (カーツペル) キービジュアル
    KurtzPel (カーツペル) Steam版のシナリオパート、街のスクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) 舞台浮遊島『エルテシア』スクリーンショット

    浮遊島『エルテシア』

    8頭身~4頭身まで作成できる個性豊かなカスタマイズシステムでキャラクターを作成し、他プレイヤーとの対人戦、PvPなどのオンライン対戦アクションがプレイできるので、ゲームにログインしてゲームを始めると、簡単な心理テストが出題され、選択した回答によってキャラメイクの初期設定に変化が起きます。

    人間を含む3種族が登場し、作成ステップに添って、自身の手でいじってキャラクターをカスタマイズしていくことができます。

    KurtzPel (カーツペル) キャラクター作成前の心理テスト
    KurtzPel (カーツペル) 英語版キャラクタークリエイトスクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) 女性フェイスカスタマイズスクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) 男性体格カスタマイズスクリーンショット

    本作の特徴にもなっている、戦闘中いつでも武器を切り替えて戦うことができる、『カルマ(Karma)/武器』スイッチングシステムが採用されています。キャラクターの職業や役割という感じです。

    カルマには、2つの役割となるブレーカーとスレイヤーがあり、現時点で5種の『カルマ(武器)』が用意されているので、5種の中から2種を選択し、バトル中に武器を持ち替えて戦います。

    KurtzPel (カーツペル) クラス、武器持ち替えバトルスクリーンショット
    KurtzPel (カーツペル) 新PvPマップ『カリアン洞窟』でド派手スキル発動スクリーンショット

    これまで開発してきた中でアクションゲームの中核となるプレイフィールにこだわり、シンプルな操作法に、様々なコマンドを使用していくやりごたえある難しさに掘り下げ、同社開発のタイトルのアクション性を継承したデュエルアクションバトルゲームとされています。

    自身のプレイ操作のみではなく、敵の攻撃時に起こる予備動作など、しっかり対応していかないとボコられるので、やりごたえも抜群です!

    KurtzPel (カーツペル) 新マップ『カリアン洞窟』でのPvPスクリーンショット

    ▼「KurtzPel (カーツペル)」公式トレイラー


    「KurtzPel (カーツペル)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) 2017 KOG CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.


    No.18「ドラゴンハウンド」

    馬に乗って巨大なドラゴンを仲間と狩る新作狩猟アクションMMO「Dragonhound(ドラゴンハウンド)」

    リリース予想日:未定
    料金形態:不明
    ジャンル:MMORPG , アクションゲーム , FPS/TPS

    Dragonhound(ドラゴンハウンド) キービジュアル

    「Dragonhound(ドラゴンハウンド)」は、2018年11月に韓国釜山で開催された“G-Star2018”の、Nexon Koreaブースにプレイアブル出展されたPC向け新作アクションMMORPG

    2016年振りにベールを脱いだ本作は、これまで『Project DH』と呼ばれており2018年11月に正式名称が「Dragonhound(ドラゴンハウンド)」であることが正式発表されました。

    “G-Star2016”のNexon Koreaブースで出展した時には、新作スマホ向けアプリゲームとして発表されていましたが、開発途中に、もう少し表現の範囲を広くとることができないかと思い、『PCで行ってみよう』という結論を出し、現在は、PC版の開発を集中的に行っています。

    Dragonhound(ドラゴンハウンド) 『Project DH』時のキービジュアル
    Dragonhound(ドラゴンハウンド) フィールドスクリーンショット

    2005年04月からサービス提供されている人気オンラインゲーム「マビノギ」などを手がけた、devCAT StudioがUnreal Engine 4で開発しており、馬に乗って巨大なドラゴンと迫力あふれる戦闘を繰り広げる狩猟アクションとなっています。

    狩猟アクションと聞くと、一見するとアクションゲーム「MONSTER HUNTER: WORLD(モンハンワールド)MHW PC」みたいな感じかな?と思ってしまいますが、銃や大砲などの重火器を装備し、甲冑を装備した騎兵が、ドラゴンを蜂の巣にしてブチのめす遠距離戦闘型のハンティングアクションとなっているので、TPSシューティングゲームに近いプレイフィールです。

    Dragonhound(ドラゴンハウンド) チュートリアル[WASD]キーの説明スクリーンショット
    Dragonhound(ドラゴンハウンド) チュートリアル[マウス左クリック]の説明、[Shift]キーの説明スクリーンショット

    ゲーム内の全体的な技術レベルは、第一次世界大戦(WW1)相当とのことで、中国ゴシックやスチームパンクなどが合わさったような、ユニークな世界観が表現されています。

    プレイヤーは、戦車のような動く村を拠点にドラゴンを捕獲していきます。

    簡単な操作だけで迫力あふれる戦闘を楽しむことができる新作ハンティングアクションゲームで、操作のシンプルさというのも本作の大きな特徴になりそうです。

    小さなモンスターを狩る時には、手持ちの銃や弓などの武器を使用する一方、巨大なドラゴンを相手にする時には、大砲が備え付けられた機械アーム『鉄腕』をはじめとした、大型武器を活用するなど、迫力感あふれる戦闘を楽しむことができます。

    Dragonhound(ドラゴンハウンド) 戦車のような動く村イメージ
    Dragonhound(ドラゴンハウンド) 世界観イメージ

    本作は、Nexon Koreaブースにプレイアブル出展されたばかりでリリースされていないので、そもそも、まずは本国でしっかりと開発を終えてリリースを行われることが大前提ですが、男のロマンを感じれるアクションMMORPGなので、サービスを開始したら日本にローンチしてくれる事を期待!

    Dragonhound(ドラゴンハウンド) 拠点となる村のスクリーンショット

    ▼「Dragonhound(ドラゴンハウンド)」公式トレイラー


    「Dragonhound(ドラゴンハウンド)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) 2017 KOG CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.


    No.19「Blade&Soul テーブルアリーナ」

    NCSOFT初のVRゲームは「ブレイドアンドソウル」を使った戦略対戦型RTSの「Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ)」

    リリース予想日:未定
    料金形態:不明
    ジャンル:アクションゲーム , RTS , TCG/カードゲーム , VR

    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) キービジュアル

    「Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ)」は、2016年から開発を進められ、世界最大のゲーム開発者会議『GDC 2017』でNCSOFTから発表されました。

    本作は、NCSOFT社が手がける初のVRゲームという事で注目を集めている新作VRゲーム

    PC向け人気MMORPG「ブレイドアンドソウル(Blade and Soul)」のキャラが登場し、トレーディングカードゲーム(TCG)とRTS(リアルタイムストラテジー)が融合された戦略対戦型RTSとなっています。

    ※Rift専用のコントローラ“Touch”対応

    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) メインイメージ
    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) バトル画面突入、フィールドアリーナ出現スクリーンショット
    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) バトルスクリーンショット

    PC版「ブレイドアンドソウル」のリアルで綺麗な魅力的なキャラ達が、ミニマムにSD(スーパーデフォルメ)化された可愛いフィギュアのようなグラフィックスで登場します。

    プレイヤーは、ユニットキャラをデッキに構成した後、フィールドとなる“アリーナ”で戦う戦略RTSで、可愛いユニットキャラがフィギュアのように並べられた“ラボ”と呼ばれるルーム内で、訓練やアップグレードを通じてユニット強化・育成したり、バトルフィールドとなる“アリーナ”に召喚するユニットキャラを複数選択したりすることができます。

    カードの代わりにフィギュアが登場しているようなイメージで、ユニット毎に能力値、スキル、効果と言った特性が異なり、キャラの特性を考えてチーム編成し、アリーナに移ったらユニットを召喚して、対戦相手とリアルタイムバトルを繰り広げていくオーソドックスなタイプです。

    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) デッキ編成スクリーンショット

    TCGとRTSが融合されたようなゲーム性になっているので、ユニット毎に能力値、スキル、効果と、特性が異なるキャラの特性を考えてチーム編成し、アリーナに移ったらユニットを召喚して対戦相手と、
    ・他プレイヤーと行う1対1で行う『PvPモード』
    ・ソロで楽しむ『シングルプレイモード』
    などのリアルタイムバトルを繰り広げていきます。

    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) ユニット毎に変化するスキル発動スクリーンショット
    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) フィールドに降り立ったユニットスクリーンショット

    バトル自体は、一般的な戦略バトルではあるものの、おもちゃのような「ブレイドアンドソウル」の世界観は非常に魅力的です!

    1バトル辺り約3~5分となっているのでサクッとプレイできそうです。

    まずは、英語版でサービスが開始されるとのことなので、日本語版はまだ先になりそうですが、日本語でのプレイもできるようになれば、「ブレイドアンドソウル」シリーズファンには興味深いタイトルになると思います。

    Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ) ラボに並べられたフィギュア調のキャライメージ
    「Blade&Soul Table Arena (ブレイドアンドソウルテーブルアリーナ)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) NCSOFT Corporation. All Rights Reserved.

    No.20「シャドウアリーナ」

    対戦型バトロワ新作MMOアクションゲーム「シャドウアリーナ(Shadow Arena)」

    リリース予想日:2023年~2024年?
    料金形態:早期体験版はプレイ無料
    ジャンル:MMORPG , アクションゲーム

    シャドウアリーナ(Shadow Arena) キービジュアル

    「シャドウアリーナ(Shadow Arena)」は、オンラインゲーム「黒い砂漠」のゲーム内コンテンツとして開発・実装され2019/04/10をもって終了した『影の戦場』が原型となっているPC向け新作バトロワゲームです。

    2020/05/22からSteamで早期アクセス版のサービスが開始しました。

    「黒い砂漠」の世界観を引き継ぎ、システム自体も踏襲されているので、「黒い砂漠」プレイヤーであれば問題なくプレイできるとのことです。

    シャドウアリーナ(Shadow Arena) ソロモードスクリーンショット

    バトロワ系だと銃器などを使用した遠距離主体のミリタリー系のタイトルが多い中、本作は、近距離戦闘がメインになったファンタジー系のバトロワゲームなっています。

    これまでのバトロワゲームの基本システムとなっている『アイテム収集』『最後の一人が残る』に、『反撃技』『数の戦い』などのアクションと戦略を加え、戦闘アクションに基づいた新たなゲームとして楽しめます!

    シャドウアリーナ(Shadow Arena) アクション性の高いバトルスクリーンショット

    最大50人のプレイヤーが最後の1人を目指して戦うバトルロイヤルとアクションRPGが融合しており、自分の好みに合わせたモードや、マッチシステムなどが楽しめます。

    2人のプレイヤーが英雄を組み合わせて戦術的に対戦する『チームモード』や、特定の人とプレイできる『プライベートモード』など、ゲームモードも豊富に用意されています。

    シャドウアリーナ(Shadow Arena) 「黒い砂漠」の世界観を引き継いだスクリーンショット

    ▼「シャドウアリーナ(Shadow Arena)」公式トレイラー


    「シャドウアリーナ(Shadow Arena)」をもっと詳しく見る

    Copyright (C) Pearl Abyss Corp. ALL RIGHTS RESERVED.

    この記事に関連性の高いゲームやアプリはこちら

    目次